Patricia Briggs

パトリシア・ブリッグズ
     1965年 米国モンタナ州で生まれる。ロッキー山脈の麓の小さな町で育つ。
     幼い頃から馬で野山を駆け回っていた。

     少女時代 姉の本棚に並んでいたアンドレ・ノートンから読書の楽しさを知り、小学校を卒業する頃には近所の
     図書館にあるファンタジイは全て二度読み返した。
     空想に耽り、友人相手にさまざまな物語を語って聞かせたという。

     モンタナ州立大学で歴史学とドイツ語の学位を取得。
     大学卒業後は非常勤講師として生活する。
     結婚してシカゴに移り住む。
     慣れないシカゴでの生活から逃れるように、創作に没頭して『Masques』を書き上げる。

     1993年(28歳) <Sianim>シリーズの第一巻『Masques』を出版して作家デビューする。

     1995年(30歳) <Sianim>シリーズの第二巻『Steal the Dragon』を出版する。

     1998年(33歳) <Sianim>シリーズの第三巻『When Demons Walk』を出版する。

     2001年(36歳) 『The Hob's Bargain』を出版する。

     2002年(37歳) 長編第五作の『ドラゴンと愚者』(Dragon Bones)を出版する。
     献辞「コリン、アマンダ、そしてジョーダンに捧ぐ。いつもドラゴンの夢を見られますように。」

     2003年(38歳) 『ドラゴンと愚者』の続編で長編第六作の『Dragon Blood』を出版する。

     2006年(41歳) 吸血鬼をテーマにしたアーバン・ホラー<マーシィ・トンプソン>シリーズの第一巻『裏切りの月に抱かれて』(Moon Called)
     を出版し、一躍ベストセラー作家の仲間入りを果たす。

     2007年(42歳) <マーシィ・トンプソン>シリーズの第二巻『Blood Bound』を出版する。

     2008年(43歳) <マーシィ・トンプソン>シリーズの第三巻『Iron Kissed』を出版する。

     2009年(44歳) <マーシィ・トンプソン>シリーズの第四巻『Bone Crossed』を出版する。

     2010年(45歳) <マーシィ・トンプソン>シリーズの第五巻『Silver Borne』を出版する。
     <Sianim>シリーズの第四巻『Wolfsbane』を出版する。

     2011年(46歳) <マーシィ・トンプソン>シリーズの第六巻『River Marked』を出版する。

     2013年(48歳) <マーシィ・トンプソン>シリーズの第七巻『Frost Burned』を出版する。

     2014年(49歳) <マーシィ・トンプソン>シリーズの第八巻『Night Broken』を出版する。

     2016年(51歳) <マーシィ・トンプソン>シリーズの第九巻『Fire Touched』を出版する。

     西洋史に関する知識にもとづく精緻な舞台設定と、平易な文体と会話を意図的に多用したファンタジイを精力的に書き続け、
     幅広い読者を獲得している。

     参考図書:『ドラゴンと愚者』月岡小穂 訳 早川書房
邦訳作品リスト

<ドラゴンと愚者>シリーズThe Hurog Duology 2巻
『ドラゴンと愚者』第一巻。月岡小穂 訳 三好載克 カバーイラスト 早川書房 ハヤカワ文庫 2007年7月 かつてドラゴンに守られ、魔法によって豊かに栄えたヒューログ。だが今やこの地は呪われ、貧しく落ちぶれた。ヒューログ城主の息子ワードウィックは、父の虐待を逃れるため、幼い頃から愚鈍を装ってきた。だが、城の地下で偶然ドラゴンの骨を見つけ、謎の少年オレグと出会ったのをきっかけに、ワードウィックは愚者の仮面を脱ぎ故郷を守る旅に出た……。周辺各国の陰謀に追われつつ、ワードと仲間たちの冒険の幕が上がる!(裏表紙より)

<マーシィ・トンプソン>シリーズMercy Thompson 9巻
『裏切りの月に抱かれて』第一巻。原島文世 訳 早川書房 ハヤカワ文庫 2008年4月

HOME