海猿ウミザル
2004年6月12日東宝系公開 日本映画 監督:羽住英一郎②③④ 脚本:福田靖②③④ 原作:佐藤秀峰(小学館ヤングサンデーコミックス) 原案・取材:小森陽一③ 『海猿』佐藤秀峰・小森陽一 小学館文庫 2006年4月 製作:亀山千広、阿部秀司③、武政克彦、島谷能成③④ プロデューサー:臼井裕詞③④、安藤親広③④ 撮影:佐光郎③④ 水中撮影:佐野哲郎 美術:相馬直樹 音楽:佐藤直紀②③④ VFXスーパーバイザー:石井教雄③④ ダイビングコーディネーター:金城正則③ レギュラー出演:伊藤英明(仙崎大輔)、加藤あい(伊沢環菜) 出演:海東健(三島優二④)、香里奈(松原エリカ④)、伊藤淳史(工藤始)、 村田充(川口淳)、深水元基(土屋誠)、田中聡元(野村栄司)、杏子(中迫夏子)、 國村隼(五十嵐正樹)、田中哲司(板東茂)、藤竜也(源太郎) ■主題歌■ JOURNEY「Open Arms」 ■コピー■ カッコつけてちゃ、命は救えない。 ■ストーリー■ 海上保安大学校で、人命救助のエキスパート≪潜水士≫になるための研修を 受ける仙崎大輔。大輔は、主任教官・源に工藤とバディを組むように命じられる。ダイビングのマスターライセンスを持つ大輔と違い、工藤は常に足をひっぱる存在 だったが、二人は教官から出される数々の厳しい訓練を着実にこなしていった。ある日、大輔はファッション雑誌の編集者・環菜と知り合い、二人は急速に近付いていく。 環菜には、明確な自分の意思で人生の目的に一歩一歩前進している大輔が、魅力的に思えたのだ。しかし、ある日工藤が不慮の事故で命を落としてしまう。それ以来、 ショックのあまり大輔は、潜ることが出来なくなってしまう。人命救助の理想と現実に直面する大輔に、源は「最前線に楽しい事なんかない」と冷酷に告げる。そして、 自分を見失ってしまった大輔の中に居場所を感じられなくなってしまった環菜も大輔のもとを去って行く。最終訓練の日、源は訓練過程で大輔とトップ争いを続けて いたライバルであるエリート海上保安官・三島を、新たな大輔のバディに指名する。そして…海底で、彼等を待つ予想外の危機!<生か死か>――大輔は、究極の 選択を迫られる!! ■備考■ すべての海上保安官の中で、わずか1%の人間しか到達できない人命救助のエキスパート≪潜水士≫。 若き海上保安官14匹の<海猿>が、50日に及ぶ壮絶な訓練の中で育んでいく信頼と友情、そして愛を描く。(チラシより)

海猿 UMIZARU EVOLUTION
2005年7月5日〜9月13日 全11話 TVドラマ・シリーズ フジテレビ系列 演出:羽住英一郎、小林義則 出演:仲村トオル(池澤真樹)、芳本美代子(池澤尚子)、佐藤隆太(吉岡哲也③④)、 三宅弘城(別所健次郎)、坂本真(永島康太)、坂本あきら(岩松大悟)、飯田基祐(三池健児)、 平山祐介(山路拓海)、時任三郎(下川ー③④)、奥貫薫(大野里江子)、一木有海(大野唯)、 夏八木勲(勝田孝太郎船長)、益岡徹(津田晋平)、布施博(矢吹真一)、伊武雅刀(肥後大作)、 佐藤仁美(光森千佳)、臼田あさ美(星野怜)、鈴木一真(冬柴康介)、朝加真由美(伊沢歌子)

LIMIT OF LOVE 海猿
2006年5月6日公開 日本映画 『LIMIT OF LOVE 海猿』百瀬しのぶ・佐藤秀峰・福田靖・小森陽一 小学館 2006年4月 映画のノベライズ。 製作総指揮:亀山千広④ 製作:尾越浩文、亀井修④ 撮影:さのてつろう、村埜茂樹 美術:清水剛④ 出演:大塚寧々(本間恵)、吹越満(海老原真一)、浅見れいな(乙部志保里)、 美木良介(桂木貞之)、石黒賢(北尾勇④)、平山祐介(山路拓海) ■主題歌■ 伊藤由奈「Precious」 ■コピー■ ついに最終章――。愛でしか、救えない。 ■ストーリー■ 潜水士となって早2年。海上保安官である仙崎大輔は、鹿児島・第十管区に異動となり、機動救難隊員 として海難救助の最前線で働いていた。恋人・伊沢環菜とは将来を意識しながら、遠距離恋愛を続行中。さまざまな 経験を経て、ひと回り大きくなった大輔だったが、成長したことで知る重みや苦しみもある。それが原因で環菜との 仲もギクシャクし、心は複雑に揺れていた。そんななか、鹿児島沖3キロで大型フェリー・くろーばー号の座礁事故が 発生。バディの吉岡哲也たちと現場に駆けつけた大輔は、そこで驚愕の光景を目撃する。凄まじい早さで浸水を始め、 傾いていく船体。9階建ビルに匹敵する船内には195台もの車両が積載されていて、引火すれば大爆発の危険が。しかも 非常用システムはすべて破損している。そして、パニックを起こして逃げ惑う620名もの乗客。そこには、偶然にも船に 乗り合わせていた環菜の姿が!4時間後、船は沈没する。最後の最後まであきらめずに立ち向かう大輔だったが、かつて ない極限状態の前に限界があった。大輔の勇気と力と愛、皆の信じる思いも飲み込んで沈みゆく船。そして、大輔の声、 彼の名を呼ぶ環菜や仲間の声は、爆発音にかき消される…。 ■備考■ 業界初の試みとして映画からドラマへと広がった海洋エンタテイメント『海猿』が、再びスクリーンという海に戻ってくる。 映画第一作は興行収入17億4千万円の大ヒット。続くドラマはドラマ満足度調査(オリコン7月期調査)で第1位を獲得。(チラシより)

THE LAST MESSAGE 海猿
2010年9月18日公開 日本映画 『THE LAST MESSAGE 海猿』百瀬しのぶ 小学館 2010年7月 映画のノベライズ。 製作:加太孝明、水口昌彦、小笠原明男 ダイビングコーディネーター:金城将憲 出演:加藤雅也(桜木浩一郎)、吹石一恵(西沢夏)、三浦翔平(服部拓也)、 濱田岳(木嶋久米夫)、勝村政信(遠藤翔太)、鶴見辰吾(吉森久貴)、 ■主題歌■ EXILE「もっと 強く」 ■コピー■ 愛する人に 何を残すのか――。 ■ストーリー■ 2010年10月、福岡沖は極限の緊張状態に包まれていた。大型台風が接近している中、巨大天然ガス プラント施設『レガリア』で事故が発生し、火災が起こっていたのだ。『レガリア』は日韓共同の施設で、ロシア からも技術提供を受け、1500億円もの予算がつぎ込まれた国家規模の重要プロジェクト。仙崎大輔はバディの吉岡、 そして『レガリア』設計主任である桜木と共に同施設へ向かっていた。要救助者の救出が行われる中、突然思いもよらない爆発が『レガリア』を襲う。これによって、 大輔、桜木、医師の西沢と作業員の木嶋が『レガリア』内に残され、逃げ場を失ってしまう。その窮地を、第七管区機動救難隊の服部が救った。しかし、すでにヘリも 船も同施設に近づけず、安全な場所は無くなっていた。そんな時、自分を落ち着かせ、奮い立たせるべく大輔が見つめるのは、妻となった環菜と、生後10カ月の長男・ 大洋の写真だった。大輔は知り合ったばかりの服部とバディを組み、全員で無事帰還する道を探るのだが・・・・・・。(チラシより)

レイダース/失われたアーク<聖櫃>(Raiders of the Lost Ark)
1981年 アメリカ映画 監督:スティーブン・スピルバーグ②③④ 原案:ジョージ・ルーカス②③④、フィリップ・カウフマン 脚本:ローレンス・カスダン 製作:フランク・マーシャル 製作総指揮:ジョージ・ルーカス②③④、ハワード・カザンジャン 製作補:ロバート・ワッツ 撮影:ダグラス・スローカム②③ 編集:マイケル・カーン②③④ 美術:ノーマン・レイノルズ 衣装:デボラ・ナドゥールマン 音楽:ジョン・ウィリアムズ②③④ 出演:ハリソン・フォード②③④(インディアナ・ジョーンズ)、カレン・アレン(マリオン)、ポール・フリーマン(ベロック)、 ロナルド・レイシー(トート)、ジョン・リス=デイビス(サラー)、デンホルム・エリオット(ブロディ)、アルフレッド・モリナ (サティポ)、ウォルフ・カーラー(ディートリッヒ)、アンソニー・ヒギンズ(ゴブラー)、ビック・タブリアン(バーランカ)、 ドン・フェローズ(マスグラブ)ウィリアム・フートキンズ(イートン) ■受賞■ 第54回アカデミー賞(美術監督・装置賞、視覚効果賞、編集賞、音響賞)、サターン賞(主演男優賞、主演女優賞、監督賞、 音楽賞、特殊視覚効果賞、脚本賞)、英国アカデミー賞(美術賞)ほか。 ■ストーリー■ 1936年を背景に、考古学者にして無類の冒険家のインディ・ジョーンズ博士がナチス・ドイツと対決。旧約聖書に 登場するアークの行方を追い、ペルー、ネパール、カイロを駆け巡った。 ■備考■ スピルバーグとルーカスが1977年のハワイで誓った初の共同企画として実現し次々と興行記録を塗替えた。全世界で熱狂的 に支持された後、続編が作られた。若き日の“インディ”を描いたTVシリーズ化や、テーマパークにアトラクションが誕生。 (「クリスタル・スカルの王国」のチラシより) ★関連本★ 『インディ・ジョーンズ―レイダース 失われた≪聖櫃≫』キャンベル・ブラック 著 秦新二 訳 早川書房 ハヤカワ文庫 2008年4月(1982年刊の新装版)

インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説(Indiana Jones and the Temple of Doom)
1984年 アメリカ映画 脚本:ウィラード・ハイク、グロリア・カッツ 製作:ロバート・ワッツ③ 製作総指揮:フランク・マーシャル③ 製作補:キャスリーン・ケネディ 美術:エリオット・スコット③ 衣装:アンソニー・パウエル③ 出演:ケート・キャプショー(ウィリー・スコット)、キー・ホイ・クァン(ショート・ラウンド)、アムリッシュ・プリ (モラ・ラム)、ロシャン・セス(チャター・ラル)、フィリップ・ストーン(キャプテン・ブランバート)、 ロイ・チャオ(ラオ・チェ)、デヴィッド・ヴィップ(ウー・ハン)、リック・ヤング(カオ・カン)、チュア・カー・ジョー (チェン)、フィリップ・タン(チーフ・ハンクマン)、ダン・エイクロイド(ウェバー) ■受賞■ 第57回アカデミー賞(視覚効果賞)、英国アカデミー賞(特殊視覚効果賞)、ヤング・アーティスト賞。 ■コピー■ スティーブン・スピルバーグの冒険ロマンが世界を駈ける! この夏=キミは冒険者(アドベンチャー・ヒーロー)! S・スピルバーグ G・ルーカスのゴールデン・コンビが≪レイダース〜≫に続いて放つアドベンチャー・ロマン最新作! ■ストーリー■ 1935年を舞台に、聖なる石をめぐり新たな仲間と上海、インドでの冒険を繰り広げる。 魔神カリを信仰する不気味な密教集団が3つの<サンカラ・ストーン>を手に入れた。あと2つ揃えば、世界は彼らの思うがままだ。この危機を救えるのは、我らがヒーロー、 インディ・ジョーンズだけ! 息詰まるカー・チェイス、猛スピードで墜落する飛行機から決死の脱出、そしてインドの密林にそびえ立つ魔の宮殿で、インディを待ちかまえる 最大の危機!(チラシより) ★関連本★ 『インディ・ジョーンズ―魔宮の伝説』ジェイムズ・カーン 著 山田順子 訳 早川書房 ハヤカワ文庫 2008年4月(1984年刊の新装版)

インディ・ジョーンズ/最後の聖戦(Indiana Jones and the Last Crusade)
1989年 アメリカ映画 原案:メンノ・メイエス 脚本:ジェフリー・ボーム 製作:ロバート・ワッツ 製作総指揮:ジョージ・ルーカス、フランク・マーシャル 美術:エリオット・スコット 衣装:ジョアンナ・ジョンストン 出演:ショーン・コネリー(ヘンリー・ジョーンズ教授)、デンホルム・エリオット(マーカス・ブロディ)、 アリソン・ドゥーディ(エルザ・シュナイダー)、ジョン・リス・デービス(サラー)、ジュリアン・グローバー (ウォルター・ドノバン)、リバー・フェニックス(インディの少年時代)、マイケル・バーン(ボーゲル大佐) ■受賞■ 第62回アカデミー賞(音響効果編集賞)、BMI映画&TV賞。 ■コピー■ いま、父と息子のアドベンチャーがスピルバーグの世界に燃える! ■ストーリー■ 1938年が舞台。再びナチス・ドイツを相手に、ベニス、ベルリン、トルコを駆け巡り、誘拐された 父を救出し、旧友と共にキリストの聖杯を探し求める冒険を繰り広げた。(チラシより) ★関連本★ 『インディ・ジョーンズ―最後の聖戦』ロブ・マグレガー 著 大森望 訳 ハヤカワ文庫 2008年4月(1989年刊の新装版)

インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国(Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull)
2008年 アメリカ映画 第四作 原案:ジェフ・ネイサンソン 脚本:デヴィッド・コープ 製作:フランク・マーシャル  製作総指揮:キャスリーン・ケネディ 撮影:ヤヌス・カミンスキー 美術:ガイ・ヘンドリクス・ディアス 衣装:バーニー・ポラック、メアリー・ゾフレス 出演:ケイト・ブランシェット(イリーナ・スパルコ)、カレン・アレン(マリオン・レイヴンウッド)、 シャイア・ラブーフ(マット・ウィリアムズ)、レイ・ウインストン(マック)、ジョン・ハート(オックス)、 ジム・ブロードベント(ディーン・チャールズ・スタンフォース) ■ストーリー■ 1950年代が舞台。ロシア軍を相手に、超常現象的な古代の遺物を探し求める冒険の旅に出る。(チラシより) ★関連本★ 『インディ・ジョーンズ―クリスタル・スカルの王国』ジェイムズ・ローリンズ 著 ハヤカワ文庫 2008年5月 『メイキング・オブ・インディ・ジョーンズ―全映画の知られざる舞台裏』ジョナサン・W・リンズラー&ローレン・ボザロー 著  小学館プロダクション 2008年5月 <インディ・ジョーンズ>全10巻 スピンオフ小説。ロブ・マグレガー&マーティン・カイディン&マックス・マッコイ 著 竹書房文庫 <ヤング・インディ・ジョーンズ>全14巻 TVシリーズ「インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険」(1992年)のノベライズ。文春文庫 <ヤング・インディ・ジョーンズ>全8巻 ジュニアノベル。ウィリアム・マッケイ&レス・マーティン& 作 偕成社・講談社 <新ヤング・インディ・ジョーンズ1>全6巻 ジュニアノベル。レス・マーティン&ミーガン & H.ウィリアム・スタイン&ウィリアム・マッケイ&J.N.フォックス 作 偕成社

ウェディング・シンガー(The Wedding Singer)
1998年 アメリカ映画 1時間37分 監督:フランク・コラチ 脚本・音楽・出演:ティム・ハーリヒ(バーテンダーのルディ) 製作:ロバート・シモンズ、ジャック・ジャラプート  製作総指揮:ブラッド・グレイ、サンディー・ヴェルニック  撮影:ティム・サーステッド 編集:トム・ルイス 美術:ペリー・アンデリン・ブレイク  衣装:モナ・メイ 音楽:テディー・キャステルッチ 出演・音楽:アダム・サンドラー(ロビー・ハート) 出演:ドリュー・バリモア(ジュリア・サリバン)、アレン・コバート(サミー)、アレクシス・アークウェット (ジョージ)、アンジェラ・フェザーストーン(リンダ)、ジョディ・シーレン(ロビーの姉)、フランク・シベロ (ロビーの義兄)、クリスティーナ・ピクルス(ジュリアの母)、エレン・アルバーティニ・ダウ(ロージー)、 クリスティン・テイラー(ジュリアの従姉ホリー)、マシュー・グレイブ(グレン・グリア)、ロバート・スミゲル (アンドレ)、アンジェラ・ペイトン(フェイ)、ジョン・ロビッツ(ジミー・ムーア)、ビリー・アイドル(本人)、 スティーブ・ブシェーミ(新郎の兄) ■歌■ アダム・サンドラー「ユー・スピン・ミー・ラウンド」(デッド・オア・アライヴの「You Spin Me Round」) アレクシス・アークウェット「君は完璧さ」(カルチャー・クラブの「Do You Really Want to Hurt Me」)  ビリー・アイドル「ホワイト・ウェディング」(ビリー・アイドルの「White Wedding」) アダム・サンドラー「ホリディ」(マドンナの「Holiday」) アダム・サンドラー「愛は最低!」(J.ガイルズ・バンドの「Love Stinks」) アダム・サンドラー「バルミツバーの歌」(Barmitzva Song) アダム・サンドラー「変わらぬ愛」(Love That Lasts Forever) ジョン・ロビッツ「Ladies Night」 アダム・サンドラー「誰か僕を殺してくれ」(Somebody Kill Me) エレン・ダウ「あなたに会うまでは」(Til There Was You) エレン・ダウ「ラッパーズ・デライト」(シュガーヒル・ギャングの「Rapper's Delight」) アダム・サンドラー「君と一緒に年老いていきたい」(Grow Old With You) スティーブ・ブシェーミ「本物」(スパンダー・バレエの「True」) ■受賞■ BMI映画音楽賞、ブロックバスター・エンターテイメント賞(アダム・サンドラー)、MTVムービー・アワード(ベスト・キス賞)。 ■備考■ 全世界での興行成績は約150億円を突破した。1998年度全米サウンドトラック年間売上ベスト3に入り、全米でトータル400万枚以上という驚異のセールスを記録した。 ■コピー■ 君を笑顔にかえる世界で一番幸せな仕事 アメリカで公開した時、大好きな人と観ると幸せになれるという<噂>があったことをご存じですか? ■ストーリー■ 1985年、アメリカ郊外の町リッジフィールドでロビーは、結婚式をゴキゲンな歌と司会で盛り上げる“ウェディング・シンガー”として働いていた。 しかし自分の結婚式の当日に花嫁リンダに逃げられてしまう。 結婚式場で働く新人ウェイトレス、ジュリアは最高の結婚式を夢見ているが、自分達の式のアレンジに非協力的なフィアンセにちょっとイライラ。ホントに彼が“運命の人” かどうか心が揺れて…。(チラシより)

グース(Fly Away Home)
1996年 アメリカ映画 監督:キャロル・バラード 原案:ビル・リッシュマン 脚本:ロバート・ロダット、ビンス・マックイン 製作:ジョン・ヴィーチ、キャロル・ボーム 製作総指揮:サンディ・ギャリン 撮影:カレブ・デシャネル 編集:ニコラス・C・スミス 美術:シェーマス・フラネリー 衣装:マリー・シルビー・デビュー 音楽:マーク・アイシャム 出演:ジェフ・ダニエルズ(父トーマス・アルデン)、アンナ・パキン(エイミー)、デボラ・バージニア(母)、 ダナ・デラニー(スーザン・バーンズ)、テリー・キニー(デイヴ叔父)、ホルター・グラハム(バリー)、 ジェレミー・ラッチフォード(野生動物管理官のグレン)、デビッド・ヘンブレン(キリアン博士)、 マイケル・J・レイノルズ(司令官)、ケン・ジェームズ(開発業者) ■音楽■ メアリー・チェーピン・カーペンター「10,000 Miles」 ■受賞■ クリストファー賞(作品賞)、ジェネシス賞、ブロードキャスト映画批評家協会賞(最優秀ファミリー映画賞)、 ヤング・アーティスト賞。 ■コピー■ この冬、熱い感動が大空に飛び立ちます。 少女は14歳、16羽の子供グースを連れてカナダからアメリカ500マイルの旅へ―。 ■ストーリー■ 交通事故で母を失ったエイミーは、10年間会った事のない父親に引き取られカナダヘとやって来る。新しい暮らしにもなじめず、思い出にこもるエイミー。 ある日、彼女は森で親を亡くしたグースの卵を発見する。卵がかえった時、彼女は16羽のヒナたちの“ママ”になっていた。やがて彼らが南へ渡る季節が近づいた時、 アルデン父子は、グースたちに飛ぶ事を教え、越冬地まで連れていく方法を考えなければならないと知る。それは二人にとって、10年間の空白を取り戻し、信頼と理解を 築く過程になっていく……。 ■備考■ 全米が見守った実話をもとにした映画。ある秋の朝、カナダ在住の彫刻家リッシュマンは、カモの群れに囲まれ、一緒に飛ぶという感動的な体験をした。 数年後、彼はある自然コンサルタントから“刷り込み”の事を教わる。1986年、彼は15羽のヒナに刷り込みを行う事を開始する。やがて、グースと一緒に空を飛ぶ男の話は マスコミを通して知られるようになった。(チラシより) ★関連本★『グース』映画のノベライズ。パトリシア・ハーミーズ 著 大野晶子 訳 ソニーマガジンズ 1996年11月  『ファザー・グース』ウィリアム・リッシュマン 著 武者圭子 訳 新潮社 1996年11月

グラディエーター(Gladiator)
2000年 アメリカ・イギリス映画 監督:リドリー・スコット 脚本・製作:デビッド・フランゾーニ 脚本:ジョン・ローガン、ウィリアム・ニコルソン 製作:ダグラス・ウィック、ブランコ・ラスティグ 撮影:ジョン・マシソン 編集:ピエトロ・スカリア 美術:アーサー・マックス 衣装:ジャンティ・イェーツ 音楽:ハンス・ジマー、リサ・ジェラルド 出演:ラッセル・クロウ(アエリウス・マキシマス将軍)、リチャード・ハリス (マルクス・アウレリウス皇帝)、ホアキン・フェニックス(コモドゥス)、 コニー・ニールセン(ルシラ)、スペンサー・トリート・クラーク(ルシアス)、 トマス・アラナ(クイントゥス)、トミー・フラナガン(キケロ)、オリバー・リード (プロキシモ)、ジャイモン・ハンスウ(ジュバ)、デレク・ジャコビ(グラックス) ■受賞■ 第73回アカデミー賞5部門、英国アカデミー賞4部門、 第58回ゴールデン・グローブ賞2部門ほか多数。 ■コピー■ いま、ヒーローは立ちあがる ■ストーリー■ 偉大なローマ皇帝が世を去り、世界の運命は無慈悲な息子の 手に託された。巨大コロシアムでは、民衆を楽しませるため、勇敢なグラディエーター(剣闘士)たちが、死を賭けた壮絶な闘いを強いられていた。その中には、皇帝により 家族を抹殺され、奴隷の身として流刑にされた将軍がいた。彼は、剣を持ち、実力者だけが生き残れるその場所に、ある想いを秘めて立ち上がった。それは、真の “グラディエーター”となって帝国への復讐を果たすためであった……(チラシより) ★関連本★『グラディエーター』デューイ・グラム 著 大野晶子 訳 ソニーマガジンズ文庫 2000年6月 映画のノベライズ。 『グラディエーター―リドリー・スコットの世界』亀山太一・塚越博史・新田晴彦 訳 スクリーンプレイ出版 2001年3月

ごくせん 第1シリーズ
2002年4月17日〜7月3日 全12話 TVドラマ・シリーズ 日本テレビ系列 毎週水曜日 22:00〜22:54 プロデュース①★映画・プロデューサー②③:加藤正俊 演出:佐藤東弥②③、大谷太郎②③、高橋直治、山下学美③ 脚本②③:江頭美智留、横田理恵、松田裕子 原作:森本梢子 音楽②③:大島ミチル 総括:井上健 レギュラー出演:仲間由紀恵(山口久美子・数学教師)、生瀬勝久(猿渡五郎・教頭)、宇津井健(黒田龍一郎)、 阿南健治(若松弘三)、金子賢(朝倉てつ)、内山信二(達川ミノル)、①村田宏②③両國宏(菅原誠)、 脇知弘(熊井輝夫) 出演(★映画):松本潤(沢田慎)、★小栗旬(内山春彦)、★石垣佑磨(南陽一)、★成宮寛貴(野田猛)、 伊東美咲(藤山静香・英語教師)、中澤裕子(川嶋菊乃・保健室の先生)、田山涼成(白川権三・校長)、 斉藤暁(鷲尾寛治・国語教師)、なべおさみ(安藤治・現代社会教師)、甲本雅裕(岩本康平・体育教師)、 大隈いちろう(大山はじめ・生物教師)、★沢村一樹(篠原智也刑事)、坂田聡(柏木豊刑事)、 松山ケンイチ(毛利研一)、ウエンツ瑛士(結城正人)、①栗田梨子③石原あつ美(森崎亜美) ■主題歌■ V6「Feel your breeze」 ●ごくせんスペシャル「さよなら3年D組…ヤンクミ涙の卒業式」2003年3月26日

ごくせん 第2シリーズ
2005年1月15〜3月19日 全10話 TVドラマ・シリーズ 毎週土曜日 21:00〜21:54 出演(★映画):★亀梨和也(小田切竜)、赤西仁(矢吹隼人)、★速水もこみち(土屋光)、★小池徹平(武田啓太)、★小出恵介(日向浩介)、③★東幹久(馬場正義・ 体育教師)、乙葉(白鳥ひとみ・英語教師)、酒井敏也(犬塚太一・国語教師)、モト冬樹(亀山隆・倫理教師)、マギー(猪俣真司・化学教師)、池田有希子(鰐淵小百合・ 音楽教師)、井上順(黒川銀治・理事長兼校長)、谷原章介(九條拓真・桃ヶ丘女学園教師)、小林且弥(工藤広樹)、高杉亘(鬼島刑事)、宅麻伸(小田切信也) ■主題歌■ D-51「NO MORE CRY」■挿入歌■亀梨和也「絆」

ごくせん 第3シリーズ
2008年4月19日〜6月28日 全11話 TVドラマ・シリーズ 毎週土曜日 21:00〜21:54 出演(★映画):★高木雄也(緒方大和)、★三浦春馬(風間廉)、★石黒英雄(本城健吾)、★中間淳太(市村力哉)、★桐山照史 (倉木悟)、★三浦翔平(神谷俊輔)、小泉孝太郎(夏目誠一・校医)、★平山あや(鷹野葵・英語教師)、★星野亜希(鮎川さくら・ 養護教諭)、★佐藤二朗(牛島豊作・古典教師)、★魁三太郎(鳩山康彦・世界史教師)、★石井康太(鶴岡圭介・物理教師)、 ★江波杏子(赤城遼子・理事長)、石原あつ美(熊井亜美)、近江谷太朗(石原刑事)、山崎画大(高山刑事) ■主題歌■ Aqua Timez「虹」■挿入歌■ 木雄也「俺たちの青春」 ●「ごくせん卒業スペシャル'09〜ヤンクミ最後の卒業式!」2009年3月28日 出演:★玉森裕太(高杉怜太)、★賀来賢人(望月純平)、★入江甚儀(松下直也)、★森崎ウィン(五十嵐真)、★落合扶樹(武藤一輝)

ごくせん
2004年1月6日〜3月30日 全13話 TVアニメ・シリーズ プロデューサー:山下洋、田村学、丸山正雄 構成:小林靖子 キャラクターデザイン・総作画監督:兼森義則 監督:佐藤雄三 音楽:長谷川智樹 アニメーション制作:マッドハウス 声の出演:早水リサ(山口久美子)、鈴村健一(沢田慎)、杉野博臣(熊井輝夫)、増川洋一(内山春彦)、鈴木千尋(工藤)、松本梨香(藤山静香)、西村朋紘(校長)、 魚建(教頭)、大塚周夫(黒田龍一郎)、若本規夫(大島京太郎)、佐藤晴男(若松)、平井啓二(テツ)、吉田裕秋(ミノル)、小西克幸(篠原弁護士)、加藤精三(富士) ■オープニングテーマ■ FOOT STAMP「本当の言葉」■エンディングテーマ■ 八代亜紀「おのれ道」■挿入歌■ 白金学院コーラス部「ミンゲンヒ〜ナ〜」

ごくせん THE MOVIE
2009年7月11日公開 日本映画 監督:佐藤東弥 出演:沢村一樹(黒瀬健太郎(IT企業社長))、竹内力(鮫島剛(ハイジャック犯))、袴田吉彦(寺田雅也(謎の男)) ■主題歌■ Aqua Timez「プルメリア〜花唄〜」 ■コピー■ ヤンクミは永遠に不滅です。 ■ストーリー■ 熱血教師・ヤンクミこと山口久美子も高校教師になって7年。一年前から赴任している赤銅学院高校では、新しい3年D組の担任になっているが、 生徒たちはまだ久美子に心を開いていない。ある日、久美子の黒銀学院時代の教え子・小田切竜が、赤銅学院に教育実習生としてやって来た!久美子は、竜が 自分に憧れて教師を目指していると思い大感激。しかし、竜は大学に入ってからもやりたいことが見つからず、なんとなく教育実習に参加しただけだという。 そんな竜だったが、久美子が昔と変わらず生徒たちに真っ直ぐぶつかっていく姿を見て、高校時代に感じた何かを思い出していた――。そんな中、3年D組に大きなトラブルが 舞い込む。高杉怜太にカツアゲの邪魔をされた暴走族が、バイクで赤銅学院に乗り込んできたのだ!生徒たちをかばう久美子に、校長の猿渡五郎は、「今度、3Dの生徒が トラブルを起こしたら、山口先生に辞めてもらう!」と宣言する。怜太は、「山口に借りを作りたくねぇ」と、たった一人でケリをつけるため、暴走族の元に乗り込んでいく――。 一方、春に卒業した教え子・風間廉が、とんでもない事件に巻き込まれる。覚せい剤の取引にかかわった疑いで警察に追われ、行方がわからないというのだ!久美子はいても たってもいられず、「もうあなたの生徒じゃない」という猿渡の制止を振り切り、「あいつは私の教え子です!」と職員室を飛び出していく。緒方大和ら卒業した元3Dの 生徒たちも加わり、廉の行方を捜す久美子。そして、廉がかかわったとされる覚せい剤密売に、驚くべき黒幕がいることを知り――。(チラシより)

スウィングガールズ(SWING GIRLS)
2004年9月11日公開 日本映画  監督・脚本:矢口史靖 助監督:片島章三  脚本協力:矢口純子 撮影:柴主高秀  編集:宮島竜治 美術:磯田典宏 照明:長田達也 音楽:ミッキー吉野、岸本ひろし 出演:上野樹里(鈴木友子)、貫地谷しほり(斉藤良江)、本仮屋ユイカ(関口香織)、 豊島由佳梨(田中直美)、平岡祐太(中村拓雄)、竹中直人(小澤忠彦)、白石美帆 (伊丹弥生)、小日向文世(鈴木泰三)、渡辺えり子(鈴木早苗)、桜むつ子(鈴木みえ)、 金子莉奈(鈴木亜紀)、福士誠治(井上)、高橋一生(吹奏楽部の部長)、谷啓(森下)、 眞島秀和(高志)、三上真史(雄介)、木野花(スーパーフロアの主任)、大倉孝二(チーフ) ■サントラ■ 「イン・ザ・ムード」、「この素晴らしき世界」(ルイ・アームストロング)、 「失恋してもラヴィン・ユー」(眞島秀和&三上真史)、「故郷の空」、「メイク・ハー・マイン」、 「A列車で行こう」音楽祭「ムーンライト・セレナーデ」、「メキシカン・フライヤー」、 「シング・シング・シング」「L-O-V-E」(ナット・キングコール) ■コピー■ ジャズやるべ♪ ■ストーリー■ 東北の片田舎の高校。夏休みだというのに補習を受けている女子生徒達が、 サボる口実でビッグバンドに参加。はじめは全くやる気ゼロだったのに、いつしかジャズの魅力に引き込まれ、自分たちだけでバンド結成を決意!とはいえ楽器はない、 お金もない、資金稼ぎのバイトは大失敗。ついにはバンド解散の危機!?波乱だらけの展開から、感動のラストまで、一筋縄ではいきません!ジャズ特有のリズム感を さす“スウィング”とは簡単に言えば<心から楽しむ、のってる!>という感じ。 世代を問わず思い切り笑えて、ジーンと胸が熱くなり、劇場を出たあと思わず スウィングしてしまう。映画「スウィングガールズ」は観る人すべてを幸せにしてしまうそんな楽しさいっぱいの映画です! ■備考■ ビッグバンドジャズって?ジャズの中でも大編成で演奏されるスタイルのこと。ホーンとリズムセクションが奏でるド迫力なサウンドを聞いたらそのカッコよさ、 楽しさに驚くはず!(チラシより) ★関連本★『スウィングガールズ』矢口史靖 著 メディアファクトリー 2004年8月 『スウィングガールズと始めるジャズ入門』日経エンタテインメント!  日経BP社 2004年9月

スパイダーマン2(Spider-Man 2)
2004年 アメリカ映画 監督:サム・ライミ 原作・製作総指揮:スタン・リー 脚本:アルビン・サージェントほか 製作:アビ・アラド、ローラ・ジスキン 製作総指揮:ジョゼフ・M・カラッシオロ 撮影:ビル・ポープ 美術:ニール・スピサック 音楽:ダニー・エルフマン 視覚効果デザイン:ジョン・ダイクストラ 出演:トビー・マグワイア(ピーター・パーカー)、キルスティン・ダンスト(メリー・ジェーン・ ワトソン)、ジェームズ・フランコ(ハリー・オズボーン)、アルフレッド・モリーナ(ドクター・ オットー・オクタヴィウス)、ドナ・マーフィ(ロザリー)、ローズマリー・ハリス(メイ叔母さん)、 クリフ・ロバートソン(ベン叔父さん)、J.K.シモンズ(J・ジョナ・ジェイムソン)、 ダニエル・ギリース(ジョン・ジェイムソン)、ビル・ナン(ロビー)、テッド・ライミ(ホフマン)、 ウィレム・デフォー(ノーマン・オズボーン) ■受賞■ 第77回アカデミー賞(特殊視覚効果賞)、ブロードキャスト映画批評家協会賞ほか。 ■ストーリー■ スパイダーマンには、二度とならない。大いなる力を手に入れ、正義のために 生きることを決めた。でも、どんなに頑張っても、愛する人を傷つけてしまう。だからもう、 僕は自分の人生に戻りたいんだ。想いを封印したはずなのに、忘れられないMJ。 母親同然の、優しいメイ叔母さん。僕がスパイダーマンでいる限り、愛する人たちが命を狙われる。 運命は僕を、苦しめ続けるのか。 グリーン・ゴブリンと闘った、2年前。彼は僕の親友、ハリーの父親だった。あの哀しき死闘は、僕の勝利に終わった。今、ハリーは父の復讐を心に誓っている。今度は あいつの、敵になるのか。 研究に生涯をかける、天才科学者。憧れ、尊敬していたDr.オクタヴィウスが、研究所の事故で、悪に染まった。彼はドック・オクとなり、僕を狙う。闘いたくない人との 決戦が、また始まるのか。 ■備考■ 製作費220億円!!オープニング記録史上1!公開3日間の興収史上1!興収1億ドル突破史上最短記録を樹立!全米興収歴代5位!2004年3月7日現在(チラシより)
★リンク★  「Amazon.co.jp」の検索結果のページにリンクしています。
ゲーム 「Amazon.co.jp」の検索結果のページにリンクしています。
おもちゃ 「Amazon.co.jp」の検索結果のページにリンクしています。

すべてをあなたに(That Thing You Do!)
1996年 アメリカ映画 監督・脚本・作詞・出演:トム・ハンクス(ホワイト氏) 製作:ゲリー・ゴーツマン、ジョナサン・デミ、エドワード・サクソン 撮影:タク・フジモト 編集:リチャード・チュウ 美術:ヴィクター・ケンプスター 衣装:コリーン・アットウッド 音楽:ハワード・ショア 出演:トム・エベレット・スコット(ガイ・パターソン)、リブ・タイラー(フェイ・ドーラン)、ジョナサン・シャーチ(ジミー)、 スティーブ・ザーン(レニー)、イーサン・エンブリー(ベース・プレイヤー)、ジョバンニ・リビージ(チャド)、クリス・エリス (ホレス)、アレックス・ロッコ、ビル・コッブス(デル・パクストン)、ピーター・スコラリ(トロイ)、リタ・ウィルソン、 クリス・アイザック(ボブおじさん)、ケビン・ポラック
■歌■ ザ・ワンダーズ「ザット・シング・ユー・ドゥ!」(That Thing You Do!)    ザ・ワンダーズ「リトル・ワイルド・ワン」(Little Wild One)    ザ・ワンダーズ「ダンス・ウィズ・ミー・トゥナイト」(Dance with Me Tonight)    ザ・ワンダーズ「オール・マイ・オンリー・ドリームス」(All My Only Dreams)
■受賞■ 全米キャスティング協会賞。
■コピー■ ハートにビート。ファッションにパッション。ドリーム・カム・トゥルー。
■ストーリー■ ガイたち4人は、“ザ・ワンダーズ”というバンドを結成。ビートルズ及びブリティッシュ・サウンドのおいしい部分を凝縮した曲「ザット・シング・ユー・ ドゥ」を自主製作する。この曲が地元ペンシルバニア州のラジオ局で放送されるや、話題を呼び、“プレイトーン・レコード”のヤリ手社員ホワイトの目に止まる。ホワイト のアドバイスが功を奏し、ザ・ワンダーズはツアー、全米チャート入り、B級映画出演、そして、全米TV放送という成功の道を歩むが……。
■備考■ 1964年のアメリカを舞台に、“ぼくらもビートルズになりたい”と気合いの入るガイとレニーとジミーと“ベース・プレイヤー”という4人の男の子と、ジミーの 恋人でバンドのスタイリスト的な存在のフェイの青春グラフィティを描いている。(チラシより)

タイタニック(Titanic)
1997年 アメリカ映画 3時間14分 監督・脚本・製作・編集:ジェームズ・キャメロン 製作:ジョン・ランドー 製作総指揮:レイ・サンチーニ  撮影:ラッセル・カーペンター 編集:コンラッド・バフ、リチャード・A・ハリス 美術:ピーター・ラモント  衣装:デボラ・L・スコット 音楽:ジェームズ・ホーナー 特殊視覚効果:デジタル・ドメイン社 出演:レオナルド・ディカプリオ(ジャック・ドーソン)、ケイト・ウィンスレット(ローズ・デウィット・ブカター)、 グロリア・スチュアート(老婦人ローズ)、スージー・エイミス(リジー)、ダニー・ヌッチ(ファブリッツィオ・ デ・ロッシ)、フランシス・フィッシャー(ローズの母ルース)、ビリー・ゼーン(ローズの婚約者キャル・ホックリー)、 デビッド・ワーナー(スパイサー・ラブジョイ)、キャシー・ベイツ(モリー・ブラウン)、バーナード・ヒル (E・J・スミス船長)、ジョナサン・ハイド(J・ブルース・イスメイ)、ビクター・ガーバー(トーマス・アンドリュース)、 ビル・パクストン(ブロック・ラベット)、ヨアン・グリフィズ
■音楽■ セリーヌ・ディオン「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン」(My Heart Will Go On)
■受賞■ 第70回アカデミー賞11部門、第55回ゴールデン・グローブ賞4部門、第41回グラミー賞ほか多数。
■備考■ 史上最高の製作費230億円を投入した世紀の話題作。
■コピー■ 運命の恋。誰もそれを裂くことはできない。
■ストーリー■ 1912年4月15日の早朝、北大西洋上で超豪華船タイタニック号が、イギリスからニューヨークヘ向かう処女航海で、氷山に衝突し沈没した。刻一刻と沈没の極限 状況に直面した人々のパニックと感動のヒューマン・ドラマと平行して、アメリカに渡って成功を夢見る若い画家志望の青年と上流社会の令嬢の運命を絡めて描く。(チラシより)
★リンク★ 関連本 「Amazon.co.jp」の検索結果のページにリンクしています。

タップ・ドックス(Bootmen)
2000年 アメリカ・オーストラリア映画 1時間35分 監督・製作総指揮・脚本・出演:デイン・ペリー(アンソニー・フォード) 脚本:スティーブ・ワーランド 脚本・製作:ヒラリー・リンステッド 共同製作:アントニア・バーナード 撮影:スティーブ・メイソン 編集:ジェーン・モラン   美術:マレイ・ピックネット 衣装:テス・スコフィールド 作曲:チェザリー・スカビスゼウスキー 出演:アダム・ガルシア(ショーン・オクデン)、サム・ワーティングトン(兄ミッチェル)、ソフィー・リー(リンダ)、ウィリアム・ザッパ(ウォルター)、 リチャード・カーター(ゲイリー)、クリストファー・ホーシー(アンガス)、アンドリュー・カルスキー(コリン)、マット・リー(ジョノ)
■受賞■ オーストラリア映画協会賞(撮影賞、美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞、音響賞)、オーストラリア映画批評家協会賞(撮影賞、編集賞、作曲賞)、オーストラリア撮影監督協会賞。
■コピー■ ステップを忘れたら…アドリブでキメろ!!
■ストーリー■ オーストラリア、ニューキャッスルの鉄鋼所で働くショーンは、タップ・ダンサーとして成功する夢を持つ青年。 ショーンのタップはワークブーツでロックに合わせて踊る、今まで誰も見たことのないスタイル。しかし、父も仲間たちも嘲るだけで 彼を認めようとしない。そんな時、鉄鋼所の閉鎖が決まり、ショーンと仲間たちは新しいタップで従業員救済ショーを行うために立ち上がった!
■備考■ シドニー・オリンピックの開会式で、オーストラリアの大地を揺るがす怒涛のタップ・パフォーマンスを見せた“タップ・ドックス”。 世界ツアーでは1億人以上の観客動員数を誇るこの“タップ・ドックス”の主催者で、タップの革命児デイン・ペリーが自らの体験をもとに初めてメガホンを取った。(チラシより)



ダンシング・ヒーロー(Strictly Ballroom)
1992年 オーストラリア映画 1時間35分 監督・脚本・原作:バズ・ラーマン 原作:クレイグ・ピアーズ 脚本:アンドリュー・ボーベル 製作:トリストラム・ミアール 製作総指揮:アントワネット・アルバート 撮影:スティーブ・メイソン 編集:ジル・ビルコック 美術:キャサリン・マーティン ダンズ用衣装:アンガス・ストラッティ 音楽:デビッド・ヒルシュフェルダー  振付・出演:ジョン・“チャチャ”・オコンネル(オーディションに来たコーチ) フラメンコダンス指導・出演:アントニオ・バーガス(フランの父) 出演:ポール・マーキュリオ(スコット・ヘイスティングス)、バリー・オットー(父ダグ)、パット・トムソン(母シャーリー)、 ローレン・ヒューイット(妹カイリー)、ビル・ハンター(連盟会長バリー・ファイフ)、クリス・マックエイド(チャーム)、 ポール・バートラム(司会者)、ピーター・ウィットフォード(レス)、ジア・カリーディス(リズ)、タラ・モーリス(フラン)、 ピップ・ムシン(ウェイン)、ラオニー・ペイジ(バネッサ)、スティーブ・グレイス(ルーク)、ジョン・ハナン(ケン)、 トッド・マッケニー(ネイサン)、ソニア・クルーガー(ティナ・スパークル) ■サントラ■ 「タイム・アフター・タイム」(Time After Time) 「パハップス・パハップス・パハップス」(Perhaps Perhaps Perhaps) 「ルンバ・デ・ルーロ」 「イエスタデイズ・ヒーロー」(Yesterday's Hero) 「ラヴ・イズ・イン・ジ・エアー」(Love is in the Air) 「スタンディング・イン・ザ・レイン」(Standing In The Rain) ■受賞■ オーストラリア映画協会賞(作品賞、監督賞、脚本賞、編集賞、美術賞、衣装デザイン賞、助演男優賞、助演女優賞)、英国アカデミー賞(美術賞、衣装デザイン賞、作曲賞)、カンヌ国際映画祭(バズ・ラーマン)ほか多数。
■コピー■ 火傷しそうな、青春映画!
■ストーリー■ 21歳の若きソシアルダンスのチャンピオン、スコットは、権威あるダンス協会規定のステップを無視して独自のステップで踊った事により、 オーストラリア最大の大会である汎太平洋グランプリで優勝するという夢がピンチにたたされる。そんなある日、彼の前にダンススタジオの未熟で目立たない 醜いアヒルの子、フランが現われる。(チラシより)

ダンス・ウィズ・ミー(Dance with Me)
1998年 アメリカ映画 監督・製作:ランダ・ヘインズ 脚本:ダリル・マシューズ 製作総指揮:テッド・ザカリー 製作:ローレン・C・ウェイスマン、江川信也 撮影:フレッド・マーフィー 編集:リサ・フルッチマン 美術:ウォルドマー・カリノウスキ 衣装:ジョー・I・トンプキンス  音楽製作総指揮:ジョエル・シル、ブッド・カー 音楽:マイケル・コンヴァーティノ 出演:チャヤン(ラファエル・インファンテ)、ヴァネッサ・ウィリアムズ(ルビー・シンクレア)、クリス・クリストファーソン (ジョン・バーネット)、ベス・グラント(ラヴジョイ)、ウィリアム・マルケス(ステファノ)、ジョーン・ブロウライト(ビー・ ジョンソン)、ハリー・グローナー(マイケル)、ジェーン・クラコウスキ(パトリシア・ブラック)、リック・バレンスエラ (ジュリアン・マーシャル)、メラニー・ラパティン&トニー・メレディス、メリッサ・デクスター&ジャコモ・ステッカグリア ■音楽■ 「アディオス・サンティアゴ」(Adios Santiago) マキナ・ロカ「ママ・キヤララ」(Mama kiyelele) ジョニー・ポランコ「ラ・レセタ」(La receta) ダーク・ラテン・グルーヴ「アトレヴィーテ(ノ・プエデス・コンミゴ) 」(Atrevete (No puedes conmigo))      「パトリア」(ルベン・ブレイズの「Patria」)      「ロマンチカ・ムレ」(カチャーオの「Romantica mujer」)      「ジバロ」(エレクトラの「Jibaro」) アルビータ「フィエスタ・パロス・ルンベロス」(Fiesta pa'los rumberos)      「ウォント・ユー,ミス・ユー,ラヴ・ユー」(ジョン・セカダの「Want You, Miss You, Love You」)      「マガレーニャ」(セルジオ・メンデスの「Magalenha」)      「ジャズ・マシーン」(ブラック・マシーンの「Jazz Machine」)      「エチャ・パランテ」(タリアの「Echa pa'lante」)      「エレス・トド・エン・ミィ」(アナ・ガブリエルの「Eres todo en mi」) ウィリアムズ&チャヤン「ユー・アー・マイ・ホーム」(Refugio de Amor (You Are My Home)) グロリア・エステファン「ヘヴンズ・ホワット・アイ・フィール」(Heaven's What I Feel) ■コピー■ 恋するビートが踊り出す  ヴァネッサ・ウィリアムズが贈る最高のダンシング・ラブストーリー ■ストーリー■ 6年ぶりに出場するダンス世界選手権を目指し、日々ダンス・スタジオでレッスンに励むルビー。新入りの雑用係ラファエルはそんな彼女に一目惚れ。 音楽と踊りが生活に溶け込んでいるキューバで育った彼と、洗練された社交ダンスのステップが身についている彼女は、初めはソリがあわない。だがほどなく彼女は、 あふれる情熱と生の喜びをそのまま体で表したようなソウルフルな彼のサルサから、今まで知らなかった音楽とダンスの魅力を学ぶことになる。それはそのまま、 彼女がラファエルヘの愛を深めていく過程でもある。選手権の行方は?そして、二人は愛のステップを踏み出せるのだろうか? ■備考■ サルサとはスペイン語でソースのこと。料理のソースと同じ毎日の生活必需品であり、ラテン・ピープルにとって日常的なもの。1960年代後半、キューバや プエルトリコのラテン音楽にジャズ、ソウル、ロックなどがミックスして、ニューヨークの街角で生まれたムーヴメントが『サルサ』と名付けられた。……現在主に スペイン語で歌われるポップスダンス音楽/歌謡曲等を広義のサルサ/トロピカル音楽と呼んでいい。(チラシより)

逃亡者(The Fugitive)
1993年 アメリカ映画 監督:アンドリュー・デイビス 脚本:ジェブ・スチュアート、デヴィッド・トゥーヒー キャラクター原案・製作総指揮:ロイ・ハギンズ 製作総指揮:キース・バリッシュ 製作:アーノルド・コペルソン 撮影:マイケル・チャップマン  編集:デニス・ヴァークラー、デヴィッド・フィンファー 美術:デニス・ワシントン  衣装:アギー・ゲラール・ロジャーズ  音楽:ジェームズ・ニュートン・ハワード 出演:ハリソン・フォード(リチャード・キンブル)、シーラ・ウォード(妻ヘレン)、アンドレアス・カツラス(片腕の男)、ロン・ディーン(ケリー 刑事)、トミー・リー・ジョーンズ(ジェラード警部)、ジョー・パントリアーノ(レンフロ)、ダニエル・ローバック(ビッグス)、トム・ウッド (ニューマン)、デビッド・ダーロウ(レンツ医師)、ジェローン・クラッブ(ニコルズ医師)、ジュリアン・ムーア(アン・イーストマン医師) ■受賞■ 第66回アカデミー賞助演男優賞(トミー・リー・ジョーンズ)、英国アカデミー賞音響賞、 ブロックバスター・エンターテイメント賞(ハリソン・フォード)、1994年第51回ゴールデン・グローブ賞(助演男優賞)ほか多数。
■コピー■ 逃げる。追う。愛と無実をかけた追跡が、いま始まる。
■ストーリー■ キンブル医師の順風満帆の人生が、愛する妻の殺害事件により突然暗転した。しかも、その容疑者として自分が 逮捕されようとは……。真犯人“片腕の男”の唯一の目撃者であるキンブルは、刑務所へ護送される途中、からくも脱出、その日 から全米に指名手配された彼は、警察の追跡におののきながら、長く苛酷な逃亡の日々を送ることになる。
■備考■ 1963年に全米そして日本でもオンエアされ、当時一世を風靡した神話的テレビシリーズを基に映画化。(チラシより)
★関連本★ 『逃亡者』J.M. ディラード 著 早川書房 ハヤカワ文庫 1993年9月

トゥルーマン・ショー(The Truman Show)
1998年 アメリカ映画 監督:ピーター・ウィアー 脚本・製作:アンドリュー・ニコル  製作:スコット・ルーディン、エドワード・S・フェルドマン、アダム・シュローダー 製作総指揮:リン・プレシット 撮影:ピーター・ビジウ 編集:ウィリアム・アンダーソン  美術:デニス・ギャスナー 衣装:マリリン・マシューズ 音楽:バークハード・ダールウィッツ  出演:ジム・キャリー(トゥルーマン・バーバンク)、エド・ハリス(クリストフ)、ローラ・リニー(妻メリル役)、ノア・エメリッヒ(友人マーロン 役)、ナターシャ・マケルホーン(ローレン役&シルビア)、ホランド・テイラー(トゥルーマンの母役)、ブライアン・ディレイト(トゥルーマンの父役) ■受賞■ 英国アカデミー賞(監督賞、脚本賞、美術賞)、第56回ゴールデン・グローブ賞(主演男優賞―ドラマ部門、助演男優賞、作曲賞)ほか多数。 ■コピー■ DO YOU KNOW ME?!全世界に放映中。知らぬは…… ■ストーリー■ 海に囲まれた町シーヘブンに住むトゥルーマンは、保険会社に勤めながら平凡な毎日を送っていた。しかし、この町に住む住民は、 トゥルーマンの家族も隣人も会社の同僚も含めてみんな役者が演じ、彼の私生活は全世界220か国に向けて週7日24時間生放送され、17億人もの視聴者が 見ているテレビ番組になっていた。(チラシより)

バックドラフト(Backdraft)
1991年 アメリカ映画 監督:ロン・ハワード 脚本:グレゴリー・ワイデン 製作:リチャード・ルイス、ペン・デンシャム、ジョン・ワトソン  製作総指揮:ブライアン・グレイザー、ラファエラ・デ・ラウレンティス 撮影:ミカエル・サロモン 編集:ダニエル・ハンレー、マイケル・ヒル  美術:アルバート・ブレナー 衣装:ジョディ・ティレン 音楽:ハンス・ジマー 出演:カート・ラッセル(父デニス・マカフレイ&兄スティーブン)、ウィリアム・ボールドウィン(ブライアン)、 ライアン・トッド(ブライアン7歳)、スコット・グレン(アドコックス)、ジェイソン・ゲドリック(ティム)、 ジェニファー・ジェイソン・リー(ジェニー)、ロバート・デ・ニーロ(ドナルド・リムゲイル)、レベッカ・デモーネイ (兄の元妻ヘレン)、J.T. ウォルシュ(市会議員スウェイザク)、ドナルド・サザーランド(ロナルド)、クリント・ハワード ■音楽■ ブルース・ホーンズビー&ザ・レインジ「次のショウが始まる」(The Show Goes On) ■受賞■ BMI映画音楽賞。 ■コピー■ 炎よりも激しく燃える愛と 青春に命をかけた兄と弟・・・・・ ■ストーリー■ 命賭けの消防士達の愛と友情を描いた壮大な現代ドラマ。 ■備考■ バックドラフトとは、火事によって酸素が使い尽くされ燃えない自然ガスが充満する室内。そういう状態の時に消防士が ドアや窓を割って突入した際、流れ込んだ空気によって引き起される凄まじい爆発による逆気流現象を言う。(チラシより) ★関連本★ 『バックドラフト』カーク・ミッチェル 著 白石朗 訳 扶桑社ミステリー 1991年6月

フォレスト・ガンプ/一期一会(Forrest Gump)
1994年 アメリカ映画 白黒・カラー 時間分 監督:ロバート・ゼメキス 原作:ウィンストン・グルーム 脚色:エリック・ロス  製作:ウェンディ・ファイナーマン、スィーブ・ティッシュ、スティーブ・スターキー 撮影:ドン・バージェス 編集:アーサー・シュミット 美術:リック・カーター 衣装:ジョアンナ・ジョンストン 音楽:アラン・シルヴェストリ 特殊効果:I.L.M. 出演:トム・ハンクス(フォレスト・ガンプ)、サリー・フィールド(母)、ロビン・ライト(ジェニー)、 ミケルティ・ウィリアムソン(ババ)、ゲイリー・シニーズ(ダン小隊長) ■受賞■ 1994年第67回アカデミー賞6部門、1995年第52回ゴールデン・グローブ賞3部門ほか多数。 ■コピー■ この名作に飾る言葉は要らない…       世界が限りない優しさにつつまれる… ■ストーリー■ 1950〜80年代のアメリカ。この激動の時代を、風のように生き抜いた男フォレスト・ガンプ。IQは75と人より ちょっと劣るが、生来の俊足を生かし、アメリカン・フットボールの全米代表からベトナム戦争の勇士、そして卓球の名選手に ……並の人なら生涯に一度あるかないかのチャンスを、チャンスとも知らずに、この時代を飾った有名人と遭遇する。世の喧噪 をよそに、あくまでも自分のペースでひた走る彼は、やがて時代のヒーローになる。その胸に、人生をやさしく説いた母の言葉と、 幼なじみジェニーに寄せる誰にも負けない一途な愛を、しっかりと抱きしめながら……(チラシより)

ボディガード(The Bodyguard)
1992年 アメリカ映画 監督:ミック・ジャクソン 脚本・製作:ローレンス・カスダン 製作・主演:ケビン・コスナー(フランク・ファーマー) 製作:ジム・ウィルソン 撮影:アンドリュー・ダン 編集:ドン・キャンバーン、リチャード・A・ハリス  美術:ジェフリー・ビークロフト 衣装:スーザン・ニニンジャー 音楽:アラン・シルヴェストリ 出演:ホイットニー・ヒューストン(レイチェル・マロン)、ゲイリー・ケンプ(サイ・スペクター)、ビル・コッブス(ビル・ デヴァニー)、ミシェル・ラマー・リチャーズ(ニッキー・マロン)、マイク・スター(トニー)、クリストファー・バート (ヘンリー)、ラルフ・ウェイト(父ハーブ)、トマス・アラナ(グレッグ・ポートマン) ■受賞■ MTVムービー・アワード(作品賞、主題歌賞)。 ■コピー■ 人は皆、怖がりだ。失う怖さを知っているから――命がけで守るんだ。 ■歌■ ホイットニー・ヒューストン「オールウェイズ・ラヴ・ユー」(I Will Always Love You)     ホイットニー・ヒューストン「アイ・ハヴ・ナッシング」(I Have Nothing)     ホイットニー・ヒューストン「アイム・エヴリ・ウーマン」(I'm Every Woman)     ホイットニー・ヒューストン「ラン・トゥ・ユー」(Run To You)     ホイットニー・ヒューストン「クイーン・オブ・ザ・ナイト」(Queen Of The Night)     ホイットニー・ヒューストン「ジーザス・ラヴズ・ミー」(Jesus Loves Me) ■ストーリー■ シークレット・サービス出身のボディガード、フランク・ファーマー。彼は、これまで大物財界人、政治家といったVIP達の警護に当たり、はなばなしい 実績を誇ってきた。そんな彼が今まで扱ったことのない、歌手兼女優にてスーパースターであるレイチェルのボディーガードとして雇われることになった。最後まで守り ぬく覚悟でのぞんだフランクは、決して公私混同はしない主義であったが、美しいレイチェルと接していくうちに、心の垣根がひとつひとつ取り払われていくのに気づく のだった。そして物語は、そんな2人の想いとは裏腹に意外な展開を見せてゆく……。(チラシより) ★関連本★ 『ボディガード』ロバート・タイン 著 新潮社 新潮文庫 1992年11月

ムトゥ 踊るマハラジャ(Muthu)
1995年 インド映画 タミル語 2時間46分  監督・脚本・出演:K・S・ラヴィクマール  製作:B・カンダスワーミ、ラジャーム・バーラチャンダル、プシュパー・カンダスワーミ 撮影:アショークラージャン 美術:マヒ 音楽:A・R・ラフマーン   歌詞:ヴァイラムットウ  振付:P・H・タルンクマール 出演:スーパースター・ラジニカーント(ムトゥ&ムトゥの父)、ミーナ(ランガ)、サラットバーブ(旦那様・ラージャ)、 ジャヤカバーラティ(大奥様)、ラーダー・ラヴィ(旦那様の伯父アンバラ)、スバーシュリー(パドミニ)、センディル (テナパン)、ヴィチトラー(ラティ)、ボンナーンバラム(カーリ)、ヴァディヴェール(ヴァライヤーパティ)、 ラグヴァラン(ムトゥの父の従弟)、象ほか多数 ■歌■ S・P・バラスブラマニアム「主人は一人だけ」(Oruvan Oruvan Muthalaali) S・P・バラスブラマニアム「菜食の鶴がある時」(Kokku Saiva Kokku)             「この村で蕾が開いたみたい」(Kuluvaalile Muthu) マーノー        「ティラーナ ティラーナ」(Thillaana Thillaana)     ハリハラン 「私の生命が続いている」(Vidukathaiyaa Indha Vaazhkkai)ほか ■備考■ 「ムトゥ」とはタミル語で「キス」という意味。 インドでは15週ロングランの大ヒットを記録し、日本では1998年に大ヒットしてマサラ旋風を巻き起こした。 ■コピー■ 女神の歌声、王様のダンス。ウルトラ・ハッピー大娯楽映画(マサラムービー)。 ■ストーリー■ タミルナードゥー州の大地主の屋敷で使用人兼御者として働くムトゥは、旦那様と大奥様に信頼され、いい仕事仲間に囲まれて、毎日幸せに暮らしていた。 ただ一つ気掛かりなのは、旦那様が結婚を断り続けている上、大好きな芝居や映画があると徹夜してまで見に行っては大奥様を心配させている事だ。 皆から恐れられている旦那様の伯父は、旦那様と自分の娘パドミニを結婚させて財産を奪おうと思っていたので、縁談を断り続ける旦那様に業を煮やし、花嫁修行として娘を 屋敷に住み込ませる一方、スパイとして屋敷に潜り込ませていた手下に、なぜかムトゥを見張るように命じるのだった。しかし、旦那様は、結婚相手としてパドミニを紹介 されると、結婚する気はないときっぱりと断ってしまう。 ある日、旦那様のお供で旅回り一座の芝居を見に行ったムトゥは、花形女優ランガと喧嘩をするが、旦那様はランガに一目惚れして「結婚する気になった」と言ったので、 皆はその相手をパドミニと勘違いして大喜びする。一方、ムトゥとランガは会えば喧嘩ばかりしていたが、ランガは悪人から助けてくれたムトゥを好きになり、ムトゥもまた ランガを好きになって、二人は恋に落ちる。しかし、ある事情から旦那様はランガが自分を好きだと勘違いしてしまう。 伯父はスパイから三角関係を聞くと、ムトゥと旦那様の信頼関係を崩せと命じる。スパイは、根も葉もない事を告げ口し、それを鵜呑みにした旦那様は、ムトゥを屋敷から叩き出してしまう。 ■コメント■ 衛星放送で放映されていた映画をビデオに録画してから、もう5〜6回は見ています(笑)。歌って踊って恋をして、アクション・コメディ・ドラマ・シリアスと、 あらゆるジャンルが楽しめる娯楽映画の最高傑作です! ラジニカーントが、(なぜか)ジャンプして馬車の御者台に飛び乗ったり、カメラに向かってウィンクをしたりするのを見て、はじめは笑っていたのですが、段々と見ている 内に可愛いと思うようになりました。その後も(何かというと)手拭いを振り回したりと、思わず退いてしまう場面が何ヶ所かありましたが、颯爽としたダンスシーンは、 すごく格好よかったです。なぜスーパースターと言われているのかが分かりました!アクションシーンでは何十人もの悪人達をやっつけて大活躍し、コミカルな演技は面白く、 妻の肖像画を見上げる瞳を見ては胸が締めつけられ、不正があると知った時の顔と声には威厳があって怖かった です。屋敷から叩き出されるシーン、スパイに旦那様の事を問い詰めるシーン、旦那様が無事だと分かったシーンでは、ムトゥの旦那様への思いが、ひしひしと伝わってきて、 すごく感動して泣いてしまいました(T.T) ミーナは、とても可愛かったです。はじめ性格がきつそうだと思っていましたが、ムトゥに好意を持つようになってそうじゃないと分かりました。特に好きなシーンは、 ムトゥとランガの恋は皆に秘密にしていたので、二人がすれ違う時に、周りを見回して誰もいない事を確認し、キスする真似をする所が、すっごく可愛かったです(*^_^*) 脇役の人達も、それぞれ個性的で面白かったです。 音楽は、一度聞いたら忘れられない名曲ばかりでしたが、後で歌は吹き替えだと知ってちょっとがっかり。次々と衣装と背景が変わる豪華絢爛な群舞のミュージカルシーンでは、 素晴らしい幻想の世界を味わう事ができました。

ロック・ユー!(A Knight's Tale)
2001年 アメリカ映画 監督・製作・脚本:ブライアン・ヘルゲランド 製作:ティム・ヴァン・レリム、トッド・ブラック 撮影:リチャード・グレートレックス 編集:ケビン・スティット 美術:トニー・バロウ 衣装:カロライン・ハリス 音楽:カーター・バーウェル 出演:ヒース・レジャー(ウイリアム・サッチャー&ウルリック・フォン・リキテンスタイン卿)、クリストファー・カジノブ(父 ジョン)、ニック・ブリンブル(エクター卿)、マーク・アディ(ローランド)、アラン・テュディック(ワット)、ポール・ベタニー (ジェフリー・チョーサー)、ローラ・フレイザー(ケイト)、シャニン・ソサモン(ジョスリン)、ベレニス・ベジョー(クリスティアーナ)、 ルーファス・シーウェル(アダマー伯爵)、スティープ・オドネル(召喚吏サイモン)、ジョナサン・スリンガー(免罪符売りピーター)、 ジェームズ・ピュアフォイ(トマス・コルビル卿&エドワード黒太子)、マシュー・ミルズ(コルビル卿の紋章官) ■音楽■ 「ウィー・ウィル・ロック・ユー」(クィーンの「We Will Rock You」) 「ロー・ライダー」(ウォーの「Low Rider」) 「テイキン・ケア・オブ・ビジネス」(バックマン・ターナー・オーヴァードライヴの「Takin' Care Of Business」) 「ゴールデン・イヤーズ」(デヴィッド・ボウイの「Golden Years」) 「ファーサー・オン・アップ・ザ・ロード」(エリック・クラプトンの「Further On Up The Road」) 「ゲット・レディ」(レア・アースの「Get Ready」) 「アイ・ウォント・トゥ・テイク・ユー・ハイアー」(スライ&ザ・ファミリー・ストーンの「I Want To Take You Higher」) 「ザ・ボーイズ・アー・バック・イン・タウン」(シン・リジィの「The Boys Are Back In Town」) 「ユー・ショック・ミー・オール・ナイト・ロング」(AC/DCの「You Shook Me All Night Long」) 「ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ」(ロビー・ウィリアムス&クィーンの「We Are The Champions」) ■受賞■ ロンドン映画批評家協会賞(年間最優秀英国助演男優賞ポール・ベタニー)、ワールド・スタント・アワード2部門。 ■コピー■ 決闘血が上がる。 ■ストーリー■ 名だたる騎士たちが技と勇気とプライドを賭けて激突するジュースティング。貴族だけが出場を許されるこの名誉ある競技に、いま階級を越えて一人の 若者が挑む!本物の騎士になりたい!愛する人に勝利を捧げたい!熱き想いに突き動かされ、自分の運命に立ち向かう。 ■備考■ JOUSTING(馬上槍試合)とは兜と鎧を着けた騎士が一対一で向かい合い、すれ違いざまの一瞬の攻防で勝敗を決する。1試合につき撃ち合いは3回。腰から首の間を 突いて槍が砕けたら1ポイント、兜なら2ポイント、相手を落馬させたら3ポイントと馬が貰える。(チラシより)

▲ページの先頭へ
HOME