Susan Cooper

スーザン・クーパー
     1935年5月23日 イギリスのバッキンガムシャー州で生まれる。
     オックスフォード大学を卒業後、≪ロンドン・サンデー・タイムズ≫のジャーナリストとして活躍するかたわら、
     最初の作品「Mandrake」を書く。

     1963年(28歳) アメリカに移住。

     1965年(30歳) <闇の戦い>シリーズの序章『コーンウォールの聖杯』(Over Sea, Under Stone)を出版する。

     1973年(38歳) <闇の戦い>の第一巻『光の六つのしるし』(The Dark Is Rising)を出版、ボストングローブ・
     ホーンブック賞を受賞する。献辞「ジョナサンに捧ぐ」

     1974年(39歳) <闇の戦い>の第二巻『みどりの妖婆』(Greenwitch)を出版する。献辞「ケイトに」

     1975年(40歳) <闇の戦い>の第三巻『灰色の王』(The Grey King)を出版、1976年度のニューベリー賞を受賞する。

     1977年(42歳) <闇の戦い>の第四巻『樹上の銀』(Silver on the Tree)を出版する。献辞「マーガレットに」

     1986年(51歳) 絵本『海と島のマイリ』(The Selkie Girl)を出版する。

     1987年(52歳) 脚本を担当したアメリカのTVM「別れの時」(ジャドソン・テイラー監督、ジェシカ・タンディ、ヒューム・クローニン出演)が放映される。

     1991年(56歳) 絵本『妖精の騎士タム・リン』(Tam Lin)を出版する。

     1993年(58歳) 『古城の幽霊ボガート』(The Boggart)を出版する。
     脚本を担当したアメリカのTVM「白い犬とワルツを」(グレン・ジョーダン監督)が放映される。

     1995年(60歳) 『古城の幽霊ボガート』ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー・チルドレンズ・ブック賞を受賞する。

     1996年(61歳) 俳優のヒューム・クローニンと結婚する。

     1997年(62歳) 『ネス湖の怪獣とボガート』(The Boggart and the Monster)を出版する。

     1998年(63歳) 短編11『鏡―ゴースト・ストーリーズ』を出版する。

     1999年(64歳) タイム・ファンタジー『影の王』(King of Shadows)を出版する。

     2003年(68歳)6月15日 夫ヒューム・クローニンが死去、享年91歳。

     2007年(72歳)10月5日 アメリカ映画「ザ・シーカー/光の六つのしるし」(デヴィッド・L・カニンガム監督)が公開される。

     現在 コネティカット州フェアフィールドに在住。

     イギリスの女流ファンタジー作家。少年少女向けの本、絵本のほか、SF、テレビや演劇の脚本など大人向けの本も書く。

     参考図書:『コーンウォールの聖杯』武内孝夫 訳 学習研究社
          『樹上の銀』浅羽莢子 訳 評論社
邦訳作品リスト

<闇の戦い>シリーズThe Dark is Rising 全5巻 アーサー王伝説やケルトの伝承の宝をめぐって、<古老>とよばれる光の勢力が、闇の勢力と戦いをくりひろげる。

『コーンウォールの聖杯』序章。 『光の六つのしるし』第一巻。 『みどりの妖婆』第二巻。 『灰色の王』第三巻。

『灰色の王―闇の戦い3』浅羽莢子 訳 評論社 児童図書館・文学の部屋 1981年11月 旅先のウェールズでウィルと知り合った白髪のブラァン少年。恐るべき<灰色の王>の山に黄金の竪琴を捜す彼らの前に現われた貴人達の正体は?(奥付広告より)
『灰色の王―闇の戦い3』浅羽莢子 訳 古屋亜見子 装画 評論社 Fantasy classics 2007年3月(1981年刊の改訳新版) 「ぼくはきみを待ってたんだよ」<光>の使者ウィルの前に現れた白髪の少年ブラァン。果たして彼は味方なのか?銀の目を持つカーヴァルに導かれ、ふたりはいにしえの魔法を秘めた山へ踏み入る……(カバーより)

『樹上の銀』第四巻。

『樹上の銀―闇の戦い4』浅羽莢子 訳 評論社 児童図書館・文学の部屋 1982年10月 ウィルと仲間五人は<闇>との最後の決戦に臨む。だが敵の伏兵は思いもよらぬところにいた!時と伝承の織りなす光のファンタジーここに完結!(奥付広告より)
『樹上の銀―闇の戦い4』浅羽莢子 訳 古屋亜見子 装画 評論社 Fantasy classics 2007年3月(1982年刊の改訳新版) 「恐れるな、これが<闇>の最後の追跡なのだ」――ついにおとずれた<闇>との決戦。運命を担うのは、たった六人の<光>の仲間たち……時と伝承の織りなす壮大なファンタジー最終章。(カバーより)


『海と島のマイリ』ウォリック・ハットン 絵 ふるたちえ 訳 すえもりブックス 1996年8月

『妖精の騎士タム・リン―スコットランドの民話』スーザン・クーパー 再話 ウォリック・ハットン 絵 もりおかみち 訳 小学館 2005年8月

『古城の幽霊ボガート』掛川恭子 訳 岩波書店 1999年2月

『ネス湖の怪獣とボガート』掛川恭子 訳 岩波書店 1999年3月

『影の王』タイム・ファンタジー。井辻朱美 訳 小西英子 画 偕成社 2002年3月

「幽霊の話」(Ghost Story) 6編『鏡―ゴースト・ストーリーズ』スーザン・クーパー ほか作 角野栄子・市河紀子 共訳 こみねゆら 画 偕成社 1999年9月

映画・TV

題名ザ・シーカー/光の六つのしるし(The Dark Is Rising)
製作年2007年
監督デヴィッド・L・カニンガム
出演アレクサンダー・ルドウィッグ(ウィル・スタントン)、クリストファー・エクルストン(騎手)、イアン・マクシェーン(メリマン・リオン)、フランセス・コンロイ(ミス・グレイソーン)、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー(ジョン・スタントン)、ジョーダン・J・デイル(スティーヴ)、グレゴリー・スミス(マックス)、エマ・ロックハート(グウェン)、ゲイリー・エンティン(ポール)、エドモンド・エンティン(ロビン)、ウェンディ・クルーソン(メアリー)、ドリュー・タイラー・ベル(ジェイムス)、ジョナサン・ジャクソン(旅人)、ジェームズ・コスモ(ドースン)、ジム・ピドック(ジョージ)、アメリア・ワーナー(マギー・バーンズ)
コピー時を飛びこえ、世界をまもる しるしを探せ!
14歳の誕生日。運命が変わるファンタジー・アドベンチャー
粗筋アメリカ映画。イングランドの幸せな家庭で、7番目の息子としてごく普通に育ったウィル。14歳の誕生日、<闇>の力から世界を守る<光>のものたちが現れ、ウィルこそが“しるしを探すもの”として、光の力を取り戻すことのできるたった1人なのだと告げる。過去の異なる時代を行き来し、“木・青銅・鉄・水・火・石”に分けられた“6つのしるし”を見つけなければ、世界は<闇>に支配されてしまう…。忍び寄る不気味は黒騎手、旅人、そして謎の美女…。必死に運命と向き合うウィルに、冷たく強大な<闇>の脅威が迫ってくる!(チラシより)

題名白い犬とワルツを(To Dance with the White Dog)製作年1993年
監督・製作グレン・ジョーダン原作・共同製作テリー・ケイ
脚本スーザン・クーパー
出演ヒューム・クローニン(サム・ピーク)、ジェシカ・タンディ(コーラ・ピーク)、クリスティーン・バランスキ(ケイト)、テリー・ビーバー(ポール)、ハーレー・クロス(ボビー)、エスター・ロール(ニーリー)、フランク・ワーリー(ジェームズ)、エイミー・ライト(キャリー)、ダン・オルブライト(ノア)、ダン・ビッガース(ベニト医師)、レイン・ブラッドベリ(ミルドレッド・クック)、ワード・Q・バトラー(ニール・ルイス)、デビッド・ドワイヤー(ホールマン)、エド・グレイディ(ハーマン・モーリス)
受賞エミー賞ミニシリーズ・スペシャル部門(主演男優賞)
備考アメリカのTVM

HOME