Bruce Coville

ブルース・コウヴィル(コーヴィル)
   1950年5月16日 アメリカのニューヨーク州シラキュースで生まれる。 

   1969年(19歳) キャサリン・ディーツと結婚する。三人の子供をもうけた。

   ニューヨーク州立大学を卒業後、おもちゃ会社や工場勤め、小学校教師、雑誌編集者として働くかたわら小説を書き始め、
   フルタイム・ライターとなる。

   1978年(28歳) 妻キャサリンとの共著『The Foolish Giant』を出版してデビューする。

   1982年(32歳) <マジックショップシリーズ>の第一巻『ラッセルとモンスターの指輪』(The Monster's Ring)を出版する。

   1986年(36歳) <A. I. ギャング>シリーズ(全3巻)を出版する。

   1987年(37歳) SFミステリ『宇宙探偵ラスティ』(Murder in Orbit)を出版する。

   1989年(39歳) 『先生はエイリアン』(My Teacher is an Alien)を出版する。

   1991年(41歳) <マジックショップシリーズ>の第ニ巻『ジェレミーとドラゴンの卵』(Jeremy Thatcher, Dragon Hatcher)を出版する。
   献辞「ジェーンへ ドラゴンを信じるのは、かんたんだ。ジェーンは人を信じている―それは、はるかに想像力のいる愛の行為だ。」

   1992年(42歳) <マジックショップシリーズ>の第三巻『ジェニファーと不思議なカエル』(Jennifer Murdley's Toad)と
   『お城のゴブリン』(Goblins in the Castle)を出版する。

   1994年(44歳) 『ジェニファーと不思議なカエル』ドロシー・キャンフィールド・フィッシャー・チルドレンズ・ブック賞を受賞する。

   1997年(47歳) <マジックショップシリーズ>の第四巻『チャーリーと真実のどくろ』(The Skull of Truth)を出版する。

   現在 長男と一緒にシラキュースに住む。

   六十冊にのぼる児童向けの作品を書いているが、他にも脚本短編新聞記事、何千通もの手紙、数年に及ぶ雑誌への投稿もある。

   参考図書:『ジェレミーとドラゴンの卵』金原瑞人 訳 講談社
        『宇宙探偵ラスティ』斎藤ひろみ 訳 早川書房
邦訳作品リスト

<マジックショップシリーズ>全4巻 (茂利勝彦 画 講談社・文学の扉)

『ラッセルとモンスターの指輪』第一巻。金原瑞人・大谷真弓訳 講談社 2003年10月

『ジェレミーとドラゴンの卵』第ニ巻。金原瑞人 訳 講談社 2003年7月 マジックショップでドラゴンの卵を手に入れたジェレミー。内緒で育てていくうちに友情が芽生えるのですが、ドラゴンはどんどん大きくなって……(カバーより)

『ジェニファーと不思議なカエル』第三巻。金原瑞人 訳 講談社 2003年7月

『チャーリーと真実のどくろ』第四巻。金原瑞人・大谷真弓訳 講談社 2004年1月


『宇宙探偵ラスティ』斎藤ひろみ 訳 米田仁士 カバー・口絵・挿絵 早川書房 ハヤカワ文庫 1989年4月15日 ぼくの名前はラスティ・マクフィー。スペース・コロニー、ICE-3で生化学を勉強している。口うるさい両親はいるし、学課には遅刻ばかりするけれど、コロニー生活はいたって快適……のはずだった。ダスト・コンヴァーターの中で、男の腐乱死体を発見するまでは。紛争処理局に連絡するあいだに、死体は強力な溶解液のせいで溶けてしまうし、コンピューターで検索しても、スペース・コロニーの居住者に行方不明者は見あたらない。それ以来、ぼくは命を狙われる破目に……“存在しない死体”の謎をさぐる、ラスティ少年の冒険を軽快に描く、近未来SFミステリ!(前扉より)

『ダンジョン・ワールド2―天空の穴』P.J.ファーマー&B.コーヴィル 上村修 訳 角川書店 角川文庫 1990年3月

「人生の秘密―グラディスおばさんによると」The Secret Life, According to Aunt Gladys (1998) 8編『バースデー・ボックス』ジェーン・ヨーレン 他著 金原瑞人 監訳 井上千里 訳 フジモトマサル カバーイラスト メタローグ 2004年7月20日

HOME