Adam Jay Epstein

アダム・ジェイ・エプスタイン
     1975年10月6日 アダム・ジェイ・エプスタインがニューヨーク州グレート・ネックで育つ。
     現在 妻ジェーン、娘のペニーとオリーヴと共にロサンゼルスに在住。裏庭には白黒の野良猫がうろついている。

     アンドリュー・ジェイコブスン(Andrew Jacobson)がウィスコンシン州ミルウォーキーで育つ。
     現在 妻アシュリー、愛犬エルヴィスと共に、アダムの家から信号4つ先に住む。

     二人とも、子供の頃から空想したり、物語を作ったりするのが大好きだったそうです。アダムはロールプレイング・ゲームや漫画にはまり、
     アンドリューは「スター・ウォーズ」などのフィギュアで遊んでいたという。
     大人になったある日ロサンゼルスの駐車場で出会い、それ以来いっしょに映画やテレビの脚本を書いている。

     ある時、アダムがアンドリューに「使い魔ってなにか知ってる?」とたずねたことから、<黒猫オルドウィンの冒険>は生まれた。
     二人は数カ月間同じ部屋にこもって、一緒に考えて書きあげた。

     2010年 <黒猫オルドウィンの冒険>シリーズの第一巻『三びきの魔法使い、旅に出る』(The Familiars)を出版して小説家としてデビュー。

     2011年 <黒猫オルドウィンの冒険>シリーズの第二巻『黒猫オルドウィンの探索―三びきの魔法使いと動く要塞』(Secrets of the Crown)を出版する。

     2012年 <黒猫オルドウィンの冒険>シリーズの第三巻『Circle of Heroes』を出版する。

     2013年 3D映画「黒猫オルドウィンの冒険」(ダグ・スウィートランド監督)が公開される予定。
     サム・ライミプロデュース、ソニー・ピクチャーズ・アニメーション。

     ロサンゼルスで活躍する映画の脚本家。

     参考図書:『黒猫オルドウィンの冒険―三びきの魔法使い、旅に出る』大谷真弓 訳 早川書房
邦訳作品リスト

<黒猫オルドウィンの冒険>シリーズThe Familiars 三部作 (大谷真弓 訳 Peter Chan & Kei Acedera カバー絵 早川書房)

『三びきの魔法使い、旅に出る』第一巻。早川書房 2010年11月 野良猫オルドウィンはいつでも腹ぺこ、食べ物をくすねては追われる日々だ。だが、そんな孤独で危険な暮らしはとつぜん終わる。ちょっとした偶然から、魔法使いの弟子ジャックの使い魔(ファミリア)として選ばれたのだ!魔法使いと相棒のファミリアは強い絆で結ばれ、魔法の能力でたがいを助けて偉業を達成する。魔法なんて使えない、けれどジャックといっしょにいたいオルドウィンだが……。そんなある夜、ジャックたち三人の弟子がさらわれてしまう。相棒の魔法使いたちを助けるため、ファミリアの三びきは旅に出ることに。猫のオルドウィンと、アオカケスのスカイラー、そしてアマガエルのギルバート。動物たちの長くきびしい旅が今、はじまる!全米の大人と子どもが絶賛する、傑作冒険ファンタジイ。(裏表紙より)

『黒猫オルドウィンの探索―三びきの魔法使いと動く要塞』第二巻。早川書房 2011年10月 猫のオルドウィン、アオカケスのスカイラー、そしてアマガエルのギルバート。魔法使いの弟子の少年少女の使い魔である三びきは、予言のとおり王国の危機を救った。動物の魔法使いが支配する世界にもどそうとするウサギの魔法使い・パクサハラの野望をくじいたのだ。しかし、パクサハラはふたたびおそってきた!国じゅうの空を移動できる<動く要塞>をあやつり、人間の魔法をすべて使えなくしたのだ。魔法をうしない防御がなくなった王国をパクサハラから守るため、オルドウィンたち三びきは旅立った!だが、行く手にはいくつものおそろしい危険と、そしてオルドウィンの出生の秘密が待ちうけていた……。めくるめく冒険と信じあう仲間の絆をえがき、世界中の大人と子どもを感動させるファンタジイ・シリーズ第2弾。(裏表紙より)

HOME