絶版本を投票で復刊! 海洋冒険小説、帆船時代の英国海軍物語にご興味がある方はクリックして、ホーンブロワー・シリーズに続く海洋冒険小説「海の風雲児Foxシリーズ」の復刊にご協力をお願いいたします。

C.S. ForesterCecil Scott Forester

セシル・スコット・フォレスター

年譜

主要著作リスト

ホーンブロワー年譜

映画・TV

題名アフリカの女王(The African Queen)製作年1951年
監督・脚本ジョン・ヒューストン
出演ハンフリー・ボガート(船長チャーリー・オルナット)、キャサリン・ヘップバーン(ローズ・セイヤー)、ロバート・モーリー(ローズの兄セイヤー宣教師)、ピーター・ブル(ルイザ号の艦長)、セオドア・バイケル、ウォルター・ゴテル
ハンフリー・ボガート「老いた猟師が港から漁に出た…」
受賞第24回アカデミー賞主演男優賞(ハンフリー・ボガート)
備考アメリカ・イギリス合作の映画。
『ホワイトハンター ブラックハート』ピーター・ヴィアテル 著 二宮磬 訳 文芸春秋 文春文庫 1990年9月 映画の脚本家が映画撮影時の監督をモデルにして書いた小説で、1990年にクリント・イーストウッド監督・主演で映画化された。
『「アフリカの女王」とわたし』キャサリン・ペプバーン 著 芝山幹郎 訳 文芸春秋 1990年11月 映画撮影時の回想記。
『「アフリカの女王」とわたし』キャサリン・ヘプバーン 著 文春文庫 1993年9月

題名艦長ホレーショ(Captain Horatio Hornblower)
製作年1951年
監督ラオール・ウォルシュ
出演グレゴリー・ペック(ホレーショ・ホーンブロワー艦長)、ヴァージニア・メイヨ(バーバラ姫)、ロバート・ビーティ(ブッシュ海尉)、テレンス・モーガン(二等海尉)、ジェームズ・ケニー(士官候補生)、ジェイムズ・R・ジャスティス(水兵)、デニス・オディア(海軍少将サー・ロドニー・レイトン)、リチャード・ハーン(当番兵)、マイケル・ドーラン(軍医)、スタンリー・ベイカー(ハリソン掌帆長)、アラン・ティルバン(エルナンデス)、アレック・マンゴ(エル・スプレモ)、クリストファー・リー(スペイン人艦長)
備考イギリス映画。原作『パナマの死闘』

題名ホーンブロワー/海の勇者 全4話(Hornblower)
製作年1998年〜1999年
演出アンドリュー・グリーヴ
レギュラー出演ヨアン・グリフィズ(ホレイショ・ホーンブロワー)、ロバート・リンゼイ(サー・エドワード・ペリュー艦長)、ジェイミー・バンバー(アーチー・ケネディ士官候補生)、フランク・ボイス(クリーブランド士官候補生)、ポール・コプリー(マシューズ)、ショーン・ギルダー(スタイルズ)、クリス・バーンズ(フィンチ)、サイモン・シャーロック(オールドロイド)、コリン・マクラクラン(バウルズ航海長)、ジョナサン・コイ(ブレイスガードル海尉)
決闘(The Even Chance)マイケル・バーン(キーン艦長)、ロバート・バサースト(エクレストン副長)、ロジャー・メイ(チャッド海尉)、サイモン・マーキー(ヘップルホワイト軍医)、ドリアン・ヒーリー(シンプソン士官候補生)、ダンカン・ベル(クレイトン士官候補生)、リチャード・ラムズデン(ヘザー士官候補生)、オリバー・モンゴメリ(チョーク海尉)、ヴァンサン・グラス(フォルジェ船長)
ジブラルタルの奇襲(The Examination for Lieutenant)デニス・ローソン(フォスター艦長)、サイモン・スレーター(モリス船長)、ルパート・ホリデー=エバンス(コック長)、アンドリュー・ティアナン(バンティング)、イアン・マクニース(外交官タプリング)、ピーター・コリー(英国領事デュラス)、ジョナサン・アリス(主計士官)、イアン・マッキルヒニー(ハモンド艦長)
公爵夫人と悪魔(The Duchess and the Devil)クリストファー・フルフォード(ハンター士官候補生)、ジョン・ウッドヴァイン(サー・ヒュー・ダルリンプル総督)、シェリー・ルンギ(公爵夫人)、ビンセント・S・ボルダ(スペイン海軍の海尉)、ロナルド・ピカップ(スペイン要塞の司令官ドン・マサレード)、ジャン=イブ・ベルテルート(仏人のド・ベルジェス大佐)
戦場の恋(The Frogs and the Lobsters)ピーター・ヴォーン(フッド提督)、ジョン・シュラプネル(仏将軍ド・シャレット)、アントニー・シャー(モンクータン侯爵、仏人の大佐)、サミュエル・ウェスト(エドリントン伯爵、英陸軍の少佐)、エステル・スコニック(マリエット)
受賞エミー賞
備考イギリスのTVM。原作『海軍士官候補生』

題名ホーンブロワー2/海の勇者「反乱(Mutiny)」「軍法会議」全2話
製作年2001年
演出アンドリュー・グリーヴ
レギュラー出演ヨアン・グリフィズ(ホーンブロワー三等海尉)、ロバート・リンゼイ(ペリュー提督)、デヴィッド・ワーナー(ソーヤー艦長)、ニコラス・ジョーンズ(バックランド一等海尉)、ポール・マクガン(ブッシュ二等海尉)、ジェイミー・バンバー(ケネディ四等海尉)、フィリップ・グレニスター(掌砲長ホッブス)、ポール・コプリー(掌帆長マシューズ)、ショーン・ギルダー(掌帆手スタイルズ)、デヴィッド・リントール(クライヴ船医)、ポール・ブライトウェル(ホワイティング軍曹)、テレンス・コリガン(ウェラード士官候補生)、ジリー・ジルクリスト(ランドール)
軍法会議(Retribution)イアン・マッキルヒニー(ハモンド艦長)、ジョン・キャッスル(コリンズ艦長)、ヒュー・クォーシー(ルファヌー、反乱軍のリーダー)、アントニオ・ジル=マルティネス(スペイン人のオルテガ大佐)、カティア・キャバレロ(オルテガ夫人)
備考イギリスのTVM。原作『スペイン要塞を撃滅せよ』
題名ホーンブロワー3/海の勇者 全2話
製作年2003年
演出アンドリュー・グリーヴ
レギュラー出演ヨアン・グリフィズ(ホーンブロワー艦長)、バーバラ・フリン(メイソン夫人)、ジュリア・サワラ(マライア)、ロバート・リンゼイ(ペリュー提督)、ポール・マクガン(ブッシュ副長)、トニー・ヘイガース(プラウズ航海長)、ポール・コプリー(掌帆長マシューズ)、ジョナサン・フォーブス(オロック士官候補生)、ショーン・ギルダー(従卒スタイルズ)、ローカン・クラニッチ(艇長ウォルフ)、ロン・クック(従卒ダウティ)
二つの祖国(Loyalty)サイモン・デラニー(仏人の士官候補生)、ジム・マクマナス(質屋)、イアン・マッキルヒニー(ハモンド艦長)、クリスチャン・コールソン(艦長の甥ハモンド士官候補生)、グレッグ・ワイズ(コタール少佐)
ナポレオンの弟(Duty)リチャード・シムズ(牧師)、ジム・カーター(外務省エスリッジ)、デイヴィッド・バーキン(ジェローム)、カミラ・パワー(ベッツィ)、ジョナサン・コイ(ブレイスガードル艦長)
備考イギリスのTVM。原作『砲艦ホットスパー』

リンク

順風満帆〜 Sail Before The Wind 〜 ホーンブロワーについて、特集コーナー、資料室(海軍、制服、艦船)、カレンダー&壁紙

シネマでUK & Irelandを感じよう
「TV番組」のページで、「ホーンブロワー」シリーズを紹介されています。

HOME