Terry Goodkind

テリー・グッドカインド
     1949年 アメリカのネブラスカ州オマハで生まれる。

     少年時代 失語症にかかり、先生や同級生にからかわれる。

     高校時代 文才があることを作文の教師に認められる。

     1969年(20歳) 美術学校を卒業(大学を中退した)後、大工、バイオリン製造者、催眠術療法士、
     ワイルドライフ・アーティスト、工芸品の修復職人などの職を転々とする。

     1983年(34歳) メイン州に四エーカーの土地を購入し、妻ジェリと二人で家を建てる。
     この頃から、頭に浮かんだキャラクターや、彼らの情念を書き留めておくようになる。

     1993年(44歳) 『魔道士の掟』の執筆を始める。

     1994年(45歳)10月 <真実の剣>シリーズの第一部『魔道士の掟』(Wizard's First Rule)をトー・ブックスから出版
     して作家デビューするとファンタジイ界に大旋風を巻き起こし、国際的なベストセラーとなった。献辞「ジェリに」

     1995年(46歳) <真実の剣>シリーズの第二部『魔石の伝説』(Stone of Tears)を出版する。

     1996年(47歳) <真実の剣>シリーズの第三部『魔都の聖戦』(Blood of the Fold)を出版する。

     1997年(48歳) <真実の剣>シリーズの第四部『魔界の神殿』(Temple of the Winds)を出版する。

     1999年(50歳) <真実の剣>シリーズの第五部『魔道士の魂』(Soul of the Fire)を出版する。

     2000年(51歳) <真実の剣>シリーズの第六部『魔教の黙示』(Faith of the Fallen)を出版する。

     2001年(52歳) <真実の剣>シリーズの第七部『魔帝の血脈』(The Pillars of Creation)を出版する。

     2003年(54歳) <真実の剣>シリーズの第八部『魔宮の凶鳥』(Naked Empire)を出版する。

     2005年(56歳) <真実の剣>シリーズの第九部『Chainfire』を出版する。

     2006年(57歳) <真実の剣>シリーズの第十部『Phantom』を出版する。

     2007年(58歳) <真実の剣>シリーズの第十一部『Confessor』を出版する。

     2008年(59歳) アメリカのTVシリーズ「レジェンド・オブ・ザ・シーカー」(サム・ライミ制作総指揮)が放映される(〜2010年)。

     2009年(60歳) <真実の剣>シリーズの第十二部『The Law of Nines』を出版する。

     現在 アメリカ北東部の森の中で暮らしながら、シリーズを書き続けている。

     参考図書:『魔道士の掟1―探求者の誓い』佐田千織 訳 早川書房
邦訳作品リスト

<真実の剣>シリーズSword of Truth 12部 (佐田千織 訳 羽住都 カバー・挿絵 早川書房 ハヤカワ文庫)

第1部『魔道士の掟』(全5巻)

『探求者の誓い』第一巻。ハヤカワ文庫 2001年8月31日 父を惨殺された森の案内人リチャードは、悲しみに打ちひしがれていた。犯人の手がかりを求めて森をさまよううちに、魔法の国との<境>近くで偶然ひとりの女性の命を救う。彼女の名はカーラン。遠い昔に姿を消した偉大な魔道士を見つけるため、魔法の国からきたという。彼女とともに魔道士を探す途上、リチャードは父を殺した邪悪な魔王の恐るべき陰謀と、自らが持つ大いなる力を知った!新感覚ファンタジイ巨篇、堂々開幕(裏表紙より)
『魔法の地へ』第二巻。ハヤカワ文庫 2001年9月
『裏切りの予言』第三巻。ハヤカワ文庫 2001年10月
『結ばれぬ宿命』第四巻。ハヤカワ文庫 2001年11月
『白く輝く剣』第五巻。ハヤカワ文庫 2001年12月

第2部『魔石の伝説』(全7巻)

『冥界からの急襲』第一巻。ハヤカワ文庫 2002年2月
『光の信徒』第二巻。ハヤカワ文庫 2002年4月
『魔道士の務め』第三巻。ハヤカワ文庫 2002年6月
『エイビニシアの虐殺』第四巻。ハヤカワ文庫 2002年8月
『総司令官カーラン』第五巻。ハヤカワ文庫 2002年10月
『予見師の宮殿』第六巻。ハヤカワ文庫 2002年12月
『霊たちへの祈り』第七巻。ハヤカワ文庫 2003年2月

第3部『魔都の聖戦』(全4巻)
『大将軍の野望』第一巻。ハヤカワ文庫 2003年5月
『悪魔の暗躍』第二巻。ハヤカワ文庫 2003年7月
『密使ムリスウィズ』第三巻。ハヤカワ文庫 2003年9月
『永遠の絆』第四巻。ハヤカワ文庫 2003年11月










第4部『魔界の神殿』(全5巻)
『運命の予言』第一巻。ハヤカワ文庫 2004年3月
『赤い月』第二巻。ハヤカワ文庫 2004年5月
『死せる子どもたち』第三巻。ハヤカワ文庫 2004年7月
『風を探して』第四巻。ハヤカワ文庫 2004年9月
『奇跡の呪文』第五巻。ハヤカワ文庫 2004年11月









第5部『魔道士の魂』(全5巻)
『消えゆく魔法』第一巻。ハヤカワ文庫 2005年4月
『不穏な再会』第二巻。ハヤカワ文庫 2005年7月
『ダルトンの策略』第三巻。ハヤカワ文庫 2005年8月
『奪われた剣』第四巻。ハヤカワ文庫 2005年10月
『魂の召喚』第五巻。ハヤカワ文庫 2005年12月









第6部『魔教の黙示』(全5巻)
『ラール卿帰還せず』第一巻。ハヤカワ文庫 2006年6月
『忘却の彼方へ』第二巻。ハヤカワ文庫 2006年8月
『戦争と結婚』第三巻。ハヤカワ文庫 2006年10月
『希望の消えた町』第四巻。ハヤカワ文庫 2006年12月
『自由を求めて』第五巻。ハヤカワ文庫 2007年2月









第7部『魔帝の血脈』(全4巻)
『悲劇の子ら』第一巻。ハヤカワ文庫 2007年8月
『沼地の呪術師』第二巻。ハヤカワ文庫 2007年10月
『復讐をささやく声』第三巻。ハヤカワ文庫 2007年12月
『宿命の邂逅』第四巻。ハヤカワ文庫 2008年2月










第8部『魔宮の凶鳥』(全5巻)
『砂塵のなかの影』第一巻。ハヤカワ文庫 2008年10月
『選ばれた民』第二巻。ハヤカワ文庫 2008年12月
『警告の砂時計』第三巻。ハヤカワ文庫 2009年2月
『三つの解毒薬』第四巻。ハヤカワ文庫 2009年4月
『戦いの決意』第五巻。ハヤカワ文庫 2009年6月

中編「骨の負債」3編『伝説は永遠に―ファンタジィの殿堂2』ロバート・シルヴァーバーグ 編 佐田千織 他訳 早川書房 ハヤカワ文庫 2000年11月 <真実の剣>シリーズの外伝で、魔道士ゼットの五十年前の活躍を描いた物語。

HOME