Victor Hugo

ヴィクトル・ユーゴー(ユゴー)

年譜

BOOK

『死刑囚最後の日』『レ・ミゼラブル』 「青空文庫」のユゴー翻訳作品リストにリンクしています。


『レ・ミゼラブル』全5巻 佐藤朔 訳 新潮社 新潮文庫 1967年
『レ・ミゼラブル』全4巻 豊島与志雄 訳 岩波書店 岩波文庫 1987年4月・5月(改版)
『レ・ミゼラブル』上中下 岩瀬孝・大野多加志 訳 偕成社文庫 1993年3月
『レ・ミゼラブル』全4巻 石川湧 訳 角川書店 角川文庫 1998年12月・1999年1月
『噫無情 (ああむじょう)―レ・ミゼラブル』前篇・後篇 黒岩涙香 訳 はる書房 世界名作名訳シリーズ 2005年6月
『レ・ミゼラブル―ファンティーヌとコゼット』リュック・ルフォール 再話 ジェラール・デュボワ 絵 河野万里子 訳 小峰書店 愛蔵版世界の名作絵本 2012年3月
『レ・ミゼラブル』全5巻 西永良成 訳 筑摩書房 ちくま文庫2013年11月・12月・2014年・1月・2月
『レ・ミゼラブル』上下 永山篤一 訳 角川書店 角川文庫 2013年12月


『アイスランドのハン/ビュグ=ジャルガル』小潟昭夫・辻昶・野内良三 訳 潮出版社 ヴィクトル・ユゴー文学館第7巻 2000年12月
『海に働く人びと/小ナポレオン』金柿宏典・佐藤夏生・庄司和子 訳 潮出版社 ヴィクトル・ユゴー文学館第8巻 2001年3月
『エルナニ』稲垣直樹 訳 岩波書店 岩波文庫 2009年7月
『九十三年』上下 辻昶 訳 潮出版社 潮文学ライブラリー 2005年3月
『クロムウェル・序文/エルナニ』西節夫・杉山正樹 訳 潮出版社 ヴィクトル・ユゴー文学館第10巻 2001年1月(年譜)
『死刑囚最後の日』豊島与志雄 訳 岩波書店 岩波文庫 1982年6月
『詩集』辻昶・稲垣直樹・小潟昭夫 訳 潮出版社 ヴィクトル・ユゴー文学館第1巻 2000年10月
『ノートル=ダム・ド・パリ』上下 辻昶・松下和則 訳 岩波書店 岩波文庫 2016年5月・6月
『ライン河幻想紀行』榊原晃三編 訳 岩波書店 岩波文庫 1985年3月

映画・TV

題名レ・ミゼラブル(Les Miserables)
製作年1958年
監督・脚本ジャン=ポール・ル・シャノワ
出演ジャン・ギャバン(ジャン・バルジャン&シャマンティーユ)、ベルナール・ブリエ(ジャヴェール警部)、ダニエル・ドロルム(ファンティーヌ)、ベアトリス・アルタリバ(コゼット)、ブールヴィル(テナルディエ)、ジャンニ・エスポジート(マリユス)、セルジュ・レジアニ(アンジョルラ)、ジミー・ユルバン(ガヴローシュ)
備考フランス・西ドイツ・イタリア合作の映画。
題名レ・ミゼラブル(Les Miserables)
製作年1995年
監督・脚本クロード・ルルーシュ
出演ジャン・ポール・ベルモンド(アンリ・フォルタン)、クレマンティーヌ・セラリエ(フォルタン夫人)、ミシェル・ブジュナー(アンドレ・ジーマン)、アレサンドラ・マルティンヌ(ジーマン夫人)、サロメ・ルルーシュ(ジーマンの娘サロメ)、フィリップ・レオタール(農場主)、アニー・ジラルド(農場主の妻)、ティッキー・オルガド、ルフュ(テナルディエ)、ジャン・マレー(ミリエル閣下)、ミシュリーヌ・プレール(女子修道院長)、ダリー・コール(本屋)、フィリップ・クロワシル、ロベール・オッセン
備考フランス映画。同名小説をモチーフにして、20世紀を描いている。映画の中で『レ・ミゼラブル』の劇中劇、1930年代のモノクロ映画、バレエ、本、漫画が出てくる。
題名レ・ミゼラブル(Les Miserables)
製作年1998年
監督ビレ・アウグスト
出演リーアム・ニーソン(ジャン・バルジャン)、ジェフリー・ラッシュ(ジャベール警部)、ユマ・サーマン(ファンティーヌ)、クレア・デーンズ(コゼット)、ハンス・マセソン(マリユス)、レイン・ブリノルフソン(船長)、ピーター・ヴォーガン(司祭)
コピー愛は寛容である。愛は決して滅びない。
粗筋わずか一切れのパンを盗んだために19年間投獄されたジャン・バルジャンは、一人の司教の温かな心に触れて悪の縁から改心し、わが身を犠牲にして愛する人々のために尽くす波乱の人生を歩む。(チラシより)
題名レ・ミゼラブル(Les Miserables) 全4話
製作年2000年
演出ジョゼ・ダヤン
出演・製作ジェラール・ドパルデュー(ジャン・バルジャン&マドレーヌ市長)
出演ギョーム・ドパルデュー(青年時代のバルジャン)、ジョン・マルコヴィッチ(ジャベール警視)、シャルロット・ゲンズブール(ファンティーヌ)、ヴィルジニー・ルドワイヤン(コゼット)、クリスチャン・クラビエ(テナルディエ)、ヴェロニカ・フェレ(テナルディエの女房)、エイシャ・アルジェント(エポニーヌ)、ソフィ・ミエオン(アゼルマ)、オットー・サンダー(司教)、ジョヴァンナ・メッツォジョルノ(サンプリス)、ヴァディム・グローナ(フォーシュルバン)、ジャンヌ・モロー(修道院長)、エンリコ・ロ・ヴェルソ(マリウス)、ステフェン・ウインク(アンジョルラス)、クリストファー・トンプソン(クールフェラック)
備考フランス・イタリア・スペイン・ドイツ・アメリカ合作のTVシリーズ
題名レ・ミゼラブル/少女コゼット 全52話
製作年2007年1月7日〜12月30日
監督・絵コンテ桜井弘明
声の出演松元環季(コゼット3才)、名塚佳織(コゼット6才)、萩原えみこ(ファンティーヌ)、菅原正志(ジャン・ヴァルジャン)、松山タカシ(ジャヴェール)、小林由美子(ガヴローシュ)、矢部雅史(テナルディエ)、堀越真己(おかみ)、大塚友稀(エポニーヌ4才)、笹本優子(エポニーヌ7才)、鎗田千裕(アゼルマ2才)、間宮くるみ(アゼルマ5才)、大塚周夫(ミリエル司教)、勝杏里(アラン&マリウス)、かないみか(サンプリス)、石森達幸(フォーシュルヴァン)、沢城みゆき(ベアトリス)
オープニングテーマ斉藤由貴「風の向こう」
エンディングテーマ斉藤由貴「ma maman(私のお母さん)」
備考TVアニメ・シリーズ。ハウス食品世界名作劇場第24作

題名ノートルダムのせむし男(Notre Dame de Paris)
監督ジャン・ドラノワ製作年1956年
出演ジーナ・ロロブリジーダ(エスメラルダ)、アンソニー・クイン(カジモド)、ジャン・ダネ(フェビュス隊長)、アラン・キュニー(クロード・フロロ)、ダニエル・デュモン(フルール・ド・リ)、フィリップ・クレイ(クロパン・トルイユフ)、ジャン・ティシエ(ルイ王)、ヴァランティーヌ・テシエ、ロジェ・ブラン、ボリス・ビアン(枢機卿)、山羊のジャリ
備考フランス・イタリア合作の映画
題名ノートルダムの鐘つき男/報われぬ愛の物語(The Hunchback of Notre Dame)
演出マイケル・タックナー製作年1982年
出演アンソニー・ホプキンス(カジモド)、デレク・ジャコビ(フロロー)、レスリー=アン・ダウン(エスメラルダ)、デビッド・スーシェ(クロパン)、ロバート・パウエル(ポイボス)、ゲリー・サンドクイスト(ピエール)、ティム・ピゴット=スミス(フィリップ)、ナイジェル・ホーソーン(治安判事)、ドナルド・エックルズ(裁判官)、ローランド・カルヴァー(パリ司教)、ロザリー・クラッチェリー(シモーヌ)、ジョゼフ・ブラッチリー(アルバート)、ジョン・ギールグッド、デビッド・ケリー、デイヴ・ヒル
備考イギリス・アメリカ合作のTVM
題名ノートルダムの鐘(The Hunchback)
演出ピーター・メダック製作年1997年
出演マンディ・パティンキン(カジモド)、リチャード・ハリス(フロロー)、サルマ・ハエック(エスメラルダ)、ジム・デイル(クロパン)、ベネディック・ブライズ(ポイボス)、エドワード・アタートン
備考TVドラマ
題名ノートルダムの鐘(The Bells of Notre Dame)製作年1996年
監督・声の出演ゲイリー・トルースデール(老人の異教徒)
監督カーク・ワイズ
音楽スティーブン・シュワルツ、アラン・メンケン
声の出演トム・ハルス(カジモド)、デミ・ムーア(エスメラルダ)、ハイジ・モーレンハウアー(エスメラルダの歌声)、トニー・ジェイ(フロロー判事)、ケビン・クライン(フィーバス隊長)、ポール・キャンデル(クロパン)、ジェイソン・アレクサンダー(ユーゴ)、チャールズ・キンブロー(ヴィクトル)、メアリー・ウィックス(ラヴァーン)、デビッド・オグデン・スティアーズ(司祭)、ジム・カミングス(兵士)
「ノートルダムの鐘」(クロパンと司祭)、「僕の願い」(フロロー判事とカジモド)、「トプシー・ターヴィー」(クロパン)、「ゴット・ヘルプ」(エスメラルダ)、「天使が僕に/罪の炎」(カジモドとフロロー判事)、「ガイ・ライク・ユー」(ユーゴ、ヴィクトルとラヴァーン)、「奇跡の法廷」(クロパン)、「サムディ」(オール・フォー・ワン)
受賞ASCAP映画&テレビ音楽賞トップ・ボックス・オフィス・フィルム、ゴールデン・サテライト賞、ドイツのゴールデン・スクリーン賞
コピー魂を揺さぶる≪愛と生命の讃歌≫。
粗筋ディズニー長編アニメ34作目。15世紀末、パリの中心にそびえ立つノートルダム大聖堂の塔には、カジモドという青年が住んでいた。冷酷な判事フロローによって塔から出る事を禁じられたカジモドは、光溢れる外の世界で自由に暮らす事を夢みながら、孤独な闇の世界を生きてきた。そんな彼の人生を変えたのは、自由を愛する情熱的な踊り子エスメラルダとの出逢いだった……。(チラシより)

HOME