C.S.Lewis

C.S.ルイス

年譜

著作リスト

ナルニア国年代記
映画・TV

題名ナルニア国物語製作年1988年〜1990年
監督マリリン・フォックス、アレックス・カービー
第1章 ライオンと魔女 全6話リチャード・デンプシー(ピーター・ペベンシー 1〜2)、ソフィー・クック(スーザン 1〜2)、ジョナサン・R・スコット(エドマンド 1〜3)、ソフィー・ウィルコックス(ルーシー 1〜3)、マイケル・オールドリッジ(教授)、モーリン・モリス(マクレディ夫人)、ジェフリー・S・ペリー(タムナスさん)、バーバラ・ケラーマン(白い魔女)、ビッグ・ミック(小人)、ケリー・シェール(ビーバーさん)、レスリー・ニコル(ビーバーおくさん)、マーティン・ストーン(モーグリム)
第2章 カスピアン王子のつのぶえ 全2話ビッグ・ミック(トランプキン 2・4)、サミュエル・ウエスト(カスピアン王)、ジャン・マーク・ペレ(カスピアン王子 2〜4)、ロバート・ラング(ミラース王)、アンジェラ・バーロウ(三角スモモの女王)、ヘンリー・ウルフ(コルネリウス博士)、ジュリー・ピーターズ(松露取り)、ジョージ・クレイドン(ニカブリク)、ワーウィック・デイビス(リーピチープ 2〜3)、ウィリアム・トッド・ジョーンズ(谷あらし)
第3章 朝びらき丸 東の海へ 全2話デイビッド・スウェーツ(ユースチス・クラレンス・スクラブ 3〜4)、ジョン・ホーラム(ドリニアン船長)、マーカス・エア(パグ)、パーベル・ダグラス(ベルン卿)、プレストン・ロックウッド(コリアキン)、ケニー・ベイカー、ジャック・パービス、クリストファー・ゴドウィン(ループ卿)、ジェフリー・ベイルドン(ラマンドゥ)、ガブリエル・アンウォー(ラマンドゥの娘)
第4章 銀のいす 全3話カミラ・パワー(ジル・ポール)、ロイ・ボイド(ドリニアン卿)、ジェフリー・ラッセル(カスピアン王)、ワーウィック・デイビス(白ばね)、トム・ベイカー(泥足にがえもん)、リチャード・ヘンダース(リリアン王子)、バーバラ・ケラーマン(緑の貴婦人)、ジャック・パービス(ゴルグ)
備考イギリス・アメリカ合作のTVシリーズ。

題名ナルニア国物語第1章ライオンと魔女(The Chronicles of Narnia: The Lion, the Witch and the Wardrobe)
製作年2005年
①②監督・①②脚本・①製作総指揮②③製作アンドリュー・アダムソン
①②共同製作③製作総指揮・出演ダグラス・グレシャム(①ラジオ・アナウンサー②テルマール人の廷吏③奴隷商人)
プロダクション・デザインロジャー・フォード
クリエイティブ・スーパーバイザーリチャード・テイラー
特殊メイクアップ&クリーチャー・スーパーバイザーハワード・バーガー
レギュラー出演ウィリアム・モーズリー(長男ピーター・ペベンシー)、アナ・ポップルウェル(長女スーザン)、スキャンダー・ケインズ(次男エドマンド)、ジョージー・ヘンリー(次女ルーシー)、ティルダ・スウィントン(白い魔女)、シェーン・ランギ(①オトミン将軍②アステリウス&人オオカミ③タブロス)、リーアム・ニーソン(アスランの声)
テーマ曲アラニス・モリセット「ヴァンダーキンド」WUNDERKIND
出演ジュディ・マッキントッシュ(母ヘレン)、エリザベス・ホーソーン(マクレディさん)、ジム・ブロードベント(カーク教授)、ジェームズ・マカヴォイ(タムナスさん)、キラン・シャー(ジナーブリック)、ジェームズ・コスモ(サンタクロース)、パトリック・ケイク(オレイアス)、レイ・ウィンストン(ビーバーさんの声)、ドーン・フレンチ(ビーバー奥さんの声)、ルパート・エヴェレット(キツネの声)、キャメロン・ローディス(グリフィンの声)、フィリップ・ステュアー(馬フィリップの声)、シム・エヴァン・ジョーンズ(①オオカミの声②ピーピキークの声)
受賞第78回アカデミー賞メイクアップ賞
コピーナルニア歴1000年――
≪その国≫は春を奪われ、100年の冬に凍えていた…。
粗筋イギリス・アメリカ合作の映画。第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹は、戦火を逃れ、田舎の屋敷へと疎開する。末っ子のルーシーは、広大な屋敷の中で空き部屋に迷い込んだ。そこには重厚な“衣装だんす”。その扉を開けると…ルーシーは雪に覆われた森の中に立っていた。そこは、ナルニア──不思議な生きものたちが暮らす神秘の王国。偉大なる王アスランが作ったこの国は、美しく冷酷な“白い魔女”によって、今や永遠に春の来ない冬の世界に閉ざされていた。“白い魔女”への恐怖と心まで凍てつく冬世界で、ナルニアの住人たちはひたすらに待ち望んでいた――偉大なる王アスランの帰還と、 予言にある“ケア・パラベルの城の4つの王座の主が現れる時”を…。(パンフレットより) タムナスさんとルーシー白い魔女とエドマンドペベンシー兄妹アスラン
題名ナルニア国物語第2章カスピアン王子の角笛(The Chronicles of Narnia: Prince Caspian)
製作年2008年
出演ベン・バーンズ(カスピアン王子③)、セルジオ・カステリット(ミラース卿)、アリシア・ボラチェロ(プルナプリズミア)、ピーター・ディンクレイジ(トランプキン)、ワーウィック・デイヴィス(ニカブリク)、ヴィンセント・グラス(コルネリウス博士)、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ(グロゼール将軍)、ダミアン・アルカザール(ソペスピアン卿)、コーネル・S・ジョン(谷あらし)、ジャン・フィリペンスキー(天気てんくろう)、ケン・ストット(松露とりの声)、ハリー・グレッグソン=ウィリアムズ(枝渡りの声)、エディ・イザード(リーピチープの声)
コピーナルニア死す――
粗筋アメリカ・ポーランド・スロヴェニア・チェコ合作の映画。“闇”vs“光”  伝説の角笛が鳴り響く時、絶望の淵から、ナルニアの運命がひとりの王子に託された。
ペベンシー兄妹の治めた黄金時代から、1300年の歳月が流れたナルニア国。戦闘民族テルマール人に征服されたこの国に、もう魔法は存在しない。人間たちに迫害され生き残ったナルニアの民は、森に逃れ、歴史から葬られながら、この暗黒の闇の世界に再び光をもたらす者の出現を待ち続けていた。一方、テルマールの王宮では亡き王の弟ミラースが、正当な王位継承者カスピアン王子の暗殺を企てる。“伝説の四人の王”を呼び戻すと言われる魔法の角笛だけを手に、城から逃亡した美しき王子は、テルマール人が決して足を踏み入れない森の奥深くで、ナルニアの民と出逢う――その時、全ての運命がカスピアンの手に握られた。(チラシより)
題名ナルニア国物語第3章アスラン王と魔法の島(The Chronicles of Narnia: The Voyage of the Dawn Treader)
製作年2010年
監督マイケル・アプテッド
出演ウィル・ポールター(ユースチス・クラレンス・スクラブ)、ゲイリー・スウィート(ドリニアン卿)、テリー・ノリス(ベルン卿)、ブルース・スペンス(ループ卿)、ビリー・ブラウン(コリアキン)、ローラ・ブレント(リリアンディル)、コリン・ムーディ(競売人)、アーサー・エンジェル(ラインス)、アラベラ・モートン(ゲール)、ナサニエル・パーカー(カスピアンの父)、サイモン・ペグ(リーピチープの声)
備考アメリカ映画。

題名永遠(とわ)の愛に生きて(Shadowlands)
監督・製作リチャード・アッテンボロー製作年1993年
出演アンソニー・ホプキンス(C.S. ルイス)、エドワード・ハードウィック(兄ウォーニー)、デブラ・ウィンガー(ジョイ・グレシャム)、ジョセフ・マゼロ(ジョイの息子ダグラス)、ロディ・モード・ロクスビー、ジョン・ウッド、マイケル・デニソン、ピーター・ファース チラシ
受賞英国アカデミー賞(イギリス作品賞、主演男優賞)、ナショナル・ボード・オブ・レビュー(主演男優賞)、サウスイースタン映画批評家協会賞(主演男優賞)、ロサンゼルス映画批評家協会賞(主演男優賞)
コピー愛とはお互いの痛みを分かち合うもの。たとえそれが早すぎる死であっても…
童話作家C.S.ルイスとその妻ジョイの哀しくも美しい愛のトゥルー・ストーリー
粗筋アメリカ映画。原作はブライアン・シブリーの『影の国よ、さようなら』。 格調と権威の空気が支配するイギリス・オックスフォード。1952年。その学問の最高峰の中で、教鞭を取りながら神学に身を捧げ、同僚達や生徒に揶揄されようとも、学問の観念世界の中で生きてきたルイス。退任軍人の兄と暮らし、童話を書き上げ多くの読者を魅了してきたルイスの元にアメリカの詩人というジョイ・グレシャムが息子と共にやってくる。何事に付けても積極的ではっきりと自分の意見をいうジョイに、知的男性社会しか知らなかったルイスは戸惑いながらもひかれていく。しかし、ジョイは癌におかされていた。もう、彼女は助からない。そのことを知った時ルイスは初めて自分の気持ちを表す勇気を得、ジョイに結婚を申し込む。その時ダグラスは9才。かつてルイスが母親を失ったのと同じ年齢だった……(チラシより)

リンク

ナルニア国物ストア 「Amazon.co.jp」のページにリンクしています。

シネマでUK & Irelandを感じよう
ジャンル別作品紹介の「実話に基づいた作品」のページ(文学)に『永遠の愛に生きて』があります。

HOME