Astrid Lindgren

アストリッド・リンドグレーン

年譜

邦訳作品リスト
映画・TV

題名おてんばエヴァとスイートピー
製作年1988年
監督スタファン・ゲスタム
出演ザラ・ゼッタークヴィスト(エヴァ)、ハンナ・アルストロム(姉ベイリット)、エヴァ・ロス(グレタおばさん)、セシリア・ハグランド(エステルおばさん)、マッツ・バーグマン(エリクソンさん)
題名ぴちぴちカイサとクリスマスのひみつ
製作年1989年
監督ダニエル・ベルイマン
出演マチルダ・リンドグレーン(カイサ)、マジリス・グランルンド(おばあちゃん)、ハリエット・アンダーソン(ラーションさん)、ブリジッタ・アンダーソン(ブーマンさん)、インゲル・ニルセン(ジュリアナ)
備考スウェーデンの短編映画

題名おもしろ荘の子どもたち
製作年1980年
監督ゴーラン・グラフマン
出演ヨンナ・リリエンダール(マディケン)、リブ・アルスタールンド(リサベット)、ビヨルン・グラナス(お父さん)、モニカ・ノルドクエスト(お母さん)、リズ・ニヘルム(アルバ)、ビルギッタ・アンダーソン(ニルソン夫人)、アラン・エドワール(ニルソン氏)、ビヨルン・グスタフソン(医師)
題名川のほとりのおもしろ荘
製作年1979年
備考スウェーデン映画

題名カッレくんの冒険
製作年1996年
監督・脚本ヨーラン・カームバック
レギュラー出演マルテ・フォースベリィ(カッレ・ブルムクヴィスト)、ジョセフィン・オーリング(エーヴァ・ロッタ)、トッテ・ステンビー(アンデス)、ビクター・サンドベリィ(シックステン)、ボボ・ステンビー(ベンカ)、ヨハン・スタティン(ユンテ)、ペーター・アンドレッソン(ストランド警部)、クラース・マルムベリィ(ビョルク巡査)
題名名探偵カッレとスパイ団
製作年1997年
出演ウィリアム・スヴェドベリィ(ラスムス)、ピエール・リンドステット(ニッケ)
備考スウェーデン映画

題名山賊のむすめローニャ
製作年1984年
監督タージェ・ダニエルソン
出演ハンナ・ツェッテルベリ(ローニャ)、ダン・ハフストレム(ビルク)、ボリエ・アールステット(マッティス)、レナ・ニーマン(ロヴィス)、パール・オスカーソン(ボルカ)、メド・レヴェントベリィ(ウンディス)、アラン・エドヴァル(スカッレ・ペール)、トミー・コールベリィ(リル・クリッペン)
受賞第35回ベルリン国際映画祭(独創的な映画賞)
備考スウェーデン・ノルウェー合作映画

題名長くつ下のピッピ
製作年1970年
監督オル・ヘルボム
脚本リンドグレーン
出演インゲル・ニルセン(長くつ下のピッピ)、ペール・スンドベルイ(トミー)、マリア・ペーション(アニカ)、フレドリック・オールソン(セッテルグレーン氏)、ハンス・アルフレッドソン(コンラッド)、ベッペ・ウォルゲルス(父エフライム・長くつした船長)
備考スウェーデン・西ドイツ合作映画

題名長くつ下ピッピの冒険物語(The New Adventures of Pippi Longstocking)
製作年1988年
監督・脚本ケン・アナキン
SFXディック・パーカー
出演タミー・エリン(長くつ下のピッピ)、デビッド・シーマン・Jr(トミー)、アイリーン・ブレナン(ミス・バニスター)、デニス・デューガン(セチングレー氏)、ダイアン・ハル(セチングレー夫人)、ジョージ・ディ・センゾ(ブラックハート氏)、ジョン・シャック(エフリアム船長)
コピー春に向って駆けてきます――少女はピッピ、世界一の力持ち!
粗筋ピッピは“ごたごた荘”の愉快な動物の仲間ニールソンとアルフォンソを連れ、リンゴ箱で創った飛行機で南の島へと向かいます。そこにはピッピが一番会いたがっている黒人の王様をしているお父さんが待っているのでしょうか!?
構想5年、製作2年をかけて完全映画化。ピッピ役は18000人の中から選ばれた。(チラシより)

題名長くつ下のピッピ製作年1997年
監督クライブ・スミスキャラクターデザインフランク・ニッセン
コピー世界一!力持ちの女の子 ピッピと仲間たちの大冒険!
粗筋チラシ スウェーデン・ドイツ・カナダ合作の長編アニメーション。製作費15億円をかけて初アニメ化。
ピッピは、とっても元気で、イタズラ好きな女の子。赤毛のお下げに、左右色ちがいの長くつ下。家族は、猿のニルソンと馬のホースだけ。お父さんの長くつ下船長が、一緒に世界中を旅している途中、嵐の中、船から投げ出されて行方不明になってしまったのです。“ゴタゴタ荘”でお父さんの帰りを待ってます。隣に住むトミーとアニカ兄妹とすぐに友達になります。気ままな生活をしているピッピ――。“ゴタゴタ荘”の金庫に金貨がいっぱい詰まっていることを知った泥棒達が、金貨を奪おうと考えたからさあ大変!どんな仕掛けで泥棒を退散させるのか楽しみ。ピッピが巻き起こす、奇想天外な大騒動。何かがおこります…。(チラシより)

題名なまいきチョルベンと水夫さん(わたしたちの島で/わんぱくアザラシのモーセ)
製作年1964年
監督オッレ・ヘルボム
原作・脚本アストリッド・リンドグレーン『わたしたちの島で』
出演マリア・ヨハンソン(チョルベン)、エヴァ・スティーベリィ(母メルタ)、ベングド・エクルンド(父ニッセ)、ビッテ・ウルヴスコーグ(姉フレディ)、リッレモール・エステルルンド(姉テディ)、クリスティーナ・イェムトマルク(スティーナ)、シッゲ・フィシェル(スティーナの祖父)、ステフェン・リンドホルム(ペッレ)、トシュテン・リリエクローナ(ペッレの父メルケル)、ルイーズ・エドリンド(ペッレの姉マーリン)、ウルバン・ストランド(ペッレの兄ニクラス)、ビョルン・セーデルベック(ペッレの兄ヨハン)、トシュテン・ヴォルンド(ペーテル)、マンネ・グルンベリエル(漁師ヴェステルマン)、
備考スウェーデン映画

題名ペーテルとペトラ
製作年1989年
監督アニエッタ・エレース・ヤールマン
出演ジョシュア・ペットソンク(グンナル)、ペール・エガース(グンナルのパパ)、バルブロ・ラルソン(グンナルのママ)、アン・ペトレン(ペーターション先生)、カーレ・ソーレン(ペーテル)、エバ・ソーヤ・ベルグレン(ペトラ)、ビルギッタ・ヴァルベルイ(おばあちゃん)
備考スウェーデン映画

題名ミオとミラミス/勇者の剣(Mio min Mio)
製作年1987年
監督ウラディミール・グラマティコフ
出演ティモシー・ボトムス(王様)、スザンナ・ヨーク、クリストファー・リー(カトー)、ニコラス・ピッカード(ボッセ&ミオ)、クリスチャン・ベール(ユムユム)、ジェフリー・ステイン(魔神)
備考原作『ミオよ わたしのミオ』

題名やかまし村の子どもたち(Alla vi barn i Bullerbyn)
製作年1986年
監督ラッセ・ハルストレム
脚本アストリッド・リンドグレーン
出演リンダ・ベリーストレム(リサ)、クリスピン・ディクソン・ベンデニウス(兄ラッセ)、ヘンリク・ラーション(兄ボッセ)、エレン・デメリュース(ブリッタ)、アンナ・サーリン(アンナ)、ハーランド・レンブルー(オッレ)
粗筋やかまし村は赤い屋根の家が3軒だけの小さな村。リサ、ラッセ、ボッセ、隣のオッレ、その隣のブリッタとアンナの6人の子供たちは、兄弟みたいにいつも仲良し。森と湖に囲まれたスウェーデンの美しい自然の中で、子どもたちがいきいきと飛び回る姿が、画面を通して私たちに感動をあたえてくれます。(チラシより)
題名やかまし村の春・夏・秋・冬(Mer om oss barn i Bullerbyn)
粗筋「やかまし村の子供たち」シリーズ第二弾。やかまし村に初めての雪が降りました。待ち焦がれた冬、クリスマスの季節です。イブの夜のパーティ、眠らずに待つ新年の訪れ。寒くても子どもたちは元気いっぱい。そして雪解けの春…。美しい自然を背景に、四季の彩りの中で遊ぶ子どもたちの姿がとっても感動的!(チラシより)

題名ラスムスくんの幸せをさがして
製作年1981年
監督・製作オル・ヘルボム、ロルフ・ハスバーグ
原作・脚本アストリッド・リンドグレーン『さすらいの孤児ラスムス』
出演エリック・リンドグレーン(ラスムス)、アラン・エンドワール(オスカル)、エミー・ストーム(ミス・ホック)、パル・スティーン(グンナル)、レナ・ブログレン(マルティナ)
コピーさあ、一緒にいこう!
粗筋僕はラスムス。パパやママがどこにいるかは知らないんだ。一緒に生活している友だちや大親友のグンナルとは、いつもいたずらばかりして寮母の先生から叱られてる。パパたちが僕を迎えにくることに待ちくたびれたある日、僕は孤児院を飛び出してしまった。旅の途中で出会ったオスカルは、アコーディオンとハーモニカで歌いながら街を旅する陽気な風来坊。一緒に旅を始めた僕らには、いろんな出来事が待ちかまえていた。さあ、僕と一緒に旅に出よう!(チラシより)

題名ロッタちゃんと赤いじてんしゃ
製作年1992年
監督・脚本ヨハンナ・ハルド
レギュラー主演グレテ・ハヴネショルド(ロッタ)、マルティン・アンデション(兄ヨナス)、リン・グロッペスタード(姉ミア)、ベアトリース・イェールオース(ママ)、クラース・マルムベリィ(パパ)、マルグレット・ヴェイヴェルス(ベルイ夫人)
コピースウェーデンからやってきた、笑顔と優しさのハッピー・パラダイス
粗筋原作は『ちいさいロッタちゃん』、『ロッタちゃんとじてんしゃ』。
ある雨の朝、風邪をひいてしまったロッタちゃん。ヨナスとミアと一緒に買い物に行きたいのにママは許してくれません。でも、がまんできない彼女は黄色いレインコートを着て雨の中へ飛びだしていきました…。 ピクニック。ニイマン家はパパの運転する車で湖へ向かいます。でも、バムセは行方不明になるは、ヨナスは湖に落ちて溺れそうになるは大騒ぎ。でも、ロッタちゃんは大喜び。 今日はロッタの誕生日。三輪車じゃなく自転車が欲しいロッタちゃんは、お隣のベルイおばさんの物置から大人用の大きな自転車を持ちだして乗ろうとしますが、自転車が勝手に走りだしてサァ大変! 夏休み。一家は列車に乗っておじいさんとおばあさんが住む田舎へ出かけます。でも、ロッタちゃんは子供扱いされてなんだか御機嫌ななめ。(チラシより)
題名ロッタちゃん はじめてのおつかい
製作年1993年
出演レンゾ・スピネッティ(バシリス)、ピエール・リンドステット(フランソン)、グンヴォール・ポンテーン(ブロムグレン夫人)、ユーワン・ラベーウス(トラック運転手)
コピーこれがアタシの生きる道。
スウェーデンからやってきた、とびきりキュートなミラクル・ピクチャー
粗筋原作は『ロッタちゃんのひっこし』、『ロッタちゃんとクリスマスツリー』、『ロッタのひみつのおくりもの』3話のオムニバス形式。
ロッタちゃんは5歳。ある朝、おかあさんが出してくれたセーターがチクチクするといって、ハサミで切り刻んでしまった彼女は、なんだか気まずくなってお隣のベルイおばさんの家へ家出をしてしまいます。 クリスマス。パパがツリーを買いそびれてしまいました。お兄さんもお姉さんも、泣いてばかりいるけれど、ロッタちゃんはあきらめません! 復活祭。パパがまた復活祭のお菓子を買い忘れてしまいました。お兄さんもお姉さんもしょんぼりしているばかりだけれど、ロッタちゃんには名案がありました。そして、彼女の活躍でロッタちゃんの家にすてきな奇跡が起こります…。(チラシより)

リンク

Lilla Sverige
Sverige(スウェーデンってどこにあるの、スウェーデンと言えば、著名人、食べ物、文学作品、スウェーデンに関する本)

ミステリー・推理小説データベース Aga-Search
海外ミステリー作家(略歴、作家ファイル、関連リンク、著作リスト)

HOME