まそお なな

真朱那奈
     真夏の夜半生まれ、AB型。慶應義塾大学卒業後、金融機関に勤務。
     中学時分から馴染んでいるタロットをはじめ、各種占いマニア。

     2007年 『月の姫巫女が予言する』を第3回B's-LOG文庫新人賞に応募し、佳作を受賞する。

     2008年5月 <天啓のパルティア>シリーズの第一巻『月の姫巫女が予言する』を出版してデビュー、第10回えんため大賞ガールズノベルズ部門佳作受賞。
     8月 <天啓のパルティア>シリーズの第二巻『暁の魔女は夢をみる』を出版する。
     11月 <天啓のパルティア>シリーズの第三巻『時の女神が戴冠する』を出版する。

     2009年8月 『千年守護者―いにしえの銀 とこしえの恋』を出版する。
     9月 <天啓のパルティア>シリーズの第四巻『黄昏の王が舞い降りる』を出版する。

     2010年3月 <天啓のパルティア>シリーズの第五巻『星の花嫁が祝福する』を出版する。
     7月 『奇跡泥棒と乙女の祈り』を出版する。

     参考図書:『月の姫巫女が予言する』ビーズログ文庫
著作リスト

<天啓のパルティア>シリーズ全5巻 (薄葉カゲロー イラスト エンターブレイン ビーズログ文庫)

『月の姫巫女が予言する』第一巻。2008年5月 銀赤の髪に紅玉の瞳。満月の夜に受けた天啓を、次の新月の朝に予言として王家に伝える月の姫巫女・パルティアの困った癖は、新月までは誰にも口外できない不吉な予言を放っておけず、なんとか阻止しようと無理をしでかすこと。破天荒な当代姫巫女に、婚約者であるルンゲート国皇太子・ハルバートはハラハラさせられっぱなしだ。そんな中、新たに巡ってきた天啓の夜に下されたのは、王家断絶を暗示する、この上なく不吉な予言で――!?第10回えんため大賞ガールズ部門佳作受賞作が堂々登場!(裏表紙より)

『暁の魔女は夢をみる』第二巻。2008年8月 月の託宣を受け、帝国ルンゲートの未来を占う十四歳の姫巫女パルティア。ここ最近は不吉な予言を阻止するために無謀な行動に走ることもなく、婚約者のハルバートの心は穏やかだ。新しい侍女に「白き箱庭」で仲の良かった元聖女のメルキアがついて、パルティアの周囲も少しずつ変化するなか、年に一度の“満潮祭”が始まった。国を挙げて祝う祭の裏側で不穏に暴走し始めた月の予言と、姫巫女を狙う黒幕の存在に気づく者は誰ひとりとしておらず……!?えんため大賞デビュー作、絶賛御礼の第二弾!(裏表紙より)

『時の女神が戴冠する』第三巻。2008年11月 二カ月後に皇太子ハルバートの成人の儀を控え、活気づくプリガン。一方パルティアは十五歳になり、月の姫巫女の生誕を寿ぐ盛大な宴には、懐かしい吟遊詩人のラグーも訪れた。しかし、嬉しい再会を果たしたその宴の最中、皇帝タータスが余興の狩りで「虹色の毒蛇」に噛まれ、危篤に!もし今皇帝が崩御したら、未成年のハルバートに皇位を継ぐ資格はない。事態は急速に不穏な方向に傾いて――!?パルティアの「決して外れない予言」が破られる!?ロマンスも陰謀も急展開の大好評シリーズ第三弾!(裏表紙より)

『黄昏の王が舞い降りる』第四巻。2009年9月 成人の儀を終え、正当な皇位継承権を得たハルバート。蛇毒が癒えきらぬ皇帝の代理で多忙を極め、なかなか会えない婚約者に、月の姫巫女パルティアは心配しつつもちょっぴりご機嫌斜めだ。そんな時、宮殿のお嬢様達のお茶会に、ガイエン大公の許婚だという少女が乱入してきた。彼女にいきなり“決闘”を申し込まれたパルティアは――!?ハルバートの秘密、セリオンの使命、パルティアの記憶……ガイエンの策謀により明かされていく真実に、恋人たちの絆は揺らいで!?風雲急を告げる第四弾!(裏表紙より)

『星の花嫁が祝福する』第五巻。2010年3月 ≪黄昏の王≫セリオンが眠りにつき、≪母なる原始の竜≫が目を覚ます――ガイエンの陰謀により、世界の終焉は着実に近づきつつある。震災に喘ぐ大陸を救う策を求めて、ラグーのいるフェンデネルへと向かうパルティア。ルンゲートに留まるハルバートのためにも交渉は成功させねばならない。重圧に押し潰されそうなパルティアに、ラグーの義妹である王女カトァシャは意外な提案を持ちかけるが……?世界を存続させる手段も確信も持たぬまま、人々は「審判の時」を迎えてしまうのか!?感動の完結編!!(裏表紙より)

『奇跡泥棒と乙女(ピユセル)の祈り』香坂ゆう イラスト エンターブレイン ビーズログ文庫 2010年7月

『千年守護者―いにしえの銀 とこしえの恋』坂本あきら イラスト エンターブレイン ビーズログ文庫 2009年8月

HOME