Robert Muchamore

ロバート・マカモア
     1972年12月26日 英国のロンドンで生まれる。
     私立探偵として活躍していたが、「読みたい本がない」というおいっ子の不満を聞いて<チェラブ・シリーズ>を書く。

     2004年(32歳) <チェラブ・シリーズ>(12巻)の第一巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 1―スカウト』(The Recruit)を出版すると
     ベストセラーとなり、イギリスの子どもたちが選ぶチルドレンズ・ブック賞ほか、多くの賞を獲得した。
     第二巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 2―クラスA』(Class A)を出版する。

     2005年(33歳) <チェラブ・シリーズ>の第三巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 3―脱獄』(Maximum Security)と
     第四巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 4―大もうけ』(The Killing)を出版する。

     2006年(34歳) <チェラブ・シリーズ>の第五巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 5―マインド・コントロール』(Divine Madness)と
     第六巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 6―リベンジ』(Man vs Beast)を出版する。

     2007年(35歳) <チェラブ・シリーズ>の第七巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 7―疑惑』(The Fall)と
     第八巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 8―ギャング戦争』(Mad Dogs)を出版する。

     2008年(36歳) <チェラブ・シリーズ>の第九巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 9―クラッシュ』(The Sleepwalker)と
     第十巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 10―リスク』(The General)を出版する。

     2009年(37歳) <チェラブ・シリーズ>の第十一巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 11』(Brigands MC)を出版する。

     2010年(38歳) <チェラブ・シリーズ>第十二巻『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 12』(Shadow Wave)を出版する。

     13年間、探偵の仕事をつづけたのち、現在はロンドンで作家業に専念している。

     参考図書:『英国情報局秘密組織 mission 1―スカウト』大澤晶 訳 ほるぷ出版
邦訳作品リスト

<チェラブ・シリーズ>Cherub 全12巻 (大澤晶 訳 ほるぷ出版) スパイ・アクションシリーズ。

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 1―スカウト』ほるぷ出版 2008年2月 両親を失ったジェームズは最愛の妹ローレンとも会えなくなり、つらい毎日をおくっていた。そんなジェームズの前に、CHERUB(チェラブ)を名乗る組織があらわれる。チェラブは、子どものスパイ機関。大人では果たせないようなミッションを果たす、英国情報局の裏の組織だ。そこで活躍するスパイは、皆17歳以下。ジェームズたちの危険な任務が、いま、はじまろうとしている――。(カバーより)

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 2―クラスA』ほるぷ出版 2008年2月 英国情報局の裏の組織、CHERUB(チェラブ)は、17歳以下の子どもが活躍する極秘のスパイ機関。そのチェラブのエージェント、ジェームズ、ケリー、カイル、ニコールの4人は、国内最大級の麻薬密売組織、KMGの捜査のため、KMGの本拠地がある街へ派遣された。そこでの任務は、KMGのボス、キース・ムーアの4人の子どもたちに接触して情報をさぐること。困難なうえに危険な任務に、ジェームズたちは力をつくすが――。(カバーより)

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 3―脱獄』ほるぷ出版 2008年8月 10歳のローレンは、厳しい入組織訓練の最終テストを受けていた。一方、兄のジェームズは、国際的な武器密輸商人の情報をさぐるため、アリゾナ重警備刑務所――通称アリゾナマックスに潜入し、商人の息子と接触せよ、とのミッションを受ける。ローレンや仲間のエージェントたちと協力しながら、危険度の高い極秘ミッションに乗りだすジェームズだったが……。(カバーより)

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 4―大もうけ』ほるぷ出版 2009年2月 警察からの要請で、チェラブのエージェント、ジェームズとデーヴは近ごろ急にはぶりが良くなった中古車店経営者のもとへ送りこまれた。あやしげな金の出所をさぐれ、という、ごく単純な任務だ。だが調べていくうちに、一年前に謎の転落死をとげた18歳の青年の事件もからんで、事態は予期せぬ方向へ……。(カバーより)

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 5―マインド・コントロール』ほるぷ出版 2009年10月

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 6―リベンジ』ほるぷ出版 2010年8月

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 7―疑惑』ほるぷ出版 2011年8月

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 8―ギャング戦争』ほるぷ出版 2012年12月

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 9―クラッシュ』ほるぷ出版 2013年12月

『英国情報局秘密組織 CHERUB mission 10―リスク』ほるぷ出版 2014年12月

HOME