なぎの ゆいら

薙野ゆいら
     6月29日生まれ、A型。好きな歴史人物はリチャード3世。

     2005年 『神語りの茶会』第4回角川ビーンズ小説大賞奨励賞を受賞する。

     2007年3月 <神語りの玉座>シリーズの第一巻『星は導の剣をかかげ』を出版する。
     8月 <神語りの玉座>シリーズの第二巻『月はさだめの矢をつがえ』を出版する。

     2008年3月 <神語りの玉座>シリーズの第三巻『夜明けを告げる火がともる』を出版する。
     12月 <金蘭の王国>シリーズの第一巻『君とはじまりの約束を』を出版する。

     2009年4月 <金蘭の王国>シリーズの第二巻『恋の嵐は王宮に吹いて』を出版する。
     9月 <金蘭の王国>シリーズの第三巻『月満ちる鏡の里へ』を出版する。

     2010年1月 <金蘭の王国>シリーズの第四巻『君想う夜に夢の花は咲く』を出版する。
     5月 <金蘭の王国>シリーズの第五巻『約束の日は遥かに』を出版する。

     2011年5月 <魔法書の姫は恋をする>シリーズの第一巻『はじまりのキス』を出版する。
     9月 <魔法書の姫は恋をする>シリーズの第二巻『守護者の誓い』を出版する。

     2012年2月 <魔法書の姫は恋をする>シリーズの第三巻『永遠の証』を出版する。

     参考図書:『金蘭の王国―君とはじまりの約束を』角川書店
著作リスト

<神語りの玉座>シリーズ全3巻 (ひびき玲音 イラスト 角川書店 角川ビーンズ文庫) 
おれは、おまえの生涯の友たることを誓う!!少年たちのヒロイック・ダンタジー!(奥付広告より)

『星は導の剣をかかげ』第一巻。2007年3月
『月はさだめの矢をつがえ』第二巻。2007年8月
『夜明けを告げる火がともる』第三巻。2008年3月

<金蘭の王国>シリーズ全5巻 (香坂ゆう イラスト 角川書店 角川ビーンズ文庫)

『君とはじまりの約束を』第一巻。2008年12月 大貴族の姫君・綺理は、毒薬の調合が趣味(!)の元気な少女。親が決めた許婚である王弟・冬惺のことがひそかに気になっている…のだが、全然意識されていないのが悩みの種。そんな中、国北部で淵妖と呼ばれる妖の被害が続出。綺理は冬惺と、幼なじみの乾術師・翔波と共に淵妖退治の旅に出る。だが三人には幼い頃誤って謎の淵妖・真羅(今は美少年姿)と契約してしまったという秘密があって!?豪華絢爛アジアン・ファンタジー!(裏表紙より)

『恋の嵐は王宮に吹いて』第二巻。2009年4月 大貴族の姫・綺理と王弟の冬惺は幼なじみ兼、親の決めた許婚。だが突然、隣国の明花公女と冬惺の縁談が持ち上がり、王宮は大騒ぎ。綺理は冬惺に一目惚れした明花と、互いの国や家の威信をかけた一大ラブバトルを繰り広げるハメになり、あげくの果ては父に「色仕掛けで冬惺を陥落しろ!」とけしかけられる始末。さらにそれに乗じ、敵の紅楓家が策謀を巡らしているとの報が届き!?花の王宮も大波乱、豪華絢爛アジアン・ファンタジー!!(裏表紙より)

『月満ちる鏡の里へ』第三巻。2009年9月 「綺理がよくても、僕が納得できない――」ついに正式な婚約式を行うことになった綺理と冬惺。だが相変わらず恋愛音痴な冬惺相手に、「もう幼なじみの『好き』でもいいかなって…」と笑う綺理を見ると、冬惺の従者・翔波は心穏やかでない。そんな中、化け物に襲われる鏡作の里人が、助けを求めやって来る。化け物を封印するため翔波は、神宝「月氷澄の鏡」継承の儀にのぞむことに。その裏では、敵の若き名将・空騅の影がちらついていて!?(裏表紙より)

『君想う夜に夢の花は咲く』第四巻。2010年1月

『約束の日は遥かに』第五巻。2010年5月

<魔法書の姫は恋をする>シリーズ全3巻 (もぎたて林檎 イラスト 角川書店 角川ビーンズ文庫)

『はじまりのキス』第一巻。2011年5月
『守護者の誓い』第二巻。2011年9月
『永遠の証』第三巻。2012年2月

HOME