Mary Norton

メアリー・ノートン
     1903年12月10日 ロンドンで生まれる。

     1905年(2歳) 十六世紀の詩人エドマンド・スペンサーを先祖にもつ父親のゆかりの地、ベドフォード州のレイトン・バザードに移る。

     修道院経営の学校で少女時代を過ごした後、ヨーロッパを旅行し、ロンドンに出てオールド・ヴィッグ座に入り、女優になる。
     この時の経験は彼女の人生と著作に大きな影響を及ぼしたそうです。

     1927年(24歳) 裕福な船会社経営者ロバート・ノートンと結婚し、ポルトガルに住む。二男二女をもうけた。
     夫の家は代々海運業を営んでいたが、第一次世界大戦(1914年〜1918年)後の不況で業績不振となり、いろいろ事業をかえてもうまくいかなかった。

     1929年(26歳) 大恐慌で会社が倒産した夫は、ポルトガルのイギリス大使館で働くようになる。
     夫を残して子供たちをイギリスに連れ帰り、ロンドンで役所勤めをする。

     1939年(36歳) 第二次世界大戦(〜1945年)になり、夫が海軍に入隊する。

     1942年(39歳) ドイツの脅威が増していくのを避けるために、アメリカに移ってニューヨークに住み、アメリカで物資調達にあたるイギリス政府の出先機関に職を得る。
     不足がちな収入を補うため、子供たちが寝た後、短編小説、雑誌の記事、ポルトガル語からの翻訳などを
     書いて家計の助けにしたようです。その合い間に子供たちに話して聞かせていた物語が『魔法のベッド南の島へ』に結実した。

     1943年(40歳) 空爆のさなかにロンドンに帰り、生活のために再び舞台女優となり、映画やラジオにも出演するかたわら著作活動も続ける。
     児童書の第一作『魔法のベッド南の島へ』(The Magic Bed-Knob)をアメリカで出版し(1945年にイギリスで出版)、戦後の英語圏のファンタジーの扉を開いて、
     第二次世界大戦後のイギリスの児童文学の先駆者として評価される。

     1945年(42歳) 第二次世界大戦後、イギリスの各地を転々とし、困難な生活を送った模様です。

     1947年(44歳) 続編『魔法のベッド過去の国へ』(Bonfires and Broomsticks)を出版する。

     1952年(49歳) 『床下の小人たち』(原題「借り暮らしの小人たち」The Borrowers)を出版し、カーネギー賞を受賞する。

     1955年(52歳) <小人の冒険>シリーズの第二巻『野に出た小人たち』(The Borrowers Afield)を出版する。

     1957年(54歳) 『魔法のベッド南の島へ』と『魔法のベッド過去の国へ』の一部を書き直してまとめた『Bed-Knob and Broomsticks』を出版する。

     1959年(56歳) <小人の冒険>シリーズの第三巻『川をくだる小人たち』(The Borrowers Afloat)を出版する。

     1961年(58歳) <小人の冒険>シリーズの第四巻『空をとぶ小人たち』(The Borrowers Aloft)を出版する。

     1970年(67歳) 再婚する。

     1971年(68歳) アメリカ・イギリス合作のミュージカル映画「ベッドかざりとほうき」(ロバート・スティーヴンソン監督、アンジェラ・ランズベリー主演)が
     公開され、第44回アカデミー賞特殊視覚効果賞を受賞する。

     1972年(69歳) 作家の税金が軽いアイルランドに移り何年かを過ごした後、イギリスに帰る。

     1975年(72歳) 昔話の登場人物たちが活躍する『どっこい巨人は生きていた』(Are All the Giants Dead?)を出版する。

     1982年(79歳) <小人の冒険>シリーズの第五巻『小人たちの新しい家』(The Borrowers Avenged)を出版する。

     1992年8月29日 北デボンのハートランドで死去、享年88歳。
     イギリスのTVM「床下の小さな住人たち」(ジョン・ヘンダーソン監督)が全6話放映される。

     1997年 イギリス・アメリカ合作の映画「ボロワーズ/床下の小さな住人たち」(ピーター・ヒューイット監督)が公開される。

     2010年7月17日 ジブリの劇場アニメ映画「借りぐらしのアリエッティ」(米林宏昌 監督)が公開される。

     参考図書:『床下の小人たち』『空をとぶ小人たち』林容吉 訳 岩波少年文庫
邦訳作品リスト

<小人の冒険>シリーズ全5巻 (林容吉・猪熊葉子 訳 ダイアナ・スタンレー絵 岩波書店)

『床下の小人たち』第一巻。 『野に出た小人たち』第二巻。 『川をくだる小人たち』第三巻。 『空をとぶ小人たち』第四巻。 『小人たちの新しい家』第五巻。

『借りぐらしのアリエッティ』スタジオジブリ 編 小学館 ムック ジス・イズ・アニメーション 2010年7月

『少年と少女の一週間 借りぐらしのアリエッティ ガイドブック』スタジオジブリ 監修 ニュータイプ編集部 編 角川書店 2010年7月

『借りぐらしのアリエッティ』米林宏昌 監修 宮崎駿・丹羽圭子 脚本 徳間書店 スタジオジブリ絵コンテ全集 2010年7月

『借りぐらしのアリエッティ』アニメージュ編集部 編 徳間書店 アニメージュコミックス 2010年8月

『借りぐらしのアリエッティ』徳間アニメ絵本 2010年8月


<空とぶベッドと魔法のほうき>シリーズ全2巻
『魔法のベッド南の島へ』第一巻。 『魔法のベッド過去の国へ』第二巻。 『どっこい巨人は生きていた』猪熊葉子 訳 ブライアン・フラウド 絵 岩波書店 1999年2月

映画

題名借りぐらしのアリエッティ製作年2010年
監督米林宏昌
脚本宮崎駿
声の出演志田未来(アリエッティ)、神木隆之介(翔)、大竹しのぶ(アリエッティの母ホミリー)、竹下景子(翔のおばあさんの妹 貞子)、藤原竜也(スピラー)、三浦友和 (アリエッティの父ポッド)、樹木希林 (貞子さんの家のお手伝いさん ハル)
主題歌セシル・コルベル「Arietty's Song」
備考ジブリの劇場アニメ映画。原作『床下の小人たち』を現代の日本を舞台にして翻案。

HOME