Kenneth Oppel

ケネス・オッペル
     1967年 カナダ、ブリティッシュコロンビア州バンクーバー島のポートアルバーニで生まれる。四歳年上の兄がいる。
     子供時代の大部分をヴィクトリア州都、 ノバスコシア州ハリファックスで過ごす。
     子供の頃から本に囲まれて育ち、自然に言葉や物語作りに興味を持つようになる。
     小学校時代から作文が大好きで、家でもほとんどの時間を創作に費やす。

     1979年(12歳)頃 作家を志す。

     1981年(14歳)夏休み 小説を書きはじめる。

     1982年(15歳)夏休み 小説を書き直す。
     家族の知人が作家ロアルド・ダールの友達で、オッペルの小説の原稿をダールに預ける。それを読んだダールは原稿を自分の出版エージェントに渡し、買い取られることになった。

     1985年(18歳) 『Colin's Fantastic Video Adventure』を出版して作家デビューする。

     1997年(30歳) <銀翼のコウモリ>シリーズ(全3巻)の第一巻『シルバーウィング』(Silverwing)を出版する。

     1999年(32歳) <銀翼のコウモリ>シリーズの第二巻『サンウィング』(Sunwing)を出版する。

     2002年(35歳) <銀翼のコウモリ>シリーズの第三巻『ファイアーウィング』(Firewing)を出版する。

     2004年(37歳) <エアボーン>シリーズの第一巻『エアボーン』(Airborn)を出版する。献辞「フィリッパ、ソフィア、そしてネイトに」
     カナダ、アメリカ、イギリスで絶大な人気を博し、数々の賞を受賞。映画化も決定。
      TVアニメ・シリーズ「シルバーウィング」(バンクーバーのバーデル・エンタテインメント社が製作)が放映される。

     2006年(39歳) <エアボーン>シリーズの第二巻『スカイブレイカー』(Skybreaker)を出版する。献辞「ジュリア・ベアトリス・オッペルに」
     アストリッド・リンドグレーン記念文学賞にノミネートされる。

     2007年(40歳) 6500万年前が舞台のコウモリが主人公の物語『Darkwing』を出版する。

     2008年(41歳) <エアボーン>シリーズの第三巻『Starclimber』を出版する。

     2011年(44歳) <ヴィクター・フランケンシュタイ>シリーズの第一巻『フランケンシュタイン家の双子』(This Dark Endeavor)を出版する。

     2012年(45歳) <ヴィクター・フランケンシュタイ>シリーズの第二巻『Such Wicked Intent』を出版する。

     カナダの児童文学作家。児童・ヤングアダルト向け小説22作、一般向け小説1作を発表、カナダなどで多数の賞を受賞している。

     参考図書:『スカイブレイカー』原田勝 訳 小学館
邦訳作品リスト


<銀翼のコウモリ>シリーズSilverwing 全3巻 (嶋田水子 訳 小学館)
『シルバーウィング』小学館 2004年11月
『サンウィング』小学館 2005年4月
『ファイアーウィング』小学館 2005年8月

<エアボーン>シリーズAirborn 3巻 (原田勝 訳 小学館)
『エアボーン』小学館 2006年7月
『スカイブレイカー』小学館 2007年7月

<ヴィクター・フランケンシュタイ>シリーズThe Apprenticeship of Victor Frankenstein 2巻 (原田勝 訳 東京創元社 創元推理文庫)
『フランケンシュタイン家の双子』創元推理文庫 2013年4月

HOME