Tamora Pierce

タモラ・ピアス
     1954年12月13日 アメリカ合衆国ペンシルバニア州で、三人姉妹の長女として生まれる。
     両親が離婚したり、生活が困難になったり、苦労も覚えながらも物語を綴って成長する。

     ペンシルバニア大学を卒業する。社会福祉、映画、心理学を専攻。
     ラジオ製作会社のチーフライター、投資銀行の秘書など、さまざまな仕事についた後、作家になる。

     1980年頃(26歳) 大人向けに書いた冒険ファンタジー<女騎士・アランナ>シリーズが出版社に認められ、子供向け
     の四部作に書き直す。

     1983年(29歳) <女騎士・アランナ>(四部作)の第一巻『冒険のはじまりしとき』(Alanna: The First Adventure)
     を出版して作家デビューする。すぐ下の妹がアランナのモデルになっているそうです。

     1984年(30歳) <女騎士・アランナ>の第ニ巻『女神に守られて』(In the Hand of the Goddess)を出版する。  
 
     1986年(32歳) <女騎士・アランナ>の第三巻『砂漠を駆けぬける女』(The Woman who Rides Like a Man)を出版する。  

     1988年(34歳) <女騎士・アランナ>の第四巻『伝説の宝石』(Lioness Rampant)を出版する。  

     1992年(38歳) 四部作の第一巻『Wild Magic』を出版する。

     1997年(43歳) <サークル・マジック>(四部作)の第一巻『サンドリと光の糸』(Sandry's Book)を出版する。

     1998年(44歳) <サークル・マジック>の第ニ巻『トリスと稲妻の矢』(Tris's Book)と第三巻『ダジャと炎の絆』(Daja's Book)を出版する。

     1999年(45歳) <サークル・マジック>の第四巻『ブライアーと癒しの木』(Briar's Book)を出版する。

     2003年(49歳) <女騎士アランナの娘>の第一巻『きまぐれな神との賭けがはじまる』『守るべき希望』(Trickster's Choice)を出版する。

     2004年(50歳) <女騎士アランナの娘>の第ニ巻『動きだす運命の歯車』『預言されし女王』(Trickster's Queen)を出版する。

     現在 夫ティム・リーベとニューヨークに住む。

     アメリカで大人気の十代の子供向けファンタジー作家。5シリーズ20作品を出版。

     参考図書:『伝説の宝石―女騎士・アランナW』本間裕子 訳 PHP研究所
邦訳作品リスト

<女騎士・アランナ>シリーズThe Song of the Lioness 四部作(本間裕子 訳 奥田みき カバー絵 PHP研究所)

『冒険のはじまりしとき』第一巻。PHP研究所 2003年9月 アランナ―たぐいまれな魔力と、騎士としてのセンスを兼ね備えた地方領主の娘。貴婦人になるように父から命じられるが、彼女がなりたいのは騎士。そこで、ふたごの兄と入れ替わり、男の子になりすまして宮殿で騎士の修業をする。王の息子ジョンをはじめさまざまな人間たちと関わりながら、波乱万丈なアランナの人生が今、始まった。 騎士になる道を選んだ少女の、魔法と冒険のファンタジー。全米で少女達の圧倒的な支持を受けている作家の初翻訳。(カバーより)

『女神に守られて』第ニ巻。PHP研究所 2004年2月 アランナ―たぐいまれな魔力と、騎士としてのセンスを兼ね備えた地方領主の娘。ふたごの兄と入れ替わり、男の子になりすまして宮殿で騎士になるための修業にいそしむ。しかし、その道は険しく、王位を狙っている者に殺されかけたり、ジョナサン王子と盗賊ジョージには女性として愛され始めたり、女神に守られつつも、アランナの人生は波乱が続く。(カバーより)

『砂漠を駆けぬける女』第三巻。PHP研究所 2004年3月 アランナ―たぐいまれな魔力と、戦士の技を兼ね備え、トートル王国でただひとりの女騎士となる。宮殿を出て、南の大砂漠へと旅立ったアランナは、思いがけなくも砂漠の民<バジール族>とともに暮らすことになるが、そこでまた新たな使命が待ちうけていた!魔法の技を磨くアランナの恋と冒険は新たな局面に入る!(カバーより)

『伝説の宝石』第四巻。PHP研究所 2004年8月 アランナ―たぐいまれな魔力と、戦士の技を兼ね備え、トートル王国でただひとりの女騎士となる。宮殿を出て、砂漠の民<バジール族>とともに暮らした後、伝説の宝石を求める新たな冒険の旅が始まった。アランナは、トートル王国の危機を救い、幸せをつかめるのだろうか。完結編。(カバーより)

<アリーの物語 女騎士アランナの娘>シリーズTricksters (本間裕子・久慈美貴 訳 PHP研究所)

『きまぐれな神との賭けがはじまる』第一巻。本間裕子 訳 PHP研究所 2007年7月

『守るべき希望』第ニ巻。久慈美貴 訳 PHP研究所 2007年8月

『動きだす運命の歯車』第三巻。久慈美貴 訳 PHP研究所 2007年9月

『預言されし女王』第四巻。久慈美貴 訳 PHP研究所 2007年11月

<サークル・マジック>シリーズCircle of Magic 四部作 (西広なつき 訳 皇ソラ イラスト 小学館ルルル文庫)

『サンドリと光の糸』第一巻。小学館ルルル文庫 2008年5月

『トリスと稲妻の矢』第ニ巻。小学館ルルル文庫 2008年8月

『ダジャと炎の絆』第三巻。小学館ルルル文庫 2008年10月

『ブライアーと癒しの木』第四巻。小学館ルルル文庫 2008年12月

HOME