Cendrine Wolf・ Anne Plichota

     1965年 サンドリーヌ・ヴォルフ、フランス、コルマールで生まれる。
     スポーツを専攻し、社会的に恵まれない地域で福祉文化分野の仕事に就く。体育教師をへて、現在は図書館司書。独学でイラストを学び、児童書の挿絵も手がける。
     ファンタジー小説の愛好家。ストラスブール在住。

     1968年 アンヌ・プリショタ、フランス、ディジョンで生まれる。
     中国語・中国文明を専攻したのち、中国と韓国に数年間滞在する。中国語教師、介護士、代筆家、図書館司書をへて、現在は執筆業に専念。
     英米文学と18〜19世紀のゴシック小説の愛好家。現在は、一人娘とともにストラスブール在住。

     ストラスブールの図書館司書だった二人は、ある時<オクサ・ポロック>のプロットを思いついた。
     有名出版社から断られて自費出版し、自ら街の本屋に配って回った本が地元の中高生から口コミで広まり、ネット上でのフォーラムでオクサ・マニアと呼ばれる愛読者を増やしていった。
     彼らが出版社に抗議の手紙を送ったおかげでパリのXOエディション社から出版することになる。
     
     2010年 <オクサ・ポロック>シリーズ(全6巻)の第一巻『希望の星』を出版する。
     オクサ・マニアたちの運動は有名なニュース週刊誌にも取り上げられ、じわじわと全国に浸透し、2012年レンヌ市のティーンエージャー文学賞を受賞する。
     映画化やコミック化される予定。

     2010年 <オクサ・ポロック>シリーズの第二巻『迷い人の森』を出版する。

     2011年 <オクサ・ポロック>シリーズの第三巻『二つの世界の中心』を出版する。

     2012年 <オクサ・ポロック>シリーズの第四巻『呪われた絆』を出版する。

     2012年 <オクサ・ポロック>シリーズの第五巻『反逆者の君臨』を出版する。

     2013年 <オクサ・ポロック>シリーズの第六巻『最後の星』を出版する。

     2014年 <オクサ・ポロック>シリーズの番外編第一巻『テュグデュアル』を出版する。

     参考図書:『オクサ・ポロック―希望の星』児玉しおり 訳 西村書店
邦訳作品リスト

<オクサ・ポロック>シリーズOksa Pollock 全6巻・外伝・番外編(テュグデュアルが主人公) (児玉しおり 訳 ローラ・クサジャジ 装画 西村書店)

『希望の星』第一巻。西村書店 2012年12月 もうすぐ13歳になるオクサ・ポロックは、空手を習い、忍者になるのが夢という活発な女の子。父親の仕事の都合でパリからロンドンに引っ越し、幼なじみのギュスとともに、現地のフランス人中学校に転入する。ところが、新学期初日の夜、オクサの身に不思議なことが起こる。手のひらから火の玉が飛びだしたり、からだが宙に浮いたり、おなかに奇妙なアザができたり……。ごくふつうの中学生の日常が一変してしまった!その日から、オクサとその家族、仲間たちに、さまざまな出来事や事件がふりかかる。迫り来る敵。みんなの“希望の星”となったオクサは、悩み、とまどいながらも、仲間との絆を深め、運命に立ち向かっていく――。 (裏表紙より)

『迷い人の森』第二巻。西村書店 2013年6月

『二つの世界の中心』第三巻。西村書店 2013年12月

『呪われた絆』第四巻。西村書店 2014年6月

『反逆者の君臨』第五巻。西村書店 2014年12月

『最後の星』第六巻。西村書店 2015年7月

HOME