Romain Rolland

ロマン・ロラン

年譜

BOOK


『ジャン・クリストフ』 「青空文庫」のロラン翻訳作品リストにリンクしています。


『ジャン・クリストフ1』(全4巻)豊島与志雄 訳 岩波書店 岩波文庫 1986年6月(改版)
『ジャン・クリストフ2』1986年7月
『ジャン・クリストフ3』1986年8月
『ジャン・クリストフ4』1986年9月

『ピエールとリュース』宮本正清 訳 みすず書房 1965年(2006年5月新装版)

『トルストイの生涯』蛯原徳夫 訳 岩波書店 岩波文庫 1960年 ロマン・ロランは、人生と芸術に悩む無名の一青年であった若き日の自分の手紙に返事を寄せて励ましてくれた老トルストイを終生、人生最大の師と仰ぎ、尊敬と愛情を抱きつづけた。その恩にむくいるべく筆をとったのがこの伝記である。ここには超人的な偉人トルストイではなく、人間のうちでも最も人間的なトルストイが描かれている。(表表紙より)

『ベートーヴェンの生涯』片山敏彦 訳 岩波書店 岩波文庫 昭和13年 少年時代からベートーヴェンの音楽を生活の友とし、その生き方を自らの生の戦いの中で支えとしてきたロマン・ロランによるベートーヴェン賛歌。二十世紀の初頭にあって、来るべき大戦の予感の中で自らの理想精神が抑圧されているのを感じていた世代にとってもまた、彼の音楽は解放のことばであった。(表表紙より)

『ミケランジェロの生涯』高田博厚 訳 岩波書店 岩波文庫 1963年 決断力がなく意志力に乏しく、始終自分の家柄や金のことにくよくよしている老人……。あの圧倒する力に溢れる彫刻と絵画の大記念塔を築きあげたミケランジェロはこういう人間だった。ロランは、この「弱き人間」が芸術創作において最も力強い「真の人間」になることを、深い畏敬の念をもって伝える。(表表紙より)

リンク

ロマン・ロラン研究所
財団法人ロマン・ロラン研究所、ROLLAND(写真、紹介、年譜)

HOME