Andrzej Sapkowsk

アンドレイ・サプコフスキ
     1948年 ポーランドのウッチで生まれる。

     1986年(38歳) 短篇「Wiedzmin」(英題 The Witcher)がファンタジイ雑誌《ファンタスティカ》に掲載されデビュー、高い評価を得る。

     1990年(42歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの短篇集第一巻『The Witcher』を出版する。

     1992年(44歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの短篇集第二巻『The Sword of Destiny』を出版する。

     1993年(45歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの短篇集第三巻『The Last Wish』を出版する。

     1994年(46歳) <魔法剣士ゲラルト>(五部作)の第一部『エルフの血脈』(Blood of Elves)を出版する。このシリーズは東欧を中心に三百万部売れたとも言われている。
     2009年に英訳されるや好評を博し、デイヴィッド・ゲメル・レジェンド賞(一般投票で選ばれた優れたファンタジイに与えられる)の最初の受賞作となった。

     1995年(47歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの第二部『Time of Contempt』を出版する。

     1996年(48歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの第三部『Baptism of Fire』を出版する。

     1997年(49歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの第四部『The Swallow's Tower』を出版する。

     1999年(51歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの第五部『Lady of the Lake』を出版する。

     2000年(52歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの短篇集第四巻『Something Ends, Something Begins』を出版する。

     2002年(54歳) 十五世紀ヨーロッパを舞台にした歴史ファンタジイ<The Hussite>シリーズ(三部作)の第一部『Narrenturm』を出版する。

     2004年(56歳) <The Hussite>シリーズの第二部Warriors of God『』を出版する。

     2006年(58歳) <The Hussite>シリーズの第三部『Lux perpetua』を出版する。

     2007年(59歳) <魔法剣士ゲラルト>の物語をRPGゲーム化した〈The Witcher〉がヨーロッパと米国で発売され、世界で100万本以上を売り上げている。

     2012年(64歳) <魔法剣士ゲラルト>シリーズの短篇集第五巻『Maladie and other stories』を出版する。

     ポーランドのファンダムで最も権威あるザイェル賞を5回受賞し、ポーランドでは国民的作家となっている。

     参考図書:『エルフの血脈』川野靖子・天沼春樹 訳 早川書房
邦訳作品リスト

<魔法剣士ゲラルト>シリーズThe Witcher Saga 五部作・短篇集5巻 (川野靖子・天沼春樹 訳 吉岡愛理 イラスト 早川書房 ハヤカワ文庫)
『エルフの血脈』第一部。ハヤカワ文庫 2010年10月 エルフ、ドワーフ、人間など異種族が入り乱れるこの大陸で、北方諸国は南のニルフガルド帝国の侵攻を受けた。激しい戦争がシントラ国の犠牲のすえ幕を閉じた二年後、魔法剣士ゲラルトは、人里離れた砦で少女シリに訓練を授けていた。折しもゲリラ集団が跳梁し、短かった平和が綻びつつあるなか、シリを狙う者の魔手がそれぞれに忍び寄る――ポーランド人作家が強く気高い英雄を描きレジェンド賞を受賞した傑作、ここに開幕!(裏表紙より)

HOME