Lisa Tetzner

リザ・テツナー
    1894年11月10日 リザ・テツナーがドイツ東部で、医者の家に生まれる。 
    小さい時に足を患って病身でした。

    1897年(3歳) クルト・ヘルトKurt Held(本名クルト・クレーバー)がドイツ東部の工業都市イエーナで誕生(〜1959年12月9日)。
    中学校を中退して、機械工だった父の後を継ぐが、次第に社会の矛盾や不正に目覚めていく。
    第一次大戦(1914年7月28日〜1918年11月11日)に兵士として従軍する。
    病気になって帰国してからは、労働者たちの境遇や地位の向上のために学校を作ったり、本を出したりする活動に加わる。

    1913年(19歳) 両親の反対を押し切ってベルリンに出て勉強する。

    1918年(24歳) ドイツ中の村々の子供達に民話やグリムの童話を語り伝える活動を始める。

      1919年(25歳) 小さな村で子供達を集めて昔話や童話を語って聞かせていた時に、ヘルトと出会う。
    二人は一緒に「語りべ」の旅をして歩くようになった。

    1924年(30歳) クルト・ヘルトと結婚する。

    1926年(32歳) 世界のメルヘンを編集した『メルヒェン12カ月』を出版する(〜1927年)。

    1927年(33歳) ベルリンの放送局で、ラジオ放送を通じて全国の子供達にお話を聞かせる仕事を始める。

    1933年(39歳)1月30日 ヒトラーがドイツ首相に就任し、ナチスがドイツで政権を獲得する。
    ヘルトは労働者運動の先頭に立って社会や国の政治に批判を強めていたため、ナチス政府により逮捕されるが、
    テツナーの尽力で釈放される。二人はスイスのカローナ村ヘ亡命する(スイスの住民として一生を過ごした)。
    ナチス政府によってドイツでの二人の財産は没収、市民権は奪われ、本の出版は禁止された。
    志を同じくする友の友情がなかったら、明日の生活にも事欠く状況だったそうです。
    二人はカローナ村で、子供達に生きる勇気と明日への希望を与えるためにを書く事にする。
    『67番地の子どもたち』(全9巻)を出版する(〜1949年)。

    1935年(41歳) 『チロルの夏休み』『二少年の秘密』を出版する。

    1939年(45歳)9月3日  第二次世界大戦が勃発、スイスは独立中立を保ち続ける(〜1945年9月2日)。

    1941年(47歳) スイス国立図書館の古い記録の中から報告書『小さなスイスの奴隷たち』を見つけ、昔、ティチーノ地方
    で子供たちが売買されていた事を知り、これを題材にして書いた『黒い兄弟』をスイスで出版する。
    この作品は、友情に支えられ、勇気と信念を持って続けた亡命生活苦しい体験から生まれたそうです。
    <67番地の子どもたち>の第三巻『自由への長い旅』を出版する。
    クルト・ヘルト『赤毛のゾラ』が出版される。

    1958年(64歳) 『シンデレラ・ガール』(原題『ガラスの馬車の少女』)を出版する。

    1959年(65歳)12月9日 クルト・ヘルトが死去。

    1963年7月2日 リザ・テツナーが死去、享年68歳。

    1980年 西ドイツ映画「67番地の子供たち」(U・バルテルメ・ヴェーラー、ヴェルナー・マイヤー共同監督)が公開される。

    1995年1月15日 TVアニメ・シリーズ「ロミオの青い空」(楠葉宏三 監督)が放映される(〜12月17日)。

    ドイツの女流作家、児童文学者、民話の収集・研究家。昔話の語り手として知られていた。
    ヘルマン・ヘッセに“現代最高のメルヘンの語り手”と評された。

    参考図書:『赤毛のゾラ』渡辺芳子 訳 福武書店
         『黒い兄弟』酒寄進一 訳 ベネッセコーポレーション
         『シンデレラ・ガール』塩谷太郎 訳 金の星社
邦訳作品リスト

『黒い兄弟』『ロミオの青い空』

『黒い兄弟―ジョルジョの長い旅』酒寄進一 訳 福武書店 Best choice 1988年12月
『黒い兄弟』酒寄進一 訳 福武書店 福武文庫 1995年1月
(上)150年前のスイス。山奥の貧しい農家に生まれたジョルジョは、優しい家族や友達に囲まれ、元気一杯。ところが厳しい日照りの年、どこにもお金がなくなって、ジョルジョが人買いに売られることに…そして、その先にはもっとおそろしいことが待っていたのです。スイスで昔実際にあった少年たちの売買を題材に、愛と友情を描いた名作。(カバーより)
(下)ミラノで貧しい煙突掃除夫として働くジョルジョ。秘密結社「黒い兄弟」の仲間に入り、強い友情で結ばれます。そんな時、「黒い兄弟」のリーダーで親友のアルフレドが病気に…「ジョルジョ、君に秘密を話す時がきた…」。辛い境遇にくじけず、勇気を持って生きるジョルジョの波瀾万丈の物語、感動の後編。(カバーより)

『黒い兄弟』上下 酒寄進一 訳 あすなろ書房 2002年9月

『ロミオの青い空』鏡京介 ノベライズ 竹書房文庫 2004年7月(CD1枚) 家族のため人買いルイニに買われミラノで煙突掃除夫となったロミオ。想像以上に厳しい生活に耐えられるのは、親友アルフレドとの誓いと煙突の先の青空があるから――。やがて、不良グループ「狼団」から煙突掃除の少年達を守るため「黒い兄弟」が結成された。少年同士の熱き友情は『世界名作劇場』の伝説となった!(カバーより)

『ロミオの青い空』田中史子 文 日本アニメ企画 絵 ポプラ社 テレビドラマシリーズ 1995年1月

『ロミオの青い空』おばらあやこ ぶん 木村光雄 え 学習研究社 学研・テレビ絵本 1995年2月
『ロミオの青い空』(全8巻)1「さようならぼくのむら」2「アルフレドとのであい」3「はじめてのえんとつそうじ」4「あたらしいおともだち」5「だまされたロミオ」6「えんとつそうじのなかまたち」7「アンジェレッタのひみつ」8「ただいまぼくのむら」講談社のテレビ絵本 1995年3月〜12月
『ロミオの青い空』鴻本悠 文 相馬満&リバティシップ 絵 朝日ソノラマ 世界名作ものがたり 1995年4月
『ロミオの青い空』青磁ビブロス 1996年3月(ブッキング 2003年3月復刻版)
『ロミオの青い空』日本アニメーション株式会社 編集・著作 しまだみちる 文 ぎょうせい 絵本アニメ世界名作劇場 2002年12月
『ロミオの青い空』鏡京介 著 竹書房 世界名作劇場ジュニア・ノベルシリーズ 2012年11月

『ロミオの青い空10周年オフィシャルファンブック』アイプランニング 編 双葉社 2005年11月

「67番地の子どもたち」3編『飛ぶ教室』塩谷太郎 訳 油野誠一 等絵 講談社 少年少女新世界文学全集17(ドイツ現代編 昭和38年

『自由への長い旅』<67番地の子どもたち>の第三巻。塩谷太郎 訳 中山正美 絵 岩崎書店 岩崎少年文庫 1972年

『シンデレラ・ガール』塩谷太郎 訳 柄沢斉 画 金の星社 文学の扉 1984年9月

『チロルの夏休み』山口四郎 訳 小坂茂 絵 あかね書房 あかね文庫 昭和35年

「二少年の秘密」5編『少年少女世界文学全集22 ドイツ編第5巻』植田敏郎 訳 講談社 昭37年

『メルヒェン12カ月』(L.テッツナー 編 飯豊道男 訳 未来社)
TV

題名ロミオの青い空 全33話製作年1995年1月15日〜12月17日
監督・絵コンテ楠葉宏三
声の出演折笠愛(ロミオ)、大林龍之介(父ロベルト)、藤井佳代子(母ジェシカ)、沼波輝枝(祖母マリア)、嶋方淳子(カルロ)、南杏子(ピエトロ)、小村哲生(ルイニ)、藤田淑子(アルフレド)、岡村明美(ビアンカ)、石津彩(ニキータ)、安西正弘(ロッシ親方)、羽鳥靖子(エッダ)、柏倉つとむ(アンゼルモ)、川村万梨阿(アンジェレッタ)、佐藤正治(シトロン親方)、有本欽隆(カセラ教授)、檜山修之(ジョバンニ)、山口奈々(イザベラ)、池田昌子(語り)
オープニング笠原弘子「空へ・・・」
エンディング笠原弘子「Si Si Ciao〜ロマナの丘で〜」
備考TVアニメ・シリーズ。世界名作劇場21作目。原作『黒い兄弟』

リンク

世界名作劇場・虹の牧場
「趣味の原作の部屋」の「黒い兄弟」のページに著者の顔写真と年表、書誌情報などがあります。

HOME