Margaret Weis

マーガレット・ワイス
     1948年3月16日 マーガレット・ワイスがアメリカ合衆国ミズーリ州インディペンデンス市で生まれる。

     1955年(7歳)11月26日 トレイシー・ヒックマンがユタ州ソルトレイクシティで生まれる。

     1974年(26歳) 世界初のロールプレイング・ゲーム「ダンジョンズ&ドラゴンズ」が発売される。

     1978年(30歳) 上級者向けルール「アドバンスド・ダンジョンズ&ドラゴンズ」(第1版)が発売される。

     1984年(36歳) ヒックマンとの共著<ドラゴンランス戦記>(三部作)の第一部『ドラゴンランス戦記1―廃都の黒竜』『ドラゴンランス戦記2―城砦の赤竜』
     (原題「ドラゴンランス年代記 秋の黄昏の竜」Dragons of Autumn Twilight)を出版する。

     1985年(37歳) <ドラゴンランス戦記>の第二部『ドラゴンランス戦記3―氷壁の白竜』『ドラゴンランス戦記4―尖塔の青竜』(Dragons of Winter Night)
     と第三部『ドラゴンランス戦記5―聖域の銀竜』『ドラゴンランス戦記6―天空の金竜』(Dragons of Spring Dawning)を出版するとまたたくうちに
     ベストセラーとなり、百冊以上の作品が出て、ロールプレイング・ゲーム小説の祖となる。

     1986年(38歳) ヒックマンとの共著<ドラゴンランス伝説>(三部作)の第一部『ドラゴンランス伝説1―パラダインの聖女』『ドラゴンランス伝説2―イスタル
     の神官王』 (Time of the Twins)と第二部『ドラゴンランス伝説3―黒ローブの老魔術師』『ドラゴンランス伝説4―レオクルスの英雄』 (War of the Twins)と
     第三部『ドラゴンランス伝説5―黒薔薇の騎士』『ドラゴンランス伝説6―奈落の双子』(Test of the Twins)を出版する。

     1987年(39歳) ヒックマンとの共編<ドラゴンランス英雄伝>(三部作)の第一部『ドラゴンランス英雄伝1―クリンの魔法』『ドラゴンランス英雄伝2―タッスル
     の魔法の笛』(Magic of Krynn)第二部『ドラゴンランス英雄伝3―レイストリンの娘』『ドラゴンランス英雄伝4―受け継ぎしもの』(Kender, Gully Dwarves and 
     Gnomes)と第三部『ドラゴンランス英雄伝5―賭けるか?』『ドラゴンランス英雄伝6―亡命者たち』(Love and War)を出版する。

     1988年(40歳) ヒックマンとの共著<ダーク・ソード>(三部作)の第一部『ダーク・ソード1―暗き予言の始まり』『ダーク・ソード2―暗黒の剣の誕生』
     (Forging the Darksword)と第二部『ダーク・ソード3―暗黒の王子』『ダーク・ソード4―光と闇の都市』(Doom of the Darksword)と
     第三部『ダーク・ソード5―死者たちの挑戦』『ダーク・ソード6―暗黒の剣の勝利』(Triumph of the Darksword)を出版する。
     ヒックマンとの共著<熱砂の大陸>(三部作)の第一部『熱砂の大陸巻1―放浪神の御心』『熱砂の大陸巻2―謀略の古代都市』(The Will of the Wanderer)を出版する。

     1989年(41歳) <熱砂の大陸>の第二部『熱砂の大陸巻3―闇の聖戦士』『熱砂の大陸巻4―神々の帰還』(The Paladin of the Night)と
     第三部『熱砂の大陸巻5―異教徒の魔法』『熱砂の大陸巻6―使徒の薔薇』(The Prophet of Akhran)を出版する。

     1990年(42歳) ヒックマンとの共著<冥界の門>(全7巻)の第一巻『ドラゴンの翼』(Dragon Wing)を出版する。
     <ディオン・スターファイア>(全4巻)の第一巻『反逆の天使』『王者の試練』(The Lost King) を出版する。

     1991年(43歳) <冥界の門>の第二巻『エルフの星』(Elven Star)を出版する。
     <ディオン・スターファイア>の第二巻『獅子のめざめ』『王者の条件』(King's Test)と第三巻『宿命の始動』『最後の守護者』(King's Sacrifice)を出版する。

     1992年(44歳) <冥界の門>の第三巻『炎の海』(Fire Sea)を出版する。

     1993年(45歳)<ディオン・スターファイア>の第四巻『Ghost Legion』を出版する。

     1994年(46歳) ヒックマンとの共著<ドラゴンランス>『セカンドジェネレーション』(The Second Generation)を出版する。

     1996年(48歳) ヒックマンとの共著<ドラゴンランス>『夏の炎の竜』(Dragons of Summer Flame)を出版する。

     2000年(52歳) <至高の石>(三部作)の第一部『邪空の王』(Well of Darkness)を出版する。
     ヒックマンとの共著<ドラゴンランス魂の戦争>(三部作)の第一部『墜ちた太陽の竜』(Dragons of a Fallen Sun)を出版する。

     2001年(53歳) <至高の石>の第二部『Guardians of the Lost』を出版する。
     <ドラゴンランス魂の戦争>の第二部『喪われた星の竜』(Dragons of a Lost Star)を出版する。

     2002年(54歳) <ドラゴンランス魂の戦争>の第三部『消えた月の竜』(Dragons of a Vanished Moon)を出版する。

     2003年(55歳) <至高の石>の第三部『Journey into the Void』を出版する。

     2006年(58歳) ヒックマンとの共著<ドラゴンランス秘史>(三部作)の第一部『ドワーフ地底王国の竜』(Dragons of the Dwarven Depths)を出版する。

     2007年(59歳) <ドラゴンランス秘史>の第二部『青きドラゴン女卿の竜』(Dragons of the Highlord Skies)を出版する。

     2009年(61歳) <ドラゴンランス秘史>の第三部『Dragons of the Hourglass Mage』を出版する。

     参考図書:『ドラゴンランス1―廃都の黒竜』安田均 訳 アスキー
邦訳作品リスト

<ドラゴンランス(竜槍)戦記>Dragonlance Chronicles 三部作 (マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著 安田均・鷹井澄子 訳 富士見書房・アスキー、安田均 訳 ともひ イラスト アスキー・メディアワークス 角川つばさ文庫)
『ドラゴンランス戦記1』 『ドラゴンランス戦記2』 『ドラゴンランス戦記3』 『ドラゴンランス戦記4』

『ドラゴンランス戦記5』 『ドラゴンランス戦記6』 <ドラゴンランス伝説>Dragonlance Legends 三部作 (マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著 安田均・鷹井澄子・細美遥子 訳 富士見書房・アスキー)
『ドラゴンランス伝説1』 『ドラゴンランス伝説2』 『ドラゴンランス伝説3』 『ドラゴンランス伝説4』 『ドラゴンランス伝説5』 『ドラゴンランス伝説6』 <ドラゴンランス英雄伝>Dragonlance Tales 三部作 (マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 編 安田均・細美遥子 訳 富士見書房 富士見文庫)
7編『ドラゴンランス英雄伝1―クリンの魔法』安田均・細美遥子 訳 1989年11月「鮮血海の怪物」「投げられた石」「闇の夢、光の夢」「道をそれた子どもたち」「双子の<大審問>」「収穫」「信頼を求めて」

7編『ドラゴンランス英雄伝2―タッスルの魔法の笛』安田均・細美遥子 訳 1991年1月「タッスルの魔法の笛」「語りべ」「毛むくじゃらの犬の尻っぽ」「トード長官の悲惨な狩り」「名誉とは何か」「炉辺のネコと冬のみそさざい」「飛ぶ短剣」

5編『ドラゴンランス英雄伝3―レイストリンの娘』安田均 訳 1991年11月「ある騎士の物語」「画家の面影」「ゴールドムーンの心」「レイストリンの娘」「戦争へのあこがれとその結末」

3編『ドラゴンランス英雄伝4―受け継ぎしもの』安田均 訳 1992年8月「リヴァーウィンドと青水晶の杖」「恋とエール」「受け継ぎしもの」

3編『ドラゴンランス英雄伝5―賭けるか?』安田均 訳 1993年2月「魔術師の眼鏡」「「賭けるか?」」「物語の核へ」

5編『ドラゴンランス英雄伝6―亡命者たち』安田均 訳 1993年8月「終わりなき狩り」「かくれんぼ」「<掟>に従って」「亡命者たち」「銀と鋼」

『ドラゴンランス―セカンドジェネレーション』上下 マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著 安田均 訳 アスキー 2003年5月8月(短編、中編、資料「タキシス暗黒騎士団」ほか)

『ドラゴンランス―夏の炎の竜』上中下 マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著 安田均 訳 アスキー 2003年10月・12月・2004年4月

<ドラゴンランス秘史>The Lost Chronicles 三部作 (マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著 安田均 訳 アスキー・メディアワークス)
『ドワーフ地底王国の竜』2008年12月

『青きドラゴン女卿の竜』2009年10月


<ドラゴンランス魂の戦争>The War of Souls 三部作 (マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著 安田均 訳 アスキー)


『墜ちた太陽の竜』上中下 2005年4月7月10月
『墜ちた太陽の竜 完結記念edition』2008年3月

『喪われた星の竜』2007年1月

『消えた月の竜』2008年1月






<ドラゴンランス関連本>

『<憩いのわが家>亭遺聞―ドラゴンランス案内』マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 編 安田均 他訳 富士見書房 1993年4月

『ファンタジーアート―Dungeons & Dragons』ルス・ホイヤー 原案 マーガレット・ワイス 編 富士見書房 1986年10月

『ケンダー郷の秘宝―ドラゴンランス序曲』上下 メアリー・カーカフ 著 安田均・石口聖子 訳 富士見書房 富士見文庫 1994年11月

『闇と光―ドラゴンランス序曲』上下 ポール・B・トンプソン&トーニャ・R・カーター 著 安田均・石口聖子 訳 富士見書房 富士見文庫 1994年3月

『レイストリンと兄―ドラゴンランス序曲』ケヴィン・スタイン 著 安田均・石口聖子 訳 富士見書房 富士見文庫 1995年9月

『ドラゴンランス戦記1』トーマス・イエイツ イラスト ロイ・トーマス ストーリー 細美遥子 訳 富士見書房 グラフィック・ノベル 1989年9月
『ドラゴンランス戦記2』トーマス・イエイツ イラスト ロイ・トーマス ストーリー 細美遥子 訳 富士見書房 グラフィック・ノベル 1989年9月
『ドラゴンランス戦記3』トニー・デズニガ イラスト ロイ・トーマス ストーリー 細美遥子 訳 富士見書房 グラフィック・ノベル 1990年10月

『ドラゴンランス・ファインアート―異界の扉』メアリー・カーカフ 編 鷹井澄子 訳 富士見書房 1987年12月

『ネアラ1―記憶をなくした少女と光の竜』ティム・ワゴナー 著 安田均・柘植めぐみ 訳 アスキー 2005年11月
『ネアラ2―滅びゆく王国とライオンの騎士』S.D.サリヴァン 著 安田均・柘植めぐみ 訳 アスキー 2006年3月

<至高の石>Sovereign Stone 三部作 

『邪空の王』上下 マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著 関口幸男 訳 早川書房 ハヤカワ文庫 2002年5月

<ダーク・ソード>三部作 (M.ワイス&T.ヒックマン 著 鎌田三平・小林理子 訳 富士見書房 富士見文庫)

『ダーク・ソード1―暗き予言の始まり』鎌田三平 訳 1989年3月
『ダーク・ソード2―暗黒の剣の誕生』鎌田三平 訳 1989年5月
『ダーク・ソード3―暗黒の王子』鎌田三平・小林理子 訳 1989年8月
『ダーク・ソード4―光と闇の都市』鎌田三平・小林理子 訳 1990年4月
『ダーク・ソード5―死者たちの挑戦』鎌田三平・小林理子 訳 1990年10月
『ダーク・ソード6―暗黒の剣の勝利』鎌田三平 訳 1991年3月

<ディオン・スターファイア>Star of the Guardians 全4巻 (小林理子 訳 富士見書房 富士見文庫)

『反逆の天使』1994年10月
『王者の試練』1994年11月
『獅子のめざめ』1995年4月
『王者の条件』1995年9月
『宿命の始動』1996年3月
『最後の守護者』1996年3月

<熱砂の大陸>Rose of the Prophet 三部作 (マーガレット・ワイス&トレイシー・ヒックマン 著 小林理子・安藤由紀子・押田由起 訳 富士見書房 富士見文庫)

『熱砂の大陸巻1―放浪神の御心』小林理子 訳 1993年3月
『熱砂の大陸巻2―謀略の古代都市』安藤由紀子 訳 1993年3月
『熱砂の大陸巻3―闇の聖戦士』押田由起 訳 1993年9月
『熱砂の大陸巻4―神々の帰還』小林理子 訳 1994年2月
『熱砂の大陸巻5―異教徒の魔法』押田由起 訳 1994年5月
『熱砂の大陸巻6―使徒の薔薇』安藤由紀子 訳 1994年7月

<冥界の門>The Death Gate Cycle 全7巻 (M.ワイス&T.ヒックマン 著 嶋田洋一 訳 角川書店 角川文庫)

『ドラゴンの翼』上中下 1991年8月10月
『エルフの星』上下 1991年12月・1992年2月
『炎の海』上下 1992年4月6月

HOME