Johann David Wyss

ウィース
     1743年 ヨハン・ダビット・ウィースがスイスの首都ベルンで生まれる(〜1818年1月11日)。
     ベルンで牧師となる。博物学者。息子四人をもうけた。

     1782年3月4日 息子ヨハン・ルドルフ・ウィース(Johann Rudolf Wyss)がベルンで生まれる(〜1830年3月21日)。
     1805年 ベルン大学の哲学教授となる。

     父ヨハンが人から聞いた話をもとにして書いた『スイスのロビンソン』を、息子たちに話して聞かせる。デフォーの
     『ロビンソン・クルーソー』(1719年)にヒントを得た冒険小説で、自分の一家が同じ遭難をしたと想定している。

     1812年 息子ルドルフから聞いた話『スイスのロビンソン』(Der Schweizerische Robinson)を整理して
     ドイツ語で出版する(〜1813年)。その後、欧州を中心に翻訳出版されてブームとなった。

     1960年 アメリカ映画「南海漂流」(ケン・アナキン監督)が公開される。

     1981年1月4日 TVアニメ・シリーズ「家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ」(黒田昌郎 演出)が放映される(〜12月27日)。

     2001年 アメリカのTVM「ザ・サバイバー/漂流者」(チャールズ・ビーソン監督)が放映される。

     参考図書:『スイスのロビンソン』小川超 訳 学習研究社
邦訳作品リスト

『スイスのロビンソン』『家族ロビンソン』

『ふしぎな島のフローネ―家族ロビンソン漂流記』草原ゆうみ ノベライズ 竹書房文庫 2004年3月(CD1枚) フローネは天真爛漫な女の子、医師不足のオーストラリアに一家で移住することになり大喜び。ところが航海中に船が遭難し、フローネの一家だけが無人島に漂着する。厳しいサバイバル生活も楽しみに変えてしまうフローネの元気と家族の絆、「家族」を描いた本作は『名作劇場』シリーズでも貴重な一作!(カバーより)

『新ロビンソン』犬田卯 訳 博文館 少年探偵冒険叢書 大正11年
『新ロビンソン漂流記』金の星社 編 柳田謙吉 絵 金の星社 世界少年少女名著大系 大正15年
『家族ロビンソン』清水暉吉 訳 東京朝日新聞社 昭15年
『スイスのロビンソン』上下 宇多五郎 訳 岩波書店 岩波文庫 1950年・1952年
『家族ロビンソン』阿部知二 著 村上松次郎 絵 講談社 世界名作全集 昭和27年
「スイスのロビンソン」2篇『世界少年少女文学全集第2部 10(諸国編1)』白井健三郎 訳 東京創元社 昭和32年
『家族ロビンソン』清水暉吉 訳 池田浩彰 絵 小学館 少年少女世界名作文学全集 昭和37年
『スイスのロビンソン』小川超 訳 W=クーネルト 画 学習研究社 学研世界名作シリーズ 1977年
『家族ロビンソン漂流記』塩谷太郎 訳 講談社 少年少女講談社文庫 1981年3月
『ふしぎな島のフローネ』1「あたらしいくにへ」2「むじんとうで」 朝日ソノラマ テレビ名作まんが 1981年3月
『ふしぎな島のフローネ―家族ロビンソン漂流記』松田昭三 文 朝日ソノラマ 世界名作ものがたり 1981年3月
『ふしぎな島のフローネ―家族ロビンソン漂流記第3集』小学館のテレビ名作 1981年8月
『ふしぎな島のフローネ1』『ふしぎな島のフローネ2』はやしたかし 著 文化出版局 ポケットメイツ 1982年1月・2月
『ふしぎな島のフローネ』桜井和 文 木村光雄 絵 朝日ソノラマ アニメちゃん 1982年7月
『ふしぎな島のフローネ―家族ロビンソン漂流記』中島順三 構成 おおくぼ由美 文 角川書店 角川版世界名作アニメ全集 1988年11月
『ふしぎな島のフローネ』日本アニメーション株式会社 編集・著作 しまだみちる 文 ぎょうせい 絵本アニメ世界名作劇場 2001年8月

映画・TV

題名南海漂流(Swiss Family Robinson)
製作年1960年
監督ケン・アナキン
出演ジョン・ミルズ(父)、ドロシー・マクガイア(母)、ジェームズ・マッカーサー(長男フリッツ)、トミー・カーク(次男アーネスト)、ケビン・コーコラン(三男フランシス)、ジャネット・マンロー(ロベルタ)、早川雪洲(海賊クアラ)
備考アメリカ映画

題名家族ロビンソン漂流記 ふしぎな島のフローネ 全50話
製作年1981年1月4日〜12月27日
監督黒田昌郎
声の出演松尾佳子(フローネ・ロビンソン)、小林勝彦(父エルンスト 1〜7話)、&小林修(父エルンスト 8話〜)、平井道子(母アンナ)、古谷徹(兄フランツ)、 高坂真琴(弟ジャック)、緑川稔(船長)、槐柳二(船医)、佐藤正治(機関手)、黒須薫(エミリー)、徳丸完(エミリーの父)、浅井淑子(エミリーの母)、峰あつ子(エミリーの祖母)、永井一郎(モートン)、塩屋翼(タムタム)
主題歌潘恵子「裸足のフローネ」、「フローネの夢」
備考TVアニメ・シリーズ(世界名作劇場7作目)。原作『スイスのロビンソン』

題名ザ・サバイバー/漂流者(Stranded)
製作年2001年
監督チャールズ・ビーソン
出演リーアム・カニンガム(デイヴィッド・ロビンソン)、ブラナ・バジック(妻ララ)、ロジャー・アラム(トーマス・ブラント)、ジェス・スペンサー(フリッツ・ロビンソン)、ニール・ニューボン(アーネスト・ロビンソン)、アンドリュー・リー・ポッツ(ジェイコブ・ロビンソン)、エマ・ピアソン(サラ・ロビンソン)、ジェナ・ハリソン(エミリー・モントローズ)、デイヴィッド・イエランド(モントローズ船長)
備考アメリカのTVM。原作『スイスのロビンソン』

SF版

題名宇宙家族ロビンソン(Lost in Space)
製作年第1シーズン(白黒)1965〜1966年 全29話、第2シーズン(カラー)1966〜1967年 全30話、第3シーズン(カラー)1967〜1968年 全24話
演出アンソニー・ウィルソン、アーウィン・アレンほか多数
出演ガイ・ウィリアムス(父ジョン・ロビンソン博士)、ジューン・ロックハート(母モーリーン)、マータ・クリスティン(長女ジュディ)、アンジェラ・カートライト(次女ペニー)、ビリー・ムーミー(長男ウィリアム)、マーク・ゴダード(ドナルド・ウエスト少佐)、ジョナサン・ハリス(ドクター・ザックレー・スミス)、ボブ・メイ
備考アメリカのTVシリーズ

題名ロスト・イン・スペース(Lost in Space)製作年1998年
監督・製作スティーブン・ホプキンス
アニマトロニクスジム・ヘンソンズ・クリーチャー・ショップ
出演ウィリアム・ハート(ジョン・ロビンソン教授)、ミミ・ロジャース(モリーン)、ヘザー・グラハム(ジュディ)、レイシー・シャベール(ペニー)、ジャック・ジョンソン(ウィル)、ジャレッド・ハリス(成人したウィル)、ゲイリー・オールドマン(ザッカレー・スミス博士)、マット・ルブランク(ダン・ウエスト少佐)、マーク・ゴッダード(将軍)、ジューン・ロックハート(校長)、マルタ・クリスティン(レポーター1)、アンジェラ・カートライト(レポーター2)
コピー見たこともない宇宙。SOSは届かない
粗筋アメリカのTVシリーズ「宇宙家族ロビンソン」を元にしたSF映画。2058年、人類が生きて行く為の新たな惑星を調査するためのモデル家族として、地球連邦軍の精鋭、ウエスト少佐と共に宇宙に旅立ったロビンソン・ファミリー。しかし、同じく宇宙船に乗り込んでいた反乱軍のスパイ、ドクター・スミスの策略により地球を飛び立って間もなく宇宙で迷子になってしまう!孤立無援で途方にくれる家族に追いうちを掛けるように様々なトラブルが巻き起こる!予想も出来ない数々の危機を乗り越え、彼らは無事に任務を遂行できるのか。果たして地球に戻ることが出来るのか!?(チラシより)

リンク

海外ドラマ総合データベース
ロビンソン一家漂流記(リンク、出演者、サブタイトル)

海外ドラマ総合データベース
宇宙家族ロビンソン(リンク、出演者、サブタイトル)

HOME