ゆのき そら

柚木空
     冬生まれの典型的B型。好きなものは睡眠と猫と石と月着陸船。極度の方向音痴。

     2007年 銀貨というペンネームで投稿した『シャーレンブレンの癒し姫』第2回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門佳作を受賞。

     2008年6月 <シャーレンブレン物語>シリーズの第一巻『見習い従者と銀の姫』を出版して作家デビューする。
     11月 <シャーレンブレン物語>シリーズの第二巻『癒し姫の結婚』を出版する。

     2009年4月 <シャーレンブレン物語>シリーズの第三巻『舞踏会と花の誘惑』を出版する。
     8月 <シャーレンブレン物語>シリーズの短編集『恋の蕾と秘密の小箱』を出版する。
     12月 <シャーレンブレン物語>シリーズの第四巻『ふたりの聖女』を出版する。

     2010年2月26日 <シャーレンブレン物語>シリーズの第五巻『はじまりの約束』を出版する。

     参考図書:『見習い従者と銀の姫』小学館
著作リスト

<シャーレンブレン物語>シリーズ全5巻・短編集1巻 (鳴海ゆき イラスト 小学館ルルル文庫)

『見習い従者と銀の姫』第一巻。2008年6月 あらゆる傷と病を癒す奇跡の手を持つシャーレンブレンの<癒し姫>。子供の頃、ほんの一時共に過ごした大好きな姫に再会するために、大陸一難関な神殿医の資格を得た医師見習いミナワ。しかし、再会した姫は昔と変わらぬ美しい――男の人で!? 問答無用で<癒し姫>ユリウスの従者に指名されたミナワは、主の我が儘に振り回される毎日。ある日、<癒し姫>と公務で訪れた鉱石都市で事件が起こり…!?(裏表紙より)

『癒し姫の結婚』第二巻。2008年11月 カヴァレリアの事件から一月。ミナワは、主である<癒し姫>ユリウスの我が儘に振り回されながらも着実に医師への道を歩んでいた。そんな折、主から<癒し姫>の花婿候補がやってくると聞いて!? 三人の候補者とユリウスの婚姻に一人困惑するミナワ。その中で、権勢を競い合う賢老院の闇と、ユリウスの過去を知り…。次第に加熱する候補者争い。絡み合う思惑は、やがてミナワをも巻き込んでいき…!?(裏表紙より)

『舞踏会と花の誘惑』第三巻。2009年4月 神殿を離れ避暑地エジリンへとやってきたミナワ達。身分を隠し羽を伸ばす一行は、フォルティの来訪によって貴族の茶会へ招待される。華やかな世界に緊張するミナワだったが、貴族の子息に変装しいつもと違うユリウスに何だか落ち着かない。ある日、けが人を助けたミナワは、その縁で近くの村の薬草園へと通い始めるが…。一方、エジリンで主が懸念する問題にキオの過去が絡み、休暇は思わぬ展開へ…!(裏表紙より)

『ふたりの聖女』第四巻。2009年12月 迎神祭を前に主である<癒し姫>ユリウスは公務に追われ、昇格試験の準備で忙しいミナワとはすれ違いの日々。その頃、民の間に癒しの御手を持つ銀の乙女の噂が広まりはじめていた。不審に思ったユリウスはキオに調査を命じるが……。一方、久しぶりに主を訪ねたミナワは神殿への出入りを禁じられてしまう。突然のことに戸惑い、大主教の孫の巫女が主の側にいると聞いて心がざわめく。そんな中、国を揺るがす事態が王都を襲って!?(裏表紙より)

『はじまりの約束』第五巻。2010年2月 <癒し姫>の奇跡に沸く王都。保身を図る神殿は、ユリウスを見捨て銀の乙女を聖女として受け入れた。主の無事を信じるミナワ達は、その行方を探すため密かに行動を起こす。しかし、その行く手に再び暗殺者が現れて――!? 一方王都では、この国が長年抱え込んできた問題が徐々に表面化していく。それは、やがてシャーレンブレンの支柱をも揺るがし……。詩人の目的、そしてミナワ達の運命は!?感動のクライマックス!(裏表紙より)

6編『恋の蕾と秘密の小箱』2009年8月「遠い国のおとぎ話」「妖精のたまご」「乙女は騎士を夢に見る」「いつもの日々」「茨の姫と白狼の君」「手紙」フォルティ発案の朗読劇。お姫様役はキオ!?抱腹絶倒の短編をはじめ、幼いミナワとの日々をユリウス視点で綴る物語他、二人の想いを描いた温かく切ない物語を三編。そして、アレクの“運命の人”探しに沸く王宮に、彼の元許婚が現れて…。秘めた想いに揺れる短編。最後に、強く厳しい聖王国王妃ジーナと聖王の出会いを描いた全六編を収録。普段見られないキャラの意外な一面が楽しめる短編集!豪華二十分ドラマCD「見習い従者と銀の姫」付き!(裏表紙より)

HOME